2010年05月31日

「劇場版 ブレイクブレイド 第一章「覚醒ノ刻」」を観てきました…

どうも、アニコミMAX店長の小川和紀です。
アニメの電子コミックの携帯サイトアニコミMAXをやっています。
他にも
アニメ専門動画配信ケータイサイト「フルアニMAX」
もやっています。
どうぞよろしくです。

「劇場版 ブレイクブレイド 第一章「覚醒ノ刻」」を観てきました…

荒野…。
黄色いロボットと黒いロボットが近距離戦ってか、肉弾戦。
このロボットは、人の力で動かしているようです。

一方、バイクで何かを探しているような男が居ます。
この人を探しているのでしょうか?杖を突いてその荒野をヨロヨロと歩いている人がいます。


その世界は、化石燃料が取れない世界。クルズン大陸。
しかし、人は、「石英」を、大小あれど、自在に操ることが出来るようになったようです。つまり、動力源は、内燃機関ではなく、人そのもの。そして、その「石英」を動かす力を「魔力」と呼んでいました。

そのロボットの戦い。黄色が圧しています。動きが滑らかです。

荒野で杖を突きながら歩いていた男が、倒れました。
上空では、ハゲタカが旋回しています。

その少年・ライガットは、その「魔力」を持っていない100万人に1人の存在「能なし」のようです。
5歳になったときでも、3歳の子供が動かせる石英を全然動かせない…。父親は、周りに諦めるように言われていました。

そんなライガットのところに招待状が届き、ホズル国王のもとへ向かいます…が、上記の通り、「石英」を動かせない「能なし」は、自分の体で歩くしかなく…行き倒れ状態です。
ハゲタカがライガットの頭の近くに降りてきました。
しかし、ライガットが頭を上げた(まだ生きている)ので、ハゲタカは、また、上空に戻りました。

先ほどのバイクの男が、ライガットのところに来ました。
「ライガット・アローだな?」
彼は、クリシュナ国王ホズルの使いで、彼は、このあたりで、倒れている者をピックアップしてくるように言われたようです。
バイクの男は、バルド将軍と答えました。将軍直々のお出迎えのようです。

そこから先は、バルド将軍のバイクに乗って、クリシュナ王国の王都ビノンテンへ向かいます。
そこは、ライガットは、小さい頃に親父に連れてこられて以来のようです。

ハンガーでは、石英の武器をどう取り扱えるか?「魔力」の強さの問題もあるし、武器開発の面から持ちやすいとかの調整も必要のようです。
そんなものを観ながら、国王の下へ通されていくのですが、途中、シギュンに会います。いきなり、なぜ、親友の結婚式に出てこなかったと怒っています。彼女は、国王ホズルの妻・王妃になります。
ライガットは、収穫やらなにやらで忙しかったから…とか言い訳をします。

ホズルの前に通されます。ライガットは、何のために、いきなり自分を召喚したのだ?と聞きます。「能なし」に何のようだ?と聞きます。
実は、隣国のアテネス連邦と戦争状態になっていることを話します。そして、その前線の隊長がゼスであると知らされます。そのゼスを含む4人は、かつてのアッサム国立士官学校時代の旧友・問題児4人衆です。アテネスのゼスの隊は、クシュリナ王国を領土侵犯しているようです。
ライガットは、「弟と山にでも逃げるよ。ありがとう…」と引き返そうとします。彼は、「能なし」。何かの手伝いが出来る立場でもないので、邪魔にならないところに、引き上げるしかないのでした。

しかし、それをホズルは、止めます。ライガットに手伝ってくれと言います。
そうやって連れて来られたのは、石英採掘場のゴゥレムの前…。聞けば、「石英」以前の古代人が作ったアンダーゴゥレムだと言います。逆に、このゴゥレムは、「魔力」では動きません。つまり、古代人は、「魔力」では無い何かでゴゥレムを動かしていたようです。
国王ホズルは、その研究を手伝ってほしいと言っているのでした。

実は、アテネス連邦からは、降伏を迫られているのだが、口頭で言ってきた条件があり、それは、王族全員処刑という条件。つまり、和睦ではなく制圧ということでした。
そんなひどい話を口元を緩めながらホズルが話をするので、ライガットは、その自分のことを他人事のように話するところを怒ります。
それは、士官学校時代もゼスが、怒っていたホズルの態度でした。

その石英採掘場を、アテネス連邦の前線が攻撃を仕掛けてきました。彼らの足場が崩れます。ライガットは、そのアンダーゴゥレムにぶら下がることが出来ました。ホズルは、皆に囲まれて非難します。ライガットは、そのゴゥレムのコクピットに潜り込みます。
試しに触ってみたのですが、灯が入りました。どうやらシステムは、生きているようです。システムが立ち上がり始めました。
コンソールには、古代文字?が流れます。…おがわには、日本語と英語に見えますが、ライガットには、無意味な文字のようです。
そして、そのシステムは、ライガットを認識し、立ち上がりました。

そして、攻撃してくるゴゥレムを迎え撃つために、ライガットが乗ったゴゥレムは、空高くジャンプし、黄色いアテネス連邦のゴゥレムの前に着地?しました。
これまで、「能なし」とされてきたライガットは、「魔力」で動かすことが出来なかったアンダーゴゥレムを駆り、アテネス連邦の黄色いゴゥレムと対峙します…。


この設定、おがわは、好きです。
今まで、「能なし」と呼ばれ、蚊帳の外だったのが、「石英」以前のゴゥレムが発見され、今のままでは、敵国にリードされたままなので、ゴゥレムではなく、アンダーゴゥレムの研究から一発逆転が図れないか?というアンダーゴゥレムの研究の参加。
国王に召喚されるのでさえ、すばらしいことなのに、研究どころかそのアンダーゴゥレムを動かすことが出来てしまう。
「魔力」は持ち合わせていないが、他人には無いアンダーゴゥレムを操縦できる「力?」を持つことになります。

そこは、石英を通して魔力で動くものしかないし、それで武器を作っている。逆に、「石英モノ」ではないと言う特異点が、強みになるような展開があるんですかね?ちょっと今後の展開が楽しみ。

これって、大富豪の「革命」みたいなもので、価値観がひっくり返る瞬間なのかも知れません。
今のご時世、世の中が、ぐるぐる変わります。変わらないことがリスクになったりするかも知れません。トレンドに乗ることが重要だったりもします。

今回、アンダーゴゥレムが動かせるようになり、戦線に参加できるようになれば、もしかすると、戦況が変わるかもしれません。そして、「能なし」が「能なし」じゃなくなる瞬間です。
人間、そんな波がたまには着たらいいのに…と思います。


また、ビジュアルでも、面白いことがあります。火薬が無いし、内燃機関も無いので、ゴゥレムが戦っても、壊れることはあっても爆発がありません。銃は、プレスガンというエアガンです。
ゴゥレムの動きも、人が動かすので、柔らかく、しなやかです。アンダーゴゥレムは、ちょっと違いますね。なんだろ?戦国自衛隊の組み合わせのような気もします。
もしかすると、このアンダーゴゥレムが使いこなせるようになると、立場が逆転するのかも…。


##
そんな自分の物差しがひっくり返っちゃうかも?的な「ブレイクブレイド」の電子コミックは配信予定です♪「アニコミMAX」は、コチラ!!

パケット定額サービスには入ってね。↓
店長のつぶやきから
無料立読み満載↑


##
次回の第二章も楽しみです♪
























##
では、また。

アニメの電子コミックの携帯サイト アニコミMAX
他 フルアニMAX…の店長 小川和紀




posted by アニコミMAX小川店長 at 23:45| 東京 ☀| Comment(0) | 新着情報、周辺情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月29日

映画「Flowers-フラワーズ-」の試写を観てきました…

どうも、アニコミMAX店長の小川和紀です。
アニメの電子コミックの携帯サイトアニコミMAXをやっています。
他にも
アニメ専門動画配信ケータイサイト「フルアニMAX」
もやっています。
どうぞよろしくです。

映画「Flowers-フラワーズ-」の試写を観てきました…

とにかく豪華キャスト。
これだけの女優がそろうのも、そうそう無いでしょう。それを観るだけでも、価値はあるのかもしれません。
また、この話は、親子孫の3世代にわたっての話になっています。したがって、どの世代の人にも共感できるポイントがあるために、親子でも見れるかもしれません。
親子で見るのも良いのかもしれません。世代世代のいろんな女性が登場しますので、自分やお母さんやおばあさんが、どれかに当てはまるかもしれませんよね。この作品を通して、本当は、どうだったの?という話が、出来るかもしれません。
男性の方は、これをみて、母親は、こうだったのかな?とか、嫁さんは、こうなのかな?とか、自分の周りに合った出来事を思い出して、自分の周りのことを再認識することも良いでしょうし、女性ってこうなのかな?といくつかの例として勉強するのも良いのかも知れません。

男性と女性では、感じることが、やっぱり違うので、なかなか理解できません。それをこういう女性が主人公になっている作品を通して、少しでも理解してみるってのも、良いのかも知れません。

正直、おがわは、試写室にも係わらず、泣いちゃいました。おじさんなのに…。女性でも、男性でも、泣ける作品になっています。


話は、昭和11年の春から始まります。
嫁入り道具を整理しています。でも、凛は、本を読んだりして、なんだか、嫁入りのイベントに対し、よそよそしいです。嫁入り先のお父様が、ご挨拶に着たのですが、うまく挨拶が出来ず、父親に叱られます。父親は、お母さんに対し、お前のしつけがなっていないからだ!とカンカンです。それに対し、凛は、申し訳ありませんでした。と謝ります。

当時は、許婚の所に嫁入りするということは、普通の話だったようです。しかし、凛は、女学校で勉強していたため、親の言いなりで良いのか?もっと違う生き方があるのではないか?と今の流れが、納得いかない様子です。

その気持ちを父親に、嫁入り当日の朝にぶつけてしまいます。流石に、そこは、母親が、凛のほおをぶちます。
何かの糸が切れた凛は、花嫁衣裳のまま、その場から走り去ります。


時代は飛んで、平成21年5月の雨の中、走る奏(かな)。
コンサート会場に向かいます。奏は、ピアノの担当のようです。
コンサートが始まります。中央に置かれているピアノに、奏は、歩み寄ります。

コンサートが終わり、化粧を取って…。
どうやら、おなかがもやもやするようです。
と、そのとき、携帯がなります。父親からでした。おばあさんが良くないと、呼ばれます。

おばあさんは、亡くなったようです。92歳ということで、大往生でした。お通夜には、親戚連中がそろっています。そこには、奏も佳も帰ってきています。葬式のタイミングというのは、親戚連中が集まり、お酒も入るので、いろんな話が飛び出します。
「二人の母親のことを、佳は、知らないこと」や、「奏は、ピアニストとして東京でがんばってて、なかなか田舎に帰ってこない」とか、「佳は、二人目は、いつか?」とか…。ま、セクハラです。
奏は、その空気になじめなくその場を離れるのですが、彼女は、自分なりの岐路に立たされているようです。
ピアニストとしての限界を感じていて…。一方、その間に、妹は、結婚し、子供をもうけ、「女性として」幸せのようです。
奏は、また、おなかがもやもやして、そこを立ちます。そして、玄関で、タバコを吸います。
佳も、そこに、来ました。彼氏さんのことを聞きましたが、奏は別れたようです。タバコは、やめた方がいいよと佳は言います。彼女には、奏の妊娠は、解っているようです。
これからどうするの?の問いに、奏は、わかんない…としか答えられませんでした。


昭和44年7月…。
翠(みどり)は、プロポーズを受けます。
結婚して家庭に収まるという考えが、彼女は、納得できず、怒ってしまいます。
そもそも、彼女は、竹を割ったような性格で、男性の多い出版社でバリバリ働いています。担当している作家さんも、エロ小説の作家さんですし、職場で、「女のくせに…」という言葉には、敏感に反応して、手をあげたりしてしまいます。上司からも「男とか女とか以前に面倒くさいな、お前は…」などと言われてしまいます。
例の彼氏にも、やっぱり「仕事なんかやめて…」とか言われちゃうので、やっぱり、怒ってトリスバーを後にします。当然、自分の分の御代は、置いていきます(笑)。

翠は、休暇で実家に帰ります。姉の薫がもう来ていました。
その日は、縁日かあって、二人は、出かけますが、帰りに用水路に飛ぶ、蛍を見ながら、薫は、あの人は、こんなところにいるのだろうか?と主人を思い出します。
新婚旅行のこと、そこでの出来事。でも、今では、一人でしか、思い出を刻めない。前いたあの人は、もういない。
そんなことを思い出したりして、薫と翠は、縁側でビールを飲みます。翠は、薫に、結婚っていいものなの?と問います。結婚しても、主人に先立たれて一人でいる薫ですが、いいわよ。とっても。と返します。翠は、整理がつかなくなって、泣き出してしまいます。
翠の面倒くさいところは、母親の凛の性格とそっくりです。薫は、翠にこの言葉を贈ります。「人を愛するってすごい事なのよ」と。
だから、翠の好きで解らなくなって泣いちゃうことって…うらやましいようです♪


話は、また、現代の凛さんのお葬式の場。
奏は、父親にタバコを取り上げられ、捨てられます。タバコは、やめろ、体は大事にしろと。奏、佳の母親が、佳を産むって決めたとき、喜んでいたそうです。そうして、今、佳がいて、その息子がいて…。そうやって、人の命は、つながっていく…。


そのあたりから、それぞれの時代の女性たちが、次々と「自分」らしく決断をしていきます。
やはり、親子孫3世代の話をしているので、結婚やら、出産、別れなど、人生の上での大きな事件?が描かれていて、共感する箇所は、いろんなところにちりばめられています。

私も、いろんなことが、被ってしまって、ついつい泣いちゃいました。

「…小さくなっちゃった」
おがわも、おばあちゃんを亡くしました。火葬の後、骨を拾うのですが、なんか、ものになっちゃって…。なんだか、とんでもない距離を感じて、周りには、家族、親戚がいるにもかかわらず、なんだか、孤独でした。
その知らせを受けたのも、母親からの携帯への電話でした。通勤途中に電話が鳴ることなんか珍しいし、つい、綾瀬駅で降りて、留守電を聞きました。…。

結婚…。
これは、自分の結婚もありますが、自分の娘の結婚にも被せてしまいました。どう思うのかな?素直な気持ちを言えるのかなとか。
そうそう、おがわの結婚式の時には、親父の友達たちで、「同期の桜」を歌っていました。結婚式の場で、死ぬとか散るとかは、どうかと思いますが、彼にとっては、その詩が同世代の共通言語だったのかもしれません。何だか、あの頃、みんな軍歌ばっかり歌っていましたね。近所のおじさんたちは…。
やっぱり、そんな枠にはめられた世代が、送り出す結婚式なので、型にはまった結婚式でした、確かに。

子供…。
たびたび、このブログでも書いていますが、本当にすばらしいです。結婚も、他人が一緒に住むって事でしかないかも知れませんが、それも、すばらしいです。違う人格の人間が、一緒にいるだけで、二人分の人生で、目の前のことに当たれるんです。これって、すばらしいです。うれしい機会が、倍になります。悲しいことは、半分になります。
それが、子供が出来ることにより、また要素が増えるわけです。3倍になり、3分の1になる。結婚は、大人同士でしたが、子供の成長は、大人の成長よりも、当然急激なので、先週と今週が違うこと言っていたりして、それもすばらしいです。
子供の成長って面白いです。

そんな子供を産んじゃう「女性」ってすごいなぁと思うわけです。
だって、それは、男性には、出来ないことです。そう、女性って、人間を作ることが出来るんです。それってすごい。
そんな命を宿し、人を生むことが出来る女性と、一緒に、家庭を作って…。

なんか、面白いですよ。結婚って。家族って。
女と男がいるって事も。


##
そんな人の営みのすべてが愛しくなる「FLOWERS」の電子コミック…6月4日金曜日から配信予定です♪「アニコミMAX」は、コチラ!!

パケット定額サービスには入ってね。↓
店長のつぶやきから
無料立読み満載↑


##
映画は、6月12日土曜日からです。ぜひ、劇場へ♪

20100529image.jpg













##
では、また。

アニメの電子コミックの携帯サイト アニコミMAX
他 フルアニMAX…の店長 小川和紀


posted by アニコミMAX小川店長 at 02:43| 東京 ☁| Comment(0) | 新着情報、周辺情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月28日

「さらい屋 五葉」 第三話 「徐々に巻き込んで」を観ました…

どうも、アニコミMAX店長の小川和紀です。
アニメの電子コミックの携帯サイトアニコミMAXをやっています。
他にも
アニメ専門動画配信ケータイサイト「フルアニMAX」
もやっています。
どうぞよろしくです。

「さらい屋 五葉」 第三話 「徐々に巻き込んで」を観ました。

マサは、イチの口ぞえで、米問屋の近江屋に用心棒として雇われていました。そこの主人は、厳しい人ですが、それは、先代の自慢で、奥さんとの間に子供でも出来れば、また、丸くもなるのでしょうが…。

夜の梅の店で、いつもの五葉たちが集まっています。
次のターゲットは、米問屋の近江屋で、そこの主。今、用心棒を探しているというので、マサを送り込む。
今の打ち合わせに、マサが出席していないのは、先に仕事の話をすると、マサが、引き受けないだろうから。まずは、用心棒の話を持ちかけることからはじめる…と、イチは、説明します。五葉の仕事の件は、後で話すと…。
要は、「徐々に巻き込んで」いくってことです。

梅とおたけが上がった後、イチと松が、例の件で話をしています。
どうやらマサを近江屋に仕込んだのは、中のことを探らせるためではないようです。近江屋は、今回の金の受け渡しで用心棒を同行させる、そこで、マサが用心棒で入っていた方が、話が楽だからというのが、イチの考えです。後は、仲間として早くマサにひとつの仕事に係わらせたいというのもあるようです。

その日は、松が、近江屋に来ました。彼は、飾り職人として出入りしているようです。松もマサとは、共通の知人が居て知っていることを、そこの家の者に言います。
松がマサの評判を聞くと、あまり信頼されていないようだったので、「…剣の腕は、相当だと聞いています。」と…ちょっとしたマサを肯定する情報を入れておきました。

マサが、屋敷の表に出ようとしたところ、川のところで、遊んでいる子供がいました。その子供は、マサと目が合うと、隠れて、こちらを覗いています。マサは、嫌われたと思い、そこに座り込んで困り果ててしまいます。…きっと、ご主人にも、そんな風に、嫌われているんだろうなぁ…と、どんどん落ち込んでしまいます。
すると、その子供が、声をかけてきました。子供は、そもそも侍は怖いらしいです。でも、マサは、少しも怖くないので、話しかけてきたようです。それどころか、お友達になってくれと言います。

マサが屋敷の中を見回っていたら、蔵が空いていたので、中を覗きます。江戸には、米がいっぱいあるなぁと実感します。奥には、入らないでいてくれと言った筈だと、…と、主人に怒られてしまいます。
見回りをやめて、刀の手入れを始めた、マサのところに、また、例の子供が入ってきます。屋敷の中まで入ってくるところを見ると、どうやら、他所の子ではないようです。女中と親しそうなので、女中の子か?と思いました。マサが子供の相手をしていると、子供が兄弟の話をします。どうやら、弟が欲しいようです。

その夜、マサは、イチのところによります。
そこで、イチは、次のさらい屋のツトメの標的が、近江屋の主だということを明かします。
マサは、あの店は、悪行をしているようには見えないが…と言いますが、五葉は、別に、義賊のつもりがありません。むしろ、腹黒いところを狙う方が、訴え出ないので良いとも言います。
マサが、改めて、弥一の目的を問うと、「金だ」と即答しました。…弥一は言います。他の五葉のメンバーもマサと同じく、「金が必要な事情」が在るということらしいです…。


どんどん、マサは、五葉にはまってきましたね。今回は、とうとう、さらいの現場に係わってしまいました。どんどん既成事実が作られていきますね。
朱に交われば赤くなっていくのかなぁ。でも、マサの場合は、徐々に…なんでしょうね。

そのマサに対して、このような巻き込み方をするあたり、イチのマネジメント能力は、適当のように見えて、なかなかすばらしいと感じました。マサの引き込み方を、ちゃんとしています。今回の仕事の振り方にしても、他のメンバーと、マサと違う係わり方をさせています。そのやり方が、マサには、そして、その段階のマサには、適当であり、次につながると、認識しているのでしょうね。

また、イチが居ることによって、梅、松、マサなど、個別には、なかなか話すら出来ないメンバー通しが、うまく作用して、面倒な仕事を成し遂げている…ってところもすばらしいです。
当然、それぞれが、イチに対し、一目置いていることも在るのですが、それぞれに対し、どう接すれば、個々の能力が引き出せるのか?が理解できているのだろうな…と。
しかも、それぞれの個性を殺していない。しかも、全体で、かみ合っている。

マサは、潜在能力としては、すばらしいものを持っている様なので、彼が、ちゃんと機能し始めると、もっとすごい五葉になるんでしょうが、マサの優しいところが、なかなかそうさせないんだろうなぁ…という感じがして、今後の展開が楽しみですね♪


##
そんなマネジメントのことまで気になっちゃう「さらい屋 五葉」の電子コミックを配信している「アニコミMAX」は、コチラ!!

パケット定額サービスには入ってね。↓
店長のつぶやきから
無料立読み満載↑


##
どうやって周りを動かすか?そんな軸で、この作品を見ちゃうのも楽しいですね。

















##
では、また。

アニメの電子コミックの携帯サイト アニコミMAX
他 フルアニMAX…の店長 小川和紀


posted by アニコミMAX小川店長 at 00:04| 東京 ☁| Comment(0) | 新着情報、周辺情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月26日

「けいおん!!」 第4話 「修学旅行!」を観ました…

どうも、アニコミMAX店長の小川和紀です。
アニメの電子コミックの携帯サイトアニコミMAXをやっています。
他にも
アニメ専門動画配信ケータイサイト「フルアニMAX」
もやっています。
どうぞよろしくです。

「けいおん!!」 第4話 「修学旅行!」を観ました。

朝…。準備をしています。
修学旅行の…(唯…じゃないぞ、この声は、憂じゃないのか?髪をしばったら、やっぱり憂だった。)
唯は、まだ、寝ていました…。修学旅行の準備をして、唯を起こしに行きます。(なんて…なんてよく出来た妹なんだ…。)

新幹線に乗って、一路、京都へ。
唯、澪、律、ムギは、同じボックスに陣取っています。ウカレる唯に澪が注意するのですが、ムギは、まぁまぁと、新幹線の中でもお茶を出す係のようです♪
律が記念写真を撮ろうと席を立ちます。澪は、止めようとしたのですが、席を立ったところ、さわちゃん先生に注意されます。唯は、逆にさわちゃん先生を誘います。
さわちゃん先生、まんまと一緒に写真を撮っています…さわちゃん先生自己嫌悪。

何だか、落ち着きも無いまま、新幹線は、静岡を走っているようです。窓からは、富士山が見えます。
富士山が見えてしまったので、余計、唯たちは、落ち着きが無いです。グループ分けが出来たときに、和には、4名1班なので、軽音部のみんな一緒がいいと思ってと、気を利かせてくれたようです。ただ、「唯をよろしく」とは言われていましたが…。唯だけではなく、律も、居るわけです…(^_^;)

京都に着きました。

いきなり、律は、棒読みのえせ関西弁でしゃべっています。
「京都に着たからには、関西弁でしか喋ってはいけないゲームやで!」とか…。もう、浮かれまくりです。

バスに乗る前も、のりばのところで、記念撮影です。当然後ろでは、さわちゃん先生が早く乗れとうるさいです。
…と、バタバタしながら、バスに乗って、金閣寺です。

金閣寺を前にして、律は、金閣寺の事を関西弁で喋ろうとするのですが、旨く喋れず…。澪は、もう飽きた…状態です。
そこで、ムギが、また、いい感じの京都弁で喋ります♪思わず、他の三人は、拍手を送ってしまいます。

お茶屋さんが在って、そこでは、抹茶がいただけるのですが、お菓子も付いているとか…。澪は、それじゃいつもの部活動と一緒じゃない?と反対したのですが、多数決でいただくことに。
ここでも、また、ムギが、いいとこ持って行きます。お茶会では、抹茶の苦味を味わうために、あえて、菓子を先に食べるのですって♪

続いて北野天満宮…。何のことやらわからない連中には、何のことやらさっぱりです。神社なら学校の近くにもあるのに…くらいの評価です。先に来ていた和曰く、そこは、学問の神様なのだとか(…天満宮ですものね。受験生には、いい見学コースですね。)。
和が、この牛の頭をこう撫でてやると、頭が良くなると言われていると説明すると、律と唯は、良いベコだぁ♪とムツゴロウさんのように、牛を抱きかかえるようにして撫でくり返します。火が点くほど撫でます。和は、罰が当たるんじゃないか?と思うほど…。
早速、さわちゃん先生に怒られちゃいました。

次は、絵馬に願い事を書くことに♪
で、お参りして…あ、さい銭忘れて、もう一回行って…。
ってやっていると、縁結びのお守りを買っていたさわちゃん先生が怒り出します。それ、わざとなの!?

で、一行は、宿に着きます。
ジャージに着替えて…やることも無く、お茶入れて、おやつを食べながら、「人生当てもんゲーム」をします。澪は、これから晩御飯なのに、食べ過ぎるなよ。晩御飯残すなよ。と念を押したのですが、結局、晩御飯は、4人ともほとんど食べれませんでした。お寿司やてんぷら、おうどん。勿体無い。

食事の後は、お風呂です。
澪とムギは、お互いのロングヘアーを褒めあっています。律は、髪を伸ばそうかなぁと言ってみたり…。
風呂上りの牛乳を飲む律に、唯は、身長も伸ばしたいの?と。

さて、部屋に戻って、澪が電気を消そうとすると、後ろで、肩をぐるぐる回しているムギ。…そう言えば、部屋に入って一番最初に、彼女は、押入れの中の枕の柔らかさを確かめていましたよね。…で、その枕を唯の後頭部にヒット!続いて、振り返った澪の顔面にヒット!
枕投げだね♪と参加表明している唯の顔面に、律からの枕がヒット!唯のお返しの律への枕は、かわされてしまいます。嬉々としている律にムギからの枕が顔面にヒット!
律は、その枕を円盤投げのようにシュートしたところ…に、さわちゃん先生が仁王立ち!!
その瞬間、4人は、寝てしまいます。それは、もう、寝付いて30分後のように…。
さわちゃん先生は、曲がっためがねを直しながら、律の背中を踏みつけ、電気を消していきます。
先生が帰ったところで、枕投げを再開します。で、ひとしきり暴れた後で、寝ることにします。
…とは、言っても、なかなか興奮してて寝付けません…。


--
放課後のだらだらって面白かったですよね。
修学旅行なんか、それが、終わらないって感じ。

楽しくてしょうがない。

彼女たちも、修学旅行を満喫していましたね。唯や律は、勝手に楽しむんでしょうが、ムギや澪も、それなりに。
ムギの枕投げは、なかなかでした。部屋に入って、すぐにチェックしたのは、枕の質でしたし、最初に始めたのもムギでした。

いつもは、回りを律する澪も、迷子になったときには、文字通り迷子の子猫のようになっちゃうし、帰りの新幹線では、彼女も、唯と同じようなノリをしていました。

寝食を何回かともにすると、やはり、距離は、近くなるんでしょうかね。共通の場では、無かった場を共有することにより、互いの距離は、詰まっていくのでしょうね。
これは、仕事でも、友人でも、家庭でも同じことだと思います。
いつもと違ったフィールドで、場を共有すること。それは、相互関係を深めるためには、友好的な手段だと、信じて止みません。

ま、オジサン的には、とりあえず、飲みに行きましょうか?
って話なんですけどね。
手っ取り早く、違った面が見えて、良いですよね。


##
…とか、やっぱり相互理解を深めるためには、飲みに行くしかないと!考えてしまう「けいおん!」の電子コミックを配信している「アニコミMAX」は、コチラ!!

パケット定額サービスには入ってね。↓
店長のつぶやきから
無料立読み満載↑


##
別に、「けいおん!」の中に飲酒の話があるわけではないですよ。いつもと違う場を共有するって話です。

















##
では、また。

アニメの電子コミックの携帯サイト アニコミMAX
他 フルアニMAX…の店長 小川和紀


posted by アニコミMAX小川店長 at 23:22| 東京 🌁| Comment(0) | 新着情報、周辺情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月25日

「大哺乳類展 陸のなかまたち:国立科学博物館」に行ってきました。

どうも、アニコミMAX店長の小川和紀です。
アニメの電子コミックの携帯サイトアニコミMAXをやっています。
また、
アニメ専門動画配信ケータイサイト「フルアニMAX」
もやっています。
どうぞよろしくです。

「大哺乳類展 陸のなかまたち:国立科学博物館」に行ってきました。

ライダーの映画は、午前中に終わったので、その後、ヨーカドーで、お昼ごはんを食べました。娘は、どうしてもマックで食べると言うので、1階のフードコートで。おがわは、3階の「芝のらーめん屋さん」で「小浜醤油ラーメン」を食べました。鰹、鰯、鯖のだしが効いてて美味しかったです。そして、上野の国立科学博物館に向かいました。

20100522小浜らーめん.jpg


上野の公園に着くと、まずは、娘は、毎度毎度のチョコバナナです。チョコバナナを食べるのが、彼女の儀式です。
儀式が終わったところで、国立科学博物館に向かいます。「飛び出せ!科学くん」でも、取材されていたからか?結構、行列が出来ています。チケット買うのも一苦労です。一般展示の見学は、小学生は、無料だし、私は、リピーターズパスを持っているのですが、そんな人にも平等で、大人1400円、小学生でも500円、合計1900円。…朝、映画にも行っているし、今日はキツイぞ!

20100522哺乳類展.jpg


会場に入っていきます。人でいっぱいです。
今年は、「国際生物多様性年」って年らしく、生物の多様性の意味などを認識するためのイベントとして、哺乳類は、どう分岐して、今の多様さを形成していったのか?ってイベントのようです。

最初に変わった哺乳類がいくつか紹介され、(そこで、うちの娘の大好きなカモノハシの剥製が居ました♪)そして、哺乳類の進化の話が見れます。と、そこで、何だか長い長い管のようなものがありました。何かなぁと思ったら、マンモスの牙でした。巻いてる巻いてる。

20100522牙.jpg


そこから広いスペースに出ました。そこには、大勢の剥製。結構な迫力です。図鑑の絵が、そのまま立体になった感じ。だって、こんなこと、動物園ではありえないもの!

20100522剥製.jpg


あ、これこれ、「飛び出せ!科学くん」で、出てたヤツ。象の鼻。鼻の穴は、2本。あっちが見えています。

20100522象鼻.jpg


骨格の展示を越えると、そこは、シートン動物記。あ、子供の頃、いろいろあったなぁ。でも、動物たちがしゃべるので、おがわ的には、敷居が高かったなぁ…。ファーブルは、読んでたけど…。

これも、「飛び出せ!科学くん」で出ていたけど、熊の件、赤道直下のマレーグマ。温帯から北の「ヒグマ」。極地の「ホッキョクグマ」。極地の寒さに耐えれるように、体の容積を大きくしていったんですって…なるほど。

20100522熊熊熊.jpg


猫の狩と犬の狩は、異なって、猫は、待ち伏せ型なんですよね。犬は、追跡型。これって、人の行動指針でも二つに分かれるかもしれませんね。

ラッコは、卑怯ですよね。いつ見ても可愛い。剥製にしても可愛いってすばらしいですね。

20100522ラッコ.jpg


お土産コーナで、見つけました。
これは、大人の人も喜ぶ「D-CLIPS」。今回は、「大哺乳類展」でも、「陸のなかまたち」なので、陸上生物のものだけを販売しています。7月から「海のなかまたち」ってのが始まります。その時は、水族館シリーズなんですね♪きっと。

20100522D-CLIP.jpg


今日は、特別展とシアター360との動線が旨く出来ていました。結構な行列が出来ていました。普段は、入れ食い状態なんですが…今日は、25分待ち。「恐竜の世界-化石から読み解く-」「宇宙137億年の旅-すべては星から生まれた-」の二本立てでした。足の下も頭の上もまさに360度スクリーンになっていて、すばらしいです。ちょっと酔ってしまいそうな勢いです。

20100522シアター360.jpg


その後、常設展の地球館に行ってきました。娘が、好きなのは、3階の「たんけん広場」の「発見の森」。ここで、作り物ではありますが、森の中で、虫や小動物を見つけるのが楽しいようです。

次に好きなのが、2回の「たんけん広場」の「身近な科学」。ここで、おがわが好きなのは、「不思議なミラー」です。
手を突っ込むと、手が出てくるので、面白いです。

20100522ミラー.jpg


「ほたるのひかり」が流れ始めたので、帰ることにしました。と言っても、外に出てもだらだら遊びます。
出てすぐのところには、鯨の模型が展示されています。
そこでパチリ。

20100522鯨.jpg


##
上野の博物館に来ると、娘のお約束は、まずは、チョコバナナから始まるって事。で、父親のお約束は、帰りに、居酒屋さんに寄って、晩御飯を食べるって事。
今回は、有楽町の「釜焼鳥本舗 おやひなや」に行きました。6時くらいの入店だったので、一番乗りでした。
娘は、「ひな」。おがわは、「おや」をバクバクいきました。二人で、砂肝の鉄板焼きをつつき、「おや」「ひな」が焼けるのを待ちます。その後、ポテトフライやじゃこ天を頼んで…。

20100522釜焼鳥本舗.jpg


娘と来ると、すぐに本を読み始めたりするので、二人の間に会話が無いので、おがわは、バクバクぐびぐびいってしまう。安上がりだ。
19時半くらいに上がって、銀座四丁目からバスに乗って帰りました。

##
今度は、上野の動物園に連れて行けと言われています。

##
あ、当然、ライダーの映画も、後、2回あります。大変だ。














##
では、また。

アニメの電子コミックの携帯サイト アニコミMAX
他 アニうたMAX アニうたMAXフル フルアニMAX
…の店長 小川和紀


posted by アニコミMAX小川店長 at 15:24| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月24日

『仮面ライダー×仮面ライダー×仮面ライダー THE MOVIE 超・電王トリロジー EPISODE RED ゼロのスタートウィンクル』を観てきました…

どうも、アニコミMAX店長の小川和紀です。
アニメの電子コミックの携帯サイトアニコミMAXをやっています。
また、
アニメ専門動画配信ケータイサイト「フルアニMAX」
もやっています。
どうぞよろしくです。

『仮面ライダー×仮面ライダー×仮面ライダー THE MOVIE 超・電王トリロジー EPISODE RED ゼロのスタートウィンクル』を観てきました。

今回は、大変ですよねぇ。隔週で新作の映画を公開するんですもの…。普通の3本立てって、1作品観る料金で、3本見れるのですが、これって、3本立てではなく、3作連続隔週公開なので、一時的には、劇場の3スクリーンで、ライダーを上映しているってことになるんですよね。

しかも、おがわの行きつけのユナイテッドシネマ豊洲で上映しないという…。これは、面倒なことになりました。最寄は、木場にある109シネマズ木場。で、前日に調べてみると、すでに14時の回の席は、完売でした。…実は、舞台挨拶があったようです。って事で、残るは、朝9時半の回と、夕方16時以降の回。
折角なので、土曜日をしっかり楽しもう♪ってことになりました。

で、前日に、木場の深川ギャラリアに入っている109シネマズ木場に行って、席を押さえました。今回、ライダーの映画を3本観てしまいそうな勢いなので、おがわの分は、入会しておくつもりだったのですが、109シネマズの会員特典は、同伴者のポイントも購入者に付与されます。また、同伴者1名まで、スペシャルシート(エグゼクティブやプレミアシート)が通常料金になったり…と、カップル、家族には、お得なサービスですね。1日が1000円の他に、10日も1000円です。しかも、年会費が、無料なので、サブカードとしても良いですよね♪

その後、自宅へ帰るときに、土曜日、娘と自宅から歩いてくる道を確認しておきました。20分から30分程度で着きそうです。意外と近くて驚きました。
上記のように、1000円の日もちょくちょくあるので、時々、会社の帰りに寄ってしまうかもしれません…。でも、ユナイテッドが6月から毎週金曜日は、1000円になるので、そっちの方を多用するかもしれませんね。
で、時々、109シネマズ…って感じですかね?

で、当日は、二人で歩いて木場まで行きます。
朝ごはんが終わった直後なので、ジュースを買って、中に入ります。
今回は、会員特典で、エグゼクティブシートが通常料金で利用できるって話なので、そのゆっくりなシートに座ったのですが、いいですねぇ。シートとシートの間には、通り抜けできるほどの隙間が空いています。隣に気を使わなくて良いのは良いですね。肘掛の隣に、ジュースを置いたり、出来るスペースがあります。肘掛がもう一個ある感じ。良いですねぇ。…始まって気がついたのですが、大抵、娘と時々、あれはないなぁとか、面白いねぇとか言い合うのですが、それが、エグゼクティブシートだと、隣まで遠いのがちょっと面倒でした。でも、このシート。1000円で観れるときは、会員は、1000円で観れるんですね。

で、映画の内容の話です♪

病院で、「愛理」と「桜井侑斗」。桜井さんは、未来、愛理、愛理の時間を守るために、自ら消える道を取ったようです。しかし、桜井さんは、愛理と会うずっと前の自分にゼロノスカードを託していました。
とは言うものの、2人は、やはり同じ人間で同じ人間ではない…。

そんな、2010年5月。愛理と良太郎。
「ミルクディッパー」を改装していました。

そこに、モモタロスがやってきました。と言うのは、デンライナーが暴走して困っていると言うことらしいです。ピギーズイマジンが、デンライナーに忍び込んで、2010年1月までは、入力しているが、日付まで入力されていないチケットをセットしたらしく、デンライナーは、2010年1月の1ヶ月間のいろんな空間を飛び回ると言う暴走を始めてしまったということのようです。
って事で、モモタロスとイマジンを探すことに…。

愛理さんが、路上で絡まれます。ちょうど、そこに、イマジンの臭いを嗅ぎ付けて、良太郎が、駆けつけました。
でも、それは、誰かに頼まれての事らしく、良太郎は、その現場の近くで、「侑斗」を見かけます。見失ってしまいますが…。
デンライナーから連絡があり、今なら、近くで止まっているので、乗れると。良太郎とモモタロスは、デンライナーに乗りました。

そこでモモタロス達が、その話をしていると、おデブがそこに入ってきます。侑斗が、なかなか愛理さんに会いに行かないから、おデブがその作戦を思いついて、侑斗に言ったらしいです。

今今は、デンライナーが大人しいので、今のうちに、デンライナーをロープで、どうにか、動かないように縛ります。

良太郎曰く、「桜井さん」と「侑斗」は、姉さんの中では、違う人なんじゃないか?と。また、「侑斗」は、それを判っているから、「桜井さん」の存在が気になって、すんなり会えないのではないか?と言います。

また、「ミルクディッパー」に、チンピラな二人組みが入ってきて、暴れます。そこに、「侑斗」が現れ退治します。

そのとき、「ミルクディッパー」の玄関にもう一人男が居ました。どうやら、このオトコが、愛理さんと近づきたいがために、チンピラに襲わせた?そんなところのようです。


…もう、ラブモノです。最初から、見つめあう3人の周りをカメラが回ります。もう、OLさんが見るドラマの展開です。ママは、ずきゅん!かも知れません。しかし、最初、戸惑ってしまう少年たちも多かったかも知れません。娘は、もう、キュンキュンしていますした♪


でも確かにそうですよね。
前の人の存在が大きいとなかなか次の人は、相手の懐に入っていけない。それは、男の子でも女の子でも同じなんじゃないかな?と思います。
やっぱり比べてしまう。
明らかに違うタイプならまだいいのですが、そう簡単に全く違うタイプを好きになってしまうこともあまり無く、ましてや、今回の作品のように、同じ人間であれば、なおさら。どこが違う、ここが同じ…とか考えてしまうのが当たり前だと思います。
でも、きっと、受け入れることが出来ない側も苦しんでいるんですよね。別れを選んだ(選ばされた)事を、まだ消化しきっていないうちは、苦しんでいるんだと思います。

おがわも、引きずったことありました。その時は、新しい人に意識的に入っていくことが出来なくて、自分もチャンスを多く逃してしまったと思うし、中には、相手にもご迷惑をお掛けした事もあったかも知れません。いずれにしても、次のステップへ行く機会を失っているわけなので、どっちがと言う話ではなく、どちらも損しているわけです。

でも、全く同じ人が居るわけがないので、リセットしないとね。
だって、それは、目の前の人に対して失礼だし。当たり前ですが、その人なりに、良い所が在るはず。
相手も、自分がかかわることにより、どんどん変わっていく。そして、その目の前の彼(彼女)は、あなたと付き合うことにより、憧れだった人よりも、以前、付き合っていた人よりも、お互いに分かり合っている素敵な人になるはず。
それは、過去のどんな人よりも近い存在になるわけで。そして、現在進行形の唯一無二な存在になるわけです。

それに気づけるかどうか?
気づけると、次のステップに踏み出せるのは、そんなに先のことではないと思います。


##
新しい人の存在が、無条件に、一歩前に進めさせてくれればいいのですが、そこで、前の人の事を悩みながら選択したときには、涙は、流れるものなんだと思います。

20100522ライダー.jpg












##
では、また。

アニメの電子コミックの携帯サイト アニコミMAX
他 アニうたMAX アニうたMAXフル フルアニMAX
…の店長 小川和紀


posted by アニコミMAX小川店長 at 19:58| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月21日

「けいおん!!」 第3話 「ドラマー!」を観ました…

どうも、アニコミMAX店長の小川和紀です。
アニメの電子コミックの携帯サイトアニコミMAXをやっています。
他にも
アニメ専門動画配信ケータイサイト「フルアニMAX」
もやっています。
どうぞよろしくです。

「けいおん!!」 第3話 「ドラマー!」を観ました。

先日新しく入部してきた、スッポンモドキのトンちゃん。
唯は、水槽に顔ベタ付で、見ています。あずにゃんは、カメ本を読んでいます。後ろからムギも覗くように。澪は、ちょっと遠巻き。澪は、きゃわいい♪ってタイプではないようですね。
ムギは、案の定、家でいろんなカメを飼っているみたいです。エキスパートですね。
…と、新入部員相手にいつもの軽音部な部活動をしていたのですが…突如、律がドラム嫌だ!と泣きじゃくります。
…何ごと?

…律が、いきなり、騒ぎ始めた理由は、生徒会で取った軽音部の活動記録を見ていたところ、何回かステージで演奏しているが、どれもこれも、ことごとくドラムは、ステージの後ろで、光が当たっていない…。そう、見事に写っていないんです。
で、律は、違う楽器やってんみたいって言い出しました。
ところが、唯たちも意外に乗ってきて、楽器の替えっこしてみることになってしまいました。
律は、ギター弾いてみるって、唯の「ギー太」を借ります。唯とあずにゃんで教えるのですが、あずにゃんのコーチが、的確かつ細かく二つ目のコードになったところで、「ギター無理かも…」と、諦めちゃいました。で、早速、「ギー太」は、唯のもとに帰ることに


朝の学校の廊下、律は、さわちゃん先生とすれ違うのだが、なんだか、さわちゃん先生が輝いているっ

ランチタイムです。
のどかは、お弁当が得意のようです。憂が得意なので、唯のお弁当もいい感じです。ムギの弁当は、おかずの点数が多いです。澪の弁当は、可愛いです。お母さんの澪への愛情が見えるようです。
律は、あっちこっちの島を放浪しています。…それは、昔っからそうだそうで、飽きっぽいっていうか…。でも、ドラムはずっと続いている…と、律を小さい頃から見ている澪。

放課後の部活。律は、キーボードを弾いてみることにしました。
やっぱり、注目されないといけないと、さわちゃん先生を見て痛感しているようです。そして、律は、キラキラしたいと!

律が、キーボードを触ってみます。
適当に押しているのかもしれませんが、唯が過敏に反応します。音が声に聞こえているようです。ムギは、キーボードがしゃべった♪と喜んでいます。
見ていると、澪も触りたくなって、寄っていくと、律がホラーな音で応戦。

唯が、律にベースはやらないのか?と聞くのですが、澪が否定。澪は、ベースが好きでベース以外の楽器が想像できない様子です。そんな澪のベースへの想いは、律も知っているようで、澪のベースには、手を出さないようです。ムギやあずにゃんは、そんな澪のベースが好きです。

でも、唯は、律に、任せといてと言います。
唯は、その夜、部屋の隅で、「輝け!律ちゃん作戦」を考えています。


なんだか、今回は、いい話でした。

バンドってそれぞれ、個々に違うパートを演奏していますよね。当たり前だけど、「個々に」ってところを気づいていなかったなぁ。
おがわも、音楽していました。ブラスバンドです。人数が居れば、バランスよくパートを割り振るので、同じ楽器を演奏する人間が複数のケースは、多々あります。増えると、パートをいくつかに分けれるのですが、それも、やっぱり人数が居ると同じパートを演奏する人が複数人いたりします。

なので、同じパート同士、合っているか?とか、パート間で、うまく組み合っているか?楽器同士では?などの協調性が試されるのですが、バンドの場合は、同じパート同士ってのが、構成上あまり無いので、楽器同士で、どうセッションできているか?なんてレベルの話になるんですよね。
しかも、ブラバンとかは、指揮者が、間に入って、パートや楽器をそれぞれメリハリをつけようと演出することも出来ます。
そのあたりは、バンドの場合は、「あうん」だったりするんでしょうね。そこが、すごいって言えば、すごい。

すごいな、この子たちは。
そんな勉強を、やっているんですね。
個々の個性をどう伸ばして、うまく相乗効果を出して、チームとしてどう伸びていくか?
これって、大人の人たちでも出来ていない人多いと思います。戦う相手は、外に居るのに、会社の中で足の引っ張り合いをしてしまう…。そんな話って良く聞く話ですよね。

何が違うんでしょうね。何を僕らは、失ってしまっているんでしょうね。
なんなんでしょうね。


##
なんて個々の相互理解と尊重がいいチームを生むのではないか?なんて考えちゃう「けいおん!」の電子コミックを配信している「アニコミMAX」は、コチラ!!

パケット定額サービスには入ってね。↓
店長のつぶやきから
無料立読み満載↑


##
可愛い新曲が出来そうで、楽しみですね♪

















##
では、また。

アニメの電子コミックの携帯サイト アニコミMAX
他 フルアニMAX…の店長 小川和紀


posted by アニコミMAX小川店長 at 17:25| 東京 ☁| Comment(0) | 新着情報、周辺情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月20日

5月5日火曜日、「高松空港で初音ミクが踊る」の巻♪

どうも、アニコミMAX店長の小川和紀です。
アニメの電子コミックの携帯サイトアニコミMAXをやっています。
また、
アニメ専門動画配信ケータイサイト「フルアニMAX」
もやっています。
どうぞよろしくです。

今日は、この間のGWの帰省の最後の日のことを書きます。
5月1日5月2日5月3日5月4日のことは、それぞれ、以前のものをご覧ください。

▼5月5日水曜日

羽田への飛行機が高松空港12時50分発。これは、香川県でもちょっと田舎になると、公共交通機関があまり発達していないので、めっちゃ効率が悪く、「移動」自体が大変なイベントになってしまいます。豊洲から空港への駅前からバスで一本なんて気楽なものではありません。
帰省前には、自宅からJR琴平駅までは、タクシー。JR琴平駅から空港までのリムジンバスに乗る。って事を考えていたのですが、地元のタクシーの運転手さん曰く、そのタクシー代が数千円という!
これじゃ、1日のレンタカー代です。やっぱり、地味に電車で行くことに♪

高松駅から空港へのリムジンバス。飛行機に合わせて、1本余裕を持つと、11時3分に高松駅発のバスになりました。空港で昼飯が食べれるコースです。
そのバスに乗るために、乗り換えの時間も考えて、詫間から普通料金の電車に乗ると、詫間は、9時26分発になりました。(早っ!)
ね。乗り換え時間を考えると3時間近くかかっちゃうんです!!

で、今回は、自宅ではなく、しかも、自宅の車を借りていたので、自宅に車を返してからになります。それがあったので、最終日は、娘は、おばーちゃんのところに泊まる事になっていました。
9時に実家を出ることにして、8時くらいに実家に入るって事で、7時半にホテルを後にします。ってことで、6時半に起床。

用意をして、実家に顔を出します。
で、娘をピックアップして、荷物をまとめて、タクシーを呼んで、詫間駅へ。
帰ったときもそうでしたが、駅の構内で、線路をまたぐという行為が娘は、あまり経験が無く、今回も喜んでいました。そうなんです。踏み切りもあまり知らないんですよね。実家周辺で車を走らせているときも、「踏み切りだ!」と興奮気味でした。

で、電車に乗って、1時間の旅が始まります。

20100505車窓から.jpg


鬼無って駅がありますが、そもそもは、盆栽の町で有名なのですが、最近は、桃太郎電鉄でも有名になっているようで、桃鉄の石像がホームにありますね。そう、桃太郎伝説の町でもあるんです。高松の海には、鬼が島だってあるんですよ。

冬に実家に電車で帰ると、扉が開かない話をしたことがあると思うのですが、地方の電車ならではの設備をまた発見しました。

パイプで仕切られただけの「乗務員室」。

20100505乗務員室.jpg


これって、不思議な空間です。そこに入る意味があるのでしょうか?ちょっと不明です。あ、あそこの窓を乗務員が確保する必要があるのかもしれません。いずれにしても不明な設備です。
大体、「室」って言いますが、部屋ではないし。

高松駅に着いて、バスの乗り場を確認します。チケットを購入するのですが、待つエリアがろくすっぽないので、ホテルクレメントのロビーで待つことにしました。空港へのリムジンバスは、ホテルの車付けにも乗り入れるし。
その便のリムジンバスに乗る人は、少なかったです。おがわが、空港での食事も考えたし、1本早めにしているからですかね?

空港に着いて、荷物を預けます。そしたら、次は、食事です。香川の〆は、うどん!なんだけど、前日もうどんを食ったので、嫁、娘の同意が得られず、エリエールってレストランに入ることに。
何でもご当地モノが好きなおがわは、「土佐清水さば漬け丼とさぬきうどんセット」を食べました。
「まっことうまいき、食べていっとおせ!」って感じです。

20100505さば漬け丼.jpg


やっぱり、今の時期は、まっこと、龍馬じゃき!って感じですね。
セットのうどんは、嫁と娘に食べられてしまいました。しかも、娘は足りないというので、別途、ぶっかけうどんもとりました。
で、前日に、空港に来たときに見つけた「初音ミク」と香川県名物の「志満秀」のえびせんとのコラボ商品の「みくせん」を購入しました。

20100506みくせん.jpg


搭乗して1時間半くらいで羽田です。朝早かったので、なるべく寝ていました。
羽田空港では、嫁さん御用達のエリザベスマフィンを買って、京急で羽田へ。羽田空港の次が京急蒲田、そして京急品川ってめっちゃはやいのが在りますね。香川の空港への連絡と雲泥の差です。

16時前に、自宅に着いて、頭が痛かったので、いったん寝て、晩御飯は、温野菜でしゃぶしゃぶ。
海鮮しゃぶしゃぶのメニューがなくなってしまいましたね。いつもは、たこしゃぶを食べていたので、困ってしまいました…。

20100505温野菜.jpg


##
最終日の晩酌は、つまみがしゃぶしゃぶという贅沢な一日で、GWを締めくくりました♪


















##
では、また。

アニメの電子コミックの携帯サイト アニコミMAX
他 アニうたMAX アニうたMAXフル フルアニMAX
…の店長 小川和紀


posted by アニコミMAX小川店長 at 15:14| 東京 🌁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月19日

「さらい屋 五葉」 第二話 「抱かれたい」を観ました…

どうも、アニコミMAX店長の小川和紀です。
アニメの電子コミックの携帯サイトアニコミMAXをやっています。
他にも
アニメ専門動画配信ケータイサイト「フルアニMAX」
もやっています。
どうぞよろしくです。

「さらい屋 五葉」 第二話 「抱かれたい」を観ました。

そこは、薬屋のようです。弥一は、何かの薬を買ったようです。でも、その薬を買っていることは、他言は無用ってコトのようです。

マサは、(いつものように)梅のところで、ご飯を馳走になっています。もちろん、向かいで、弥一が一杯やっています。また、いつものように、梅は、嫌味を言うのですが…。なので、恐縮しながらマサは、馳走になります。

いつも、弥一は、梅に気を使っているのか、客の入りが増える前に、梅の店を出て行きます。マサは、それが気になって、その日は、弥一の後をつけます。
弥一には、俺に用があるときには、梅の店に行けば良いと言われます。マサが、どこに住んでいるのかも知りたいと言うと、弥一は、深川の岡場所の桂屋に住んでいると言います。マサは、冗談と思います。

実際に、着いて行くと、弥一が、言ったとおりの、深川の岡場所(歓楽街)でした。マサは、そこの遊女に声をかけられます。弥一のことを聞いてみたら、弥一は桂屋の用心棒だということ。…やっぱり、彼の言ったとおりでした。彼は、刀は、差していないのに…。そして、桂屋の用心棒兼居候だということです。弥一の色男ぶりに、桂屋の娘たちは、客引きよりも弥一の方が気になっているらしく…。

…マサは、ますます、弥一のことがわからなくなります。確かに、腕は立つし、そんな言動もありますが…、…やっぱり判らない…。あれこれ考えながら帰ってたマサは、木にぶつかってしまうほど周りが見えていませんでした…。


弥一はマサを、マサは弥一のことを興味持ってしまっているようです。双方とも相手からすると異質な人種。気になるようですね。
無いものねだりとか、隣の芝は青いとか言いますが、自分にない相手の特性が気になっているようですね。
マサの持っているそれは、まだ、何なのか?がはっきりしません。しかし、弥一のそれは、なんとなくわかるかも…です。なんだか、達観しているんですよね。諦めているって表現でもいいのかも知れませんが…。

今のご時世、周りの変化に翻弄されながら、どうしようもなく右往左往している自分が居て、でも、その変化の中で、自分は、どうにかやっていかないといけないわけです。
その変化に乗るとき、自分は、どうしたら良いんでしょうね。
そこで、弥一の視点があると、少し、楽かもしれません。

やはり、熱くなったり、ただ流されたりは、今後の自分にとっても、今係わっている人にとっても、もしかしたら良くない結果をもたらしてしまうかも知れません。
おっと、これは、難しいなと思ったら、ちょっと、弥一の目(客観的な視点)でもって、その問題を、見たいと思いますね。意外と、問題でもなかったり…(笑)


##
そんな困ったときの対処術まで勉強しちゃう「さらい屋 五葉」の電子コミックを配信している「アニコミMAX」は、コチラ!!

パケット定額サービスには入ってね。↓
店長のつぶやきから
無料立読み満載↑


##
そう思いながらこの作品を見ると、見ている自分が処世術を勉強しているような気がしますね。

















##
では、また。

アニメの電子コミックの携帯サイト アニコミMAX
他 フルアニMAX…の店長 小川和紀


posted by アニコミMAX小川店長 at 13:33| 東京 ☀| Comment(0) | 新着情報、周辺情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月18日

「けいおん!!」 第2話 「整頓!」を観ました…

どうも、アニコミMAX店長の小川和紀です。
アニメの電子コミックの携帯サイトアニコミMAXをやっています。
他にも
アニメ専門動画配信ケータイサイト「フルアニMAX」
もやっています。
どうぞよろしくです。

「けいおん!!」 第2話 「整頓!」を観ました。

今日の授業も終わり。
ムギが午後から寝ちゃっている唯の代わりに日直の仕事やってあげようと…。和も何度か起こしているんだけど、起きないようです。
律が揺り起こしても、「憂、大丈夫だよ。今日は、日曜日だから」と、全く寝る気満々です。
ギターでも起きないから、ケーキネタにしてみたら、むくりとしたのですが、結局、また寝ちゃいます。

と、そこに、さわちゃん先生が、着ました。この前貸した着ぐるみを返してくれという話です。それなら物置に片付けているってことで、部室に向かう一行。着ぐるみは、見つけたものの、それを引っ張り出したら、荷崩れが起こり、いろんなものが破壊されてしまいました。

ってことで、大掃除をすることになりました。唯と律ちゃんは、わざとらしく練習に燃え上がります。…平たく言うと現実逃避。
本来は、音楽室の掃除当番が、掃除するのでは?と言う唯と律ですが、掃除してもらえるような整理の仕方をしているわけでもなく、私物でいっぱいです。それは、掃除はしてもらえない。てか、私物しかありません。
今まで、「とりあえず…」、と倉庫代わりに置き続けた結果ですね。

ゲーセンで取ってきたぬいぐるみもいっぱいあります。ムギは、食器棚にも手を出します。ムギが持ってきた食器などは、ベルギー王室で使っているものと同じものとか…。

結構、片付き、お茶しながら見渡すと、どうやら昔の軽音部の頃からの私物もあるようです。部員が多かったことや、結構ちゃんとやっていたって感じがそれらをみて感じるようです。
唯が、奥から、重そうなケースを下げてきました。中には、ギターが入っていました。
そこに、さわちゃん先生が、やってきました。そのギターの持ち主は、さわちゃん先生だったようです。例に漏れず、唯にそのギターを持って帰れといわれたのですが、かび臭いし、ひく機会も少ないので、楽器屋とかで売って、部費の足しにしてくれとさわちゃん先生。太っ腹?押し付けてる?賛否両論はありましたが…。
そもそもは、さわちゃん先生の父親の友達からもらったギターで、保存状態も悪いし、ひくあても無いし…、であれば、ひいてもらえるところに行ったほうが、このギターも幸せというもの。

で、じゃんけん三連敗の唯が楽器屋に運ぶことになりました。
と、澪は、さっきもらったチラシに乗っている棚が気になります。って、そのままの流れで、ホームセンターに向かっちゃいます。と、ムギは、ホームセンター初めてのようです。いろんな便利グッズの品揃えに嬉々としています。唯は、ネジの種類に喜んでいます。電動ネジ回しとか…。律は、ライト付のヘルメットを知らぬ間にかぶっています。あずにゃんが呆れていると、そこに、唯がツナギを着て現れました。動きやすいよ♪背中に「放課後ティータイム」とか描く?とか…。まるで、暴走族です。
棚は、明日の放課後、部室に届けてもらうことにしました。

あずにゃんは、すっぽんもどきに見とれています。そこに、来た、唯もすっかり萌えてしまいました。鼻にピーナッツ入れたくなるほどだそうで。

で、楽器屋に付きました。さわちゃん先生から譲り受けたギターを見てもらいます。
50万円の値がつきました!!


皆さんにもお気に入りのお店ってあるんじゃないでしょうか?知的?好奇心をくすぐり、それがドライブしてしまい、なかなかその蟻地獄から脱出出来なくなってしまうお店…とか?

おがわの場合は、ヴィレッジヴァンガードがそれにあたります。以前から、ちょくちょく見つけては、めっちゃ浸っていたのですが、最近は、豊洲のららぽーとにも入ったので、頻繁に行っています。
豊洲のショップ自体も、徐々にカオスって来て、どんどん宝の山になってきています。

ショップの店員が、いろいろと考えながら棚割を考えているようです。取り扱い点数が増えれば増えるほど、いろんな商品が、いろんな商品と紐づいてくるので、どんどん複雑になってきます。なんで、この商品の隣に、この商品があるんだろう?ってのを想像するだけで楽しくなってきます。
そんなハイパーリンクさが、大好きです。そのリンクの仕方が、理解できるとき、なんだか、その棚割りを担当された方と、コミュニケーションが出来たような気持ちになり、うれしくなってきます。

おがわの心地よさがそこにあるので、最近、贈り物も、ヴィレッジヴァンガードだったりします。この間の娘へのヴァレンタインのお返し、つまりホワイトデーの贈り物は、ヴィレッジヴァンガードで購入したお菓子でした。やっぱり、父親と言うのは、娘の幸せを望むものです。
先月誕生日があったのですが、そのときは、誕生石を買ってきました。4月の誕生石は、ダイアモンドってコトで。こんなもの。

20100402ダイヤモンド.jpg


あの空間で、それぞれの商品の世界観に触れる、その世界の集合に触れるだけで、なんだか、楽しい気分になります。リフレッシュします。詰まったリンパが開放され心地よい気持ちになれます。

おがわにとっては、ヴィレッジヴァンガード自体が、幸せになる場所です。


##
あなたの清涼剤になりたい「けいおん!」の電子コミックを配信している「アニコミMAX」は、コチラ!!

パケット定額サービスには入ってね。↓
店長のつぶやきから
無料立読み満載↑


##
娘は、毎週欠かさずに「けいおん!!」を観てます。で、昨日、嫁さんが、子供が見ても大丈夫?って聞いてきました。大丈夫だと思うけど…。

















##
では、また。

アニメの電子コミックの携帯サイト アニコミMAX
他 フルアニMAX…の店長 小川和紀


posted by アニコミMAX小川店長 at 21:23| 東京 ☁| Comment(0) | 新着情報、周辺情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。