2010年09月30日

「大魔神カノン」第22話 「貫温」を見ました…

どうも、アニコミMAX店長の小川和紀です。
アニメの電子コミックの携帯サイトアニコミMAXをやっています。
また、
アニメ専門動画配信ケータイサイト「フルアニMAX」
もやっています。
どうぞよろしくです。

「大魔神カノン」第22話 「貫温」を見ました…

水族館です。
イケチヨが歌を歌っています。ずいぶん癒されているようです。
カノンとタイヘイの件は、彼らに任せて、イケチヨも、サワモリたちに合流しようと考えているようです。その前に、若松が働いている水族館で、癒しのパワーを吸収したようです。

それほどに、今度のイパダダが強いってことですね。
カノンの元の彼氏を依代にして、成長して、いろんな魂式を使って、サワモリたちをかわしながら、成長していきました。

そのイパダダ自身は、死刑囚でしたが、生前は、親からも愛がもらえず、憎しみしか教えられなかった。それが、彼をイパダダにさせたようです。
人のお陰で、オンバケになった彼らが、人の成れの果てのイパダダを退治なくてはいけない。
一度は、イパダダを封印するのに成功したのですが、儀式の途中で逃げられてしまいます。

その後も、イパダダは、依代を代えながら、いくつかの町を滅ぼしながら、成長し、今では、五十魂になってしまった。このまま、百魂にさせるわけには、いかない。
今度は、ゴンベエが、対抗するわけですが、もし、万が一のことが起こると、ブジンさまだよりになってしまうのだが…。ブジンさまは、眠りに付いたままで、協力してくれる気配もないし…。


今回は、ふり返りの回でしたね。
癒し系の若松とイケチヨの二人語りの回でした。
これまでのことを復習するのに、ちょうど良かったかもしれません。
これから大きく変わるって事なんですかね?
これからが楽しみです。


カノンの周りには、いい大人がいっぱい居ていいですよね。

「人は、人を幸せにすることで、幸せになれる」

おがわも、スランプに落ち込んだときこそ、他人に優しくする傾向があります。愚痴を聞いてあげたり。愚痴を言う人って、愚痴を言うことで、8割がた解消されていたりする人もいます。また、実は、すでに、解決策を持っている人も居ます。それが、他人は、どう評価するのか?を考えている。そんな人。
なので、おがわは、愚痴は、よく聞いています。先に書きましたが、自分が、スランプになっているときは、なおさら。
上記のように、聞くだけで、役に立つことが多いので、大体、そうなんだ…と聞いてあげると、役に立ちます。そうすると、相手が、出口が見えて、肩が軽くなる様子。それをみるだけで、こちらは、幸せになれます。
そんな理由で、おがわも他人のためになれたらな。なんて考えています。


「昔が良かったとかって、昔の自分に戻る必要はない。変わるのが当然。」
そう、そうですよね。人間って変わるもの。だって、時間も過ぎているし、人間、経験しているわけだし。何か失敗したときも、それは、駄目だったということを学ぶわけだし、どんな経験もマイナスには、ならないとおがわは、考えています。
いい経験も悪い経験も踏まえての存在しているのが、今現在存在している自分。
だから、今の自分を受け入れなきゃと思うんですね。
後、現状維持ってのは、時間が流れている以上、ありえないので、変わるのは、当たり前。だから変わることにびびっては、いけないと考えます。そこは、ともすれば、構えてしまうところでもあるので、気をつけたいと思うところです。
そのあたりは、自分にわがままにがんばりたいところです。


「やろうとおもっているは、やってないと同じ」
この言葉は、ちょっと重かったです。やろうと思っているけど、やれていないことがいっぱいあるから。うん、やっぱりアウトプット出さないとだれも認めてもらえない。認めてもらえないと、その世界では、自分は、幸せになれない。
なんらか、その場で計測できる値を出さないことには、そこに居れないぞ!?なんてことも考えるわけで…。
作業も必要だけど、その上に仕込みも必要だなと、感じます。
うん、がんばらないと。


「自分の力でどうにも成らないこともある」
これもそう。戦うもいいと思いますが、それは、それで、克服できるかどうか?克服するまでの時間、労力のリスクがあります。
でも、そこで、そのリスクをリスクとして認識するのとしないとでは、精神的には、大きく変わると思います。
おがわは、理系だからか?「絶対という言葉はない」という信条があります。それは、自分への甘えかもしれませんが、その約束よりも、誰に聞いても優先順位が高いことが起こるかもしれません。そのときには、先約があってもそれが、実現できなくなることがあります。…これ当たり前のこと。自分にとっての優先順位が決めれないのは、不幸なことだと思います。
なんてこともあるので、世の中、うまくいくはずがない。そんなものと思っておいたほうが良くて…。あ、でも、それって、放棄ではないですよ。



##
…そんな人生を噛み締める…「大魔神 カノン」…のコミカライズは、「アニコミMAX」でも、配信中♪

パケット定額サービスには入ってね。↓
店長のつぶやきから
無料立読み満載↑



















##
では、また。

アニメの電子コミックの携帯サイト アニコミMAX
他  フルアニMAX…の店長 小川和紀




posted by アニコミMAX小川店長 at 19:53| 東京 ☁| Comment(0) | 新着情報、周辺情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月29日

「あそびにいくヨ!」第9話「いだいなるさいしょのあしすとろいど?」を観ました…

どうも、アニコミMAX店長の小川和紀です。
アニメの電子コミックの携帯サイトアニコミMAXをやっています。
他にも
アニメ専門動画配信ケータイサイト「フルアニMAX」
もやっています。
どうぞよろしくです。

「あそびにいくヨ!」第9話「いだいなるさいしょのあしすとろいど?」を観ました。

それは、時を隔てた彼方からの旅人でした。
その機体は、次元断層を迂回すると言うことで、針路変更してワープします。…超空間に入って…。通常任務に戻りました。

艦長は、地球で入手した音楽をかけていました。そこに、アシストロイドのラウリィがきました。その音楽が気になるようです。
地球の捜査班が持って帰ってきた音楽のようです。ラウリィは、とても気になるようで、今度は、艦長と一緒に聞くことになりました。


騎央のうちでは、エリスとチャイカが音楽を聞いています。いちかからもらったCDに入っていた曲を繰り返し聴いています。

おっと、チャイカは、用事を忘れるところでした。用事と言うのは、今度、キャーティアが作ったアシストロイドの1号機が、今度地球に来るようです。1000年も前のアシストロイドのようです。打ち合わせは、A&Wでハンバーガーを食べながらです。
で、外宇宙へ探査に出たものの事故をしてしまい助けられるまで800年程度かかってしまったようです。その時のアシストロイドが、地球に来てみたいと言うので、今回の話になったようです。
本来なら、そのアシストロイドは、外宇宙の開拓、つまり、地球に来なければならなかったのが、事故で、叶わなかった。しかし、開拓された地球と言う外宇宙の星を見てみたいというのです。

それでは、キャーティア大使館側としては、何かしてお持て成ししなくては、と騎央たちは、思ったのですが、エリスは、何もしなくて良いと聞いているようです。居場所として大使館を間借りさせてくれと言われているだけのようです。
ただ、地球人の騎央さんに地球の話の相手をしてもらうだけでも、おもてなしになるんだと思うとエリス。…そればっかりは、地球人でないエリスよりも十分役に立つわけです…。少し、エリスは、悲しそうです。そこは、騎央は、任されちゃいます。


洋上のアントニアのところのアシストロイドも、3日くらい里帰りしたいと申し出ていました。麻耶は、3日くらいと言いますが、サラは、どうにもたまらない様子です。サラにとっては、3時間でも3分でも3秒でも離れたくないのですが、そのアシストロイドは、エリス様からお預かりしている物であるので、その決定権は、サラには、毛頭ないわけで。

騎央や真奈美、アオイたちが、用事をしている間も、エリスは、音楽を聞きながら、物憂げな顔。騎央が、聞くと音楽を聞いていたと言います。やっぱり、例のいちかにもらったCDの曲のようです。
騎央は、その曲を知っていました。キャプテンフューチャーの挿入歌だって話です。真奈美は、また、アニソンを!と思って叱るのですが、それを全否定されます。
いちかが来ていました。キャプテンフューチャーをえらく肯定している様子です。

キャプテンフューチャーは、エドモンド・ハミルトンによって書かれたスペースオペラであり、世界的にも有名な古典SFでるという。太陽系の惑星には、ほとんどが、水星人、火星人…と生物が住んでいて…。もう、真奈美は、アホラシイと聞いていません。糸嘉州先生は、大きく何度もうなずいています。アオイは、騎央のオススメなら私も見てみようかな…と肯定します。

キャーティアシップでも、同じくキャプテンフューチャーの挿入歌が流れています。
地球人は、外宇宙に出たことが無い生物なのに、宇宙を旅する人の気持ちをここまで表現できるなんて素敵だと高評価です。そういう気持ちは、種族と言うくくりは、超えてしまうと言うことか?と感じます。
…さて、客人が、到着するようです。

キャーティア大使館でも、玄関で列を作ってお出迎えです。
エリスは、アシストロイドの変遷のことを話します。昔は、もっと大きくて…、今の形、大きさになったのは、つい最近だとか…。
いらっしゃいました、ラウリィです。全然、人型です。
キャーティア大使館のみんなは、クラッカーなどで、お出迎えです。



…今回は、珍しく?なかなか泣ける話でした。
彼女が言った、お互い「責任」を感じているうちは、幸せではないって言葉。重いですね。やはり、1000年の重みがあります。彼女は、幸せなことに、虐げられることは、無かったのかもしれませんが、歴史として認識はしているわけで、でも、いいご主人をもったんですよね。そんな歴史を踏まえても、ご主人を慕う。彼の夢を代わりにかなえる…。

その言葉、重いですね。
その言葉を、友達や家族、夫婦に当てはめても良いのかも知れません。
なんだろ?損得とか関係ないところで、成り立っている関係。
そういうのありますよね。なんかよくわかんないけど、こうしたいから、そうする!
お前は、こうじゃないと駄目。そのためには、俺は、少しくらいなら苦しんでもいい。いや、苦しむべきなのかも?とか。

もともとは、人は、生まれた場所があるのですが、後天的な何かと誰かとつながろうとしたときに、自分の軸足の持ち方が変わることがあります。
家族とか持つとそうですよね。自分が育った家族と、自分が今から育てる家族の優先順位が変わる。そうしたとき、軸足が変わってしまうと思います。
自分は、なんだか根無し草になった感じになってしまうのかもしれません。でも、自分が作った家族が、次の世代にとっての軸足の置き場になるように、帰る場所を作ってみようかなと。
それを作る過程が、家族を営んでいるんだと思います。
そして、自分の子供たちをそこから、また旅立たせ、自分は消えていく…。なんか、人間ってその連鎖の中で生きているような気もします。
そう考えると、「おいらは淋しいスペースマン」って歌は、大局的には、私たちそれぞれに当てはまってしまう歌なのかもしれません。

僕たちは、親元で生まれました。
そして、今、子供たちにとっての「親元」を作る作業をしている。
そこで、自分がやるべきことを、個人レベルの「責任」ではなくて、家族ってチームで、やれれば、楽しい家族ってチームが作れるのかなぁなんて考えてしまいました。



##
そんな、深まる秋に家族の連鎖について…と考えてしまう「あそびにいくヨ!」の電子コミックを配信している「アニコミMAX」は、コチラ!!

パケット定額サービスには入ってね。↓
店長のつぶやきから
無料立読み満載↑


##
ホント、単なる萌えアニメじゃないし、単なるSFでも無いですよね。また、この作品の新しい側面が見えたような気がします。

















##
では、また。

アニメの電子コミックの携帯サイト アニコミMAX
他 フルアニMAX…の店長 小川和紀


posted by アニコミMAX小川店長 at 20:15| 東京 ☁| Comment(0) | 新着情報、周辺情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月28日

「メディファク☆アニメフェスティバル2010」に参加してきました♪(「えむえむっ!」第1話 「直滑降ファーストラブっ!」)

どうも、アニコミMAX店長の小川和紀です。
アニメの電子コミックの携帯サイトアニコミMAXをやっています。
他にも
アニメ専門動画配信ケータイサイト「フルアニMAX」
もやっています。
どうぞよろしくです。

日曜日に、「メディファク☆アニメフェスティバル2010」に参加してきました♪
2010年10月から放送スタートする「百花繚乱 サムライガールズ」と「えむえむっ!」の第1話の先行上映とキャストさんのトークショーがありました。

で、昨日、「百花繚乱 サムライガールズ」第壱話 「はじめての忠」について書きましたので、今日は、「えむえむっ!」第1話 「直滑降ファーストラブっ!」にの先行上映会に関して書きますね。


いきなり、木刀で襲い掛かるメイドな格好の女子が登場です。少年が逃げ惑います。でも、少年の様子がおかしいです、明らかに。喜んでいます。キモイ彼は、窓ガラスの外に吹き飛ばされます。
その暴力少女は、追うように窓から飛び降りてきました。それを見上げる少年は、明らかに何かを期待しています。そしてとび蹴り…。

「ドM」スイッチがオン!です。

喜んでいます。表情が崩れます。笑いが止まらない様子です。
「美少女が、俺を、蹴ってくれました!」
って喜んでいます。

OPで、面白かったのが、スタッフに「S」とか「M」とか入っています。この手のは、以前、星座の記号がついているのが、ありましたが…。

教室で、太郎がボーっとしていました。で、太郎は、いきなり決心します。そして、辰吉に宣言します。自分の「あれ」を治せたら、あの子に告白すると!
太郎が、ひどく困っている様子なので、辰吉は、八方塞りで困っているのであれば、「第二ボランティア部」に行ってみてはどうか?とアドバイスします。

やはり、このままでは、まともな恋も出来ないと思った太郎は、生徒たちの願いを叶えてくれるという第二ボランティア部のドアをたたきます。
そこには、二年生の石動美緒先輩…第二ボランティア部部長。自称神様がいらっしゃいました。お嬢様のような口調で、悩みを聞こうとするのですが、いくらなんでも、あの悩みを美少女相手には、言いにくいので、帰ろうとします。…と、部室に、問題の嵐子が入ってきました。…そしたらなおさら言えません。逃げようとしたところを、美緒様に首根っこを引っ掛けられ投げられます。

美緒様の「S」スイッチがONになったようです。言いたい放題言いながら、太郎をなじり、追い込みます。そのうち、砂戸太郎の「ドM」スイッチが入ってしまいます。美緒様もそれに応じてあげます。

気持ち悪いので、縛って吊るして話を聞きます。その間も砂戸太郎も、始終喜んでいます。キモイと言われても、ブタロウと呼ばれても、ヘラヘラ喜んでいます。
美緒様は美緒様で、いじって喜んでいます。そして、その相手の太郎は、受けて悦んでいます。

でも、美緒様は、神様だから、願い事は、叶えてあげないとね。と言ってくれました。
帰り道は、辰吉がいて、話しながら帰ります。太郎は、一目ぼれした彼女に告白するためには、何でも耐えられると言います。

その日の夜の太郎のバイト先のコンビニ。やはり、例のシホリの姫がやってきました。でも、太郎のことを見ると立ち去りました。


うーん、シホリ姫、気になりますねぇ。
あくる日から、美緒様の太郎の性格?性癖を変える為の治療?が始まります。しかし、ドSな美緒様が考える荒療治は、ドMな砂戸太郎には、悦んでしまって逆効果です。

そんな、「S」だの「M」だのの話が、ま、大部分を占めるのではありますが、友情やら何やらのいい話も時々出てきます。

自称・神様のドSだとか、真性のドMで、スイッチ入ると大変キモクなる主人公…が繰り広げる…と思ったら、どの登場人物も変態です。
どれもこれも…です。
砂戸太郎をその世界に突き落としてしまった嵐子も、太郎のドM体質の理解者の辰吉も、学校の保険医の先生も、太郎の姉も、母親も、登場人物がすべて変態です。
美緒様のドSブリは、普通のツンデレ属性では、付いて行けないかも知れません。また、太郎のドSブリは、目を覆いたくなるほどです。

そんなアニメ史上、まれにみる、気持ち悪い主人公のアニメがこの秋、放送になります。

これは、放送できないだろう…と思いましたが、U局では、放送しちゃうんですね。関東だとチバテレ、テレ玉、TVK、MXで観れます。
後は、サンテレビ、テレビ愛知、そして、そっち系の受け皿ともいうべき、AT-Xで10月から放送です。

この後、トークショーもありました。
石動美緒役の竹達彩奈さんと、結野嵐子役の早見沙織のお二方でした。

彼女たちいわく、砂戸太郎役の福山さんのハアハアぶりが、毎回激しくて、1回目のトリが終わったとき、福山さんに付いたあだ名が「変態職人」だそうで…。彼は、砂戸太郎を、唯一無二のドMな主人公に仕立て上げます。それは、芸術でもあります。

この場に来て、本当にこの作品を、電波に乗せていいのだろうか?と美緒役の竹達さんは、言っていました。

アフレコの後、その足で、このお二人は、ラジオをアニメに対して「放課後」という位置づけで、録っているようです。テンションを上げた上での、ラジオなので、美緒様のドSブリは、ものすごいことになっているようです。

この後、美緒様の幸福を願う決起集会ってのが、あり、それは、USTでも流したようです。最初のはじまりの挨拶は、早見さんが行って、そこで、美緒様のお言葉を代理ってことで、竹達さんが行い、そこで、麻生夏子さんが登場し、EDテーマの「More-more LOVERS!!」を歌い上げます。めっちゃ盛り上がっていましたが、バカテスのOP「Perfect-area complete!」を歌ってたんですね。

いや、ホント、会場が盛り上がりましたよ。皆さんすばらしくて、ペンライトを振り回していました。それが、皆さん振り方も合っててすばらしかったです。

##
それにしても、本当に、すごい作品だと思います。
今回は、1話しか見ていませんが、これを1クール見ているうちに、おそらく、「S」か「M」のいずれかになってしまうのではないか?とさえ感じます。
そのきっかけを、この作品は、視聴者の皆様方にブロードキャスティングする非常に危険な電気信号なのだと思います。

皆さんも、このアニメで、どちらかに、仕分けられてみませんか?

##
いずれかに目覚めてしまう!…リトマス試験紙「えむえむっ!」の電子コミックを配信している「アニコミMAX」は、コチラ!!

パケット定額サービスには入ってね。↓
店長のつぶやきから
無料立読み満載↑


##
今週末が楽しみですね。






















##
では、また。

アニメの電子コミックの携帯サイト アニコミMAX
他 フルアニMAX…の店長 小川和紀


posted by アニコミMAX小川店長 at 17:05| 東京 ☔| Comment(0) | 新着情報、周辺情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月27日

「メディファク☆アニメフェスティバル2010」に参加してきました♪(「百花繚乱 サムライガールズ」第壱話 「はじめての忠」)

どうも、アニコミMAX店長の小川和紀です。
アニメの電子コミックの携帯サイトアニコミMAXをやっています。
他にも
アニメ専門動画配信ケータイサイト「フルアニMAX」
もやっています。
どうぞよろしくです。

昨日、「メディファク☆アニメフェスティバル2010」に参加してきました♪
2010年10月から放送スタートする「百花繚乱 サムライガールズ」と「えむえむっ!」の第1話の先行上映とキャストさんのトークショーがありました。

結構、会場いっぱいで、外に並んで、制限しつつ会場に入場していたのですが、席が足りなくなるので、座っている来場者が、ぞろぞろと前に詰めて、後ろに席を配置するスペースを作ってしまうほど、いっぱい。でも、そういった、来場者に協力してもらうといった場面で、統一感があるのは、このアニメ系のイベントでは、よく見ることです。本当に、協力的なお客さんが、多いと思います。

そんな、すし詰めな会場で上記2タイトルの先行上映会が始まりました。

▼「百花繚乱 サムライガールズ」第壱話 「はじめての忠」
「大日本」の美しさのあまり、周りの列強諸国は、何度か狙ってきました。その都度、大日本を守ってきたのは「サムライ」。爆撃機相手に、刀や槍で戦います。その戦士たちを「百花繚乱 サムライガールズ」と呼びます。

時は平誠二十某年。

地震と雷が一度に来たような衝撃…。光が降りてきて…。
いや、光に包まれた人…少女が降りてきました。
その少女は、その男子のことを「おにいちゃん」と呼び、口付けをします。
すると、光を放ち、光の柱が立ちあがりました。


その何時間か前…。
SLからデジカメ片手に降りてきた少年…。
その駅は、徳川幕府が、富士の裾野に開いた「武應学園塾」の街。その学園には、武家の子女たちが集まり、大日本の次世代を担うための勉学と武術を学んでいました。

その学園に通う高校生として、やってきた少年は、パシャパシャとデジカメで写真を撮りながら、宿になる道場にやってきました。…ところが、無人であるはずの道場には、先客がおり、しかも、デバガメ扱い。

先客の少女は、六文銭の真田幸村とその従者の後藤又兵衛でした。
同じとき、竹やぶの中をその道場に向かってきているのは、徳川生徒会の風紀委員長の服部半蔵。目的は、その真田幸村のようです。
両者が、対峙することになりました。

その間に、割って入ったのが、先ほどのデバガメ少年。おちつけと。
そこで、知将・幸村は、投降することにします。
手持ちの武器を足元に下ろします。
と、そこで、そのデバガメ少年が、閃光弾?を発動させて、少女二人と、その場を去ります。生徒会側は、地下にもぐったことは、お見通しで、すぐに
地下水道の放水を始めます。

…このあたりで止めておきましょう…。


絵が、当然、和風ではあるのですが、全体に使われている「墨」な感じが良いです…。日本ってこんな感じだろ?みたいな、和風テイストが、いかにも外国ウケしそうな気配。

それの洋モノ?とでも言うべき作品、クイーンズブレイドと同じように、ホビージャパン原作で、メディファクで♪というフォーメーション。これも、鉄板モノとして、しばらく続くのでしょうか?なんだか、今度は、和モノで、グリグリと展開しちゃうのか!?と感じる作品です。

題材を「戦国」にしているところが、憎いです。
おがわも、日曜日は、戦国な日なんです。「戦国鍋TV」、「戦国BASARA弐」、「龍馬伝」…と、戦国なので、この戦国おっぱいモノってのは、自然な展開と言えるかと…。

その後、声優さんによるガールズトーク(笑)が行われました。
柳生十兵衛役の悠木碧さん、真田幸村役の釘宮理恵さん、千姫役の寿美菜子さん、後藤又兵衛役の小林ゆうさんが、壇上に。

柳生十兵衛のことを、大型犬のようなでかいんだけど、でかさを十分認識できてない、でも、かわいいみたいな感じだと表現していました。罪なかわいさですよね。他のキャラの見所は、ずばり、宗朗だと言うことです。かっちょいいとキャピキャピ言っていました。

真田幸村は、見てくれは、小さくて可愛いのですが、知将というだけあって、冷静なキャラクター。しかも、難しいことをいっぱいしゃべるので、大変だということでした。

千姫は、大胆なキャラクターで、服部半蔵との絡みが楽しみな感じだそうです♪ちょうど、千姫のSな感じと、それに仕えるMな感じの組み合わせ、ちょうど、いい組み合わせですよね。この先も目が離せません。その半蔵のハアハアの美学も注目かと。

後藤又兵衛は、幸村さまが好きで好きで仕方が無いというその空気が、もう、たまらないという空気が、あふれ出ています。

##
そんな、「百花繚乱 サムライガールズ」は、10月3日から墨バージョンで地上波放送が始まります。
当然、この墨は…って、ドコの墨かは、説明不要だと思いますが、DVDでは、取れてしまう予定のようです。「クイーンズブレイド」では、光っていましたが、陰と陽で、こちらは、墨です。

##
OPの「Last vision for last/飛蘭」もカッコよかったですよ。

##
今週末が楽しみですね。


























##
では、また。

アニメの電子コミックの携帯サイト アニコミMAX
他 フルアニMAX…の店長 小川和紀


posted by アニコミMAX小川店長 at 15:00| 東京 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月24日

「けいおん!!」 第22話 「受験!」を観ました…

どうも、アニコミMAX店長の小川和紀です。
アニメの電子コミックの携帯サイトアニコミMAXをやっています。
他にも
アニメ専門動画配信ケータイサイト「フルアニMAX」
もやっています。
どうぞよろしくです。

「けいおん!!」 第22話 「受験!」を観ました。

純、憂、梓たちが、話しています。バレンタインのチョコの話です。梓は、純のお菓子の話で、バレンタインとすぐに気づきませんでした。純は、毎年、ジャズ研の先輩に贈ってるんですが、今年は、手作りにしてみようか?なんて考えているようです。梓は、軽音部の先輩にあげないのか?なんて心配してくれます。
梓は、実は、去年も渡そうと思ったんだけど、ムギが、ベルギー王室御用達のチョコをもらってきて、そんなチョコを食べたので、つい、忘れてしまい…。憂は、去年は、唯と隣のおばあちゃんの分を作ったようです。
ってことで、梓は、去年あげていないので、まだ、先輩にチョコを渡しておらず、そのまま卒業になってしまうのかも?

軽音部の3年生は、部室で試験勉強をしています。ムギは、そこそこ出来るようですが、律や唯は、結構、辛いようです。そんな律は、試験対策に六角くん7号を開発しているようです。それは、過去、いろんな鉛筆で試した結果、正解率70%という高得点をたたき出している最終兵器とも言うべきマシンのようです。
それで有頂天になっていたのですが、澪が、今度の受験先の選択肢は、9個あるという情報を提供したところ、あっさりと、律と唯は、諦めました。

そんな先輩たちを見ながら、チョコを渡すのも、なんだか恥ずかしいなぁと感じ始めました。

そんな梓に、澪たちが気づいて、自分たちに気を使わないで、練習していいんだよ。というと、練習をし始めました。
と、どうしても、律や唯は、エアドラム、エアギター状態になってしまいます。
…って、空気が壊れたので、ムギが、お茶を提案します。ってことで、律も唯も楽器を触ります。
梓は、気を使うのですが、逆に、部室を勉強場所に使わせてもらっているのは、こっちだと、澪。…としゃべっているうちに、触りたくなって、澪も楽器を触り始めます。お茶の用意をするムギ先輩も、本当は、バレンタインも近いので、チョコとか用意したいのだけれども、なんだか、忙しいご様子…。

…てな感じなので、梓も、今年は、チョコを作ろうかなと考えています。
で、先輩には、ばれないように、内緒で、チョコを作ろうと思っているようですね。でも、熱く語ってしまったため、クラスの周りには、しっかりバレテしまいました。

その日は、受験当日のようです。雪のようです。駅のホームに、ムギ、律、澪が集まっています。澪は、受験票の確認をしています。律が、昨日入れた場所に受験票が無く、青くなってバタバタ探します。と、すぐそこに、落ちていました。
そこに、唯が到着。唯は、頭を抱えています。なんか、頭の中から零れ落ちてしまいそうだと…。何かにつまずいて…ああぁ!こぼれたっ!
憂は、神社で、唯の試験のお参りをしています。

梓が、スーパーでバレンタイン用のチョコケーキの買出しにしていたら、純とも会いました。純が買出しを手伝ってくれるのですが、どうも、材料のチョイスが怪しい。雑すぎるっていうか、適当…。作ったことあるの?と確認したのですが、もちろん♪と言います…。
そこに、憂も登場。
梓も、バレンタインの買出しと聞いて買い物カゴの中を見て、憂が梓に、一緒に作らない?と提案します。横から純も「よろしくお願いします!」と。

3人で、バレンタインの用意をすることになりました。
憂の仕切りで、3人並んで、チョコと格闘です。そこに、唯が帰ってきました。試験も2教科だったらしく、早く終わったようです。
梓は、ここは、どうにかごまかして切り抜けないと…と思うのですが、憂は、チョコケーキを作っていることは、あっさり言います。いつも何かつくっているから、いつのか?って話をしなきゃ大丈夫っていうのが、妹の勘です。
材料に不足があったので、憂と梓が買出しに行くことになりました。
すぐ隣が、神社で、通るたびにお参りしているようです。朝もお参りしたのですが、また、お参りです。お姉ちゃんたちが、みんな同じ大学に受かって、無事卒業できますように…♪とお祈りしているようです。
梓も、それにならいます。


この先もずっと続くと思っていた日常は、あまりにも早く急展開していきます。だって、中学も高校も3年ですものね、3年。そして、ほとんどが、3年で、次のステージに繰り上がります。あ、大学へ行くときも、一旦、卒業は、しますしね。

だから、本当は、迷ったら駄目なのかもしれませんね。また今度、ってホントないんだから。だって、今回の梓の今回見送り…って、去年見送ったツケは、今回が、初めてで高校生としてラストチャンス!ってことになってしまいましたものね。
高校から次は、大きな人生の曲がり角で、選択肢によって、その後の居場所が大きく変わりますよね。ホント、どこに行くことになるかわからない。大学の次もそうですが…。
後が無いから、言い残したくないから、そのときの選択は、言って良かったとは思うのですが、ハチャメチャで、性急で、無理がある展開で…。なんだか、シッチャカメッチャカ。ま、それは、それで、青春ですかね。
悪い結果でも良いから、なんらかの結果を出したいですよね。
ま、大学に向けて、合否の判定を出したりしているので、麻痺していたかも知れません。合否の結果を出すことに喜びを感じていたかも知れません。山を登った感を感じて。
原付試験受かったとか、予備校の特待生受かったとか。なんでも受かれば嬉しかったかも。


##
やっぱり、テンポよく白黒つけないとな!…なんて思う「けいおん!」の電子コミックを配信している「アニコミMAX」は、コチラ!!

パケット定額サービスには入ってね。↓
店長のつぶやきから
無料立読み満載↑


##
あずにゃんが、かわいいですよね。だんだん、腹くくり始めましたね。






















##
では、また。

アニメの電子コミックの携帯サイト アニコミMAX
他 フルアニMAX…の店長 小川和紀


posted by アニコミMAX小川店長 at 19:45| 東京 ☁| Comment(0) | 新着情報、周辺情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月22日

「大魔神カノン」第21話 「佳音」を見ました…

どうも、アニコミMAX店長の小川和紀です。
アニメの電子コミックの携帯サイトアニコミMAXをやっています。
また、
アニメ専門動画配信ケータイサイト「フルアニMAX」
もやっています。
どうぞよろしくです。

「大魔神カノン」第21話 「佳音」を見ました…

カノンの父・ばろくの東京に出てきた目的は、再婚をするためでした。その求婚された女性も、ばろくの申し出を受け入れませんでした。
サワモリたちもキリノハと合流し、イケチヨたちも山形を目指します。
そんな中、タイヘイとブチンコは、カノンと一緒に東京に残っていました。

カノンの父の酔いっぷりは、娘に、「あかりに断られたんだ」ということは、バレバレでした。

あかりさんが通っている施設では、今日もコーラスの練習をしています。で、やっぱり、例の車椅子のさゆりさんが杖で入り口をたたいて、ご機嫌な斜めのようです。

カノンは、タイヘイに、施設のコーラスで一緒に歌ってもらえないか?とお願いに来ました。タイヘイは、二つ返事でOKです。
フクマツも、どうせ、言っても聞かないんだろうから、イパダダに関しては、サワモリたちに任せて、ここは、カノンのことに専念したほうが良いと言います。

サワモリたちはイパダダを追っています。タメキチは、疲れた、お腹空いたと騒いでいます。サワモリが足を止めると、ハシタカは、タメキチの元へ。サワモリ、キリノハがイパダダの話をします。
イパダダも百魂になると、人の魂式を使えるようになるということです。それを使って大きな集合体にも成れるようです。そうなると、大イパダダ…。

施設に着たカノン、事務所に聞くと、すでに、タイヘイが来ているらしい。で、もう、ホールでなにやらしているらしく…。カノンが行ってみると、そこは、信じられない光景。
おばあさんたちが、山本リンダの「どうにもとまらない」に合わせて、ダンスをしています。
さゆりさんが他のスタッフを困らせているようで、あかりさんは、さゆりさんの部屋を訪ねます。
さゆりさんは、あかりさんの腕をつかみました。何か話があるのでしょうか?

ホールでは、カノンがおばあさんたちに捕まります。彼女たちは、あかりさんへのプロポーズの件の話を聞きたいようです。で、結果が良くなかったのを聞いて、何が駄目だったのか?おばさんたちは、どうにもこうにもお節介焼きたいようです。

さゆりさんも落ち着いて、あかりさんが、事務所に戻ってきました。他のスタッフがさゆりさんのことを聞きます。さゆりさんは、昔、歌手だったようです。だけど、病気で、声帯を取らないといけなくなって歌えなくなったようです。だから、他人が歌うのが、気に入らないのは、わかるのですが、コーラスやりたい人たちは、それはそれで、楽しみにしているわけだし…。だから、その時間だけは、さゆりさんを外に連れ出すとか、ビデオを観ててもらおうとか、いろいろしているようです。
あかりさんが、ばたばたで食べそびれたお弁当を食べようと、しているところに、カノンが着ちゃいました。


今回は、泣いちゃいました。
結婚の申し出があり、それを受け入れられる瞬間があったからでしょうか?そのために、いろんな人が、応援したからでしょうか?
どちらかは、わかりませんが、うれしくって。

やっぱり、人って一人では生きていないんだなとつくづく感じますね。いろんな人と繋がりあって、助け合って、生きている。
だから、何か変化を起こそうとすると、それは、みんなが変化を起こすことにつながる。そんなことを調整しながら、変化を起こしていくことになる。
非常に面倒くさいことではある。でも、何かが起こったとき、周りの関係している人たちが、その人たちなりに、動いてくれる。そんなこともある。つながっている人なりの、何かが在って、それで気がついてくれる。
あいつは、こんなやつじゃない。どうしたんだろう?
頼まれたのは、これでよかったっけ?
この前、こんなのあったけど、どうよ?

ちょっとしたコミュニケで気がついてくれる人も居る。
ありがたい話である。

それは、やはり、お互い相手を大切に思っているからかな?思っていると、何を感じたかが、見えることがある。先回りして、用意することが出来る…。そんなことですかね?

今回、この作品で、頂いた言葉は、やっぱり、相手を思いやることかな?


##
…でも、ホント、めでたい話は、涙が出ます…と、感じる「大魔神 カノン」…のコミカライズは、「アニコミMAX」でも、配信中♪

パケット定額サービスには入ってね。↓
店長のつぶやきから
無料立読み満載↑



















##
では、また。

アニメの電子コミックの携帯サイト アニコミMAX
他  フルアニMAX…の店長 小川和紀


posted by アニコミMAX小川店長 at 18:12| 東京 ☀| Comment(0) | 新着情報、周辺情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月21日

「大哺乳類展 海のなかまたち:国立科学博物館」に行ってきました。

どうも、アニコミMAX店長の小川和紀です。
アニメの電子コミックの携帯サイトアニコミMAXをやっています。
他にも
アニメ専門動画配信ケータイサイト「フルアニMAX」
もやっています。
どうぞよろしくです。

「大哺乳類展 海のなかまたち:国立科学博物館」に行ってきました。
要は、今年が、「国際生物多様性年」ってことで、前回の「大哺乳類展 陸のなかまたち」に続き、「〜海のなかまたち」です。

娘には、前からリクエストされていて、夏休みが終わる頃には、「大哺乳類展 海のなかまたち」行くんだよね?と確認されました。そういう意味では、パパの夏休みの宿題は、終わっていません。
「ドラえもんの科学みらい展」も、もう一回行く約束してるんですよね…。

そんな、9月18日土曜日に、国立科学博物館に行くことにしました。

ゆっくり目に起きて、近所のマックでテイクアウトして、運河沿いのボードウォークでランチをして…。今、クォーターパウンダーチーズが200円なんですよ。初め、マックポーク頼んでいて、慌てて訂正しました。そして、ジューシーチキンセレクトと一緒に頂きます

20100921mac.JPG


娘は、食ってるそばから遊びに行っちゃうので、時々、呼び戻しながら食べて…。そして、上野に向かうことに。(出たゴミは、一度、うちのマンションのごみ収集場に捨てに戻りました。)

有楽町線で、娘の隣に、おじいちゃんが座ったのですが、娘の顔と、私の顔を交互に見るんですね。娘が何をしているのかが凄く気になるようで、娘が持っているiPhone3G(音楽聴きながら写真を見ているようです。)の画面を覗き込みます。そして、やはり、交互に私と娘の顔を見ます。…ちょっと、おかしかった。

上野公園に着くと、まずは、チョコバナナってのが、彼女の定番なのですが、今回は、カキ氷。シロップかけ放題に惹かれたようです。

で、それを食ってから、国立科学博物館へ。思ったより並んでいない…。もうそろそろ終わるから?まだまだ残暑厳しいから?夏休みに来ちゃったから?

入ってみると、前回に引き続き、「飛び出せ!科学くん」とコラボっているようで、その音声ガイドがありました。娘は、それを聞きながら、会場を進みます。…娘は、その情報を独占して、ほとんど、喋りません。うーん、自慢げに説明してくれると、パパも楽しいのに…。
パパは、パネルを見ながら、見学していきます。

20100921map.JPG


こういう行為は、今まで、当たり前と思っていたことを、棚卸して整理する作業なので、楽しいですよね。

最初は、哺乳類って何よ。ってコーナです。

当たり前ですが、哺乳類は、「頬」を持っているんですね。ってのは、哺乳類なので、乳を飲まなくてはいけないので、哺乳類は、吸う頬を持つことになったので、表情も豊かになっているんですね…。

次に、海に戻っていった哺乳類って?コーナ。

そもそも、哺乳類は、陸上で発生したんですよね。キット。なので、クジラやイルカ、ジュゴンやアシカなどは、その後、海の中に入っていったわけですよね。

カバとクジラの曲がり角…。クジラは、その辺りからの進化になるようです。
ジュゴン、マナティは、海牛類って呼ばれていますが、それは、象あたりから分岐していったようですね。
鰭脚類ってのは、イタチやアナグマあたりから分岐していったようです。
…ま、それぞれ、なんとなく理解できそうです。

次に、イルカとかクジラのコーナ。ココが一番広いスペースです。

笑ったのが、イルカとクジラの違い。これって、大きさなんですって。だからイルカの大きい種類は、そのうち、クジラの小さい種類になるんだと思います。あ、決して、イルカが、大きくなってクジラになるって訳ではないと思います。

歯の発達によって、ハクジラとヒゲクジラに大きく二つに分けられるのですが、そのハクジラの歯もいろんな発達の仕方をしているようで…。スナメリの歯は、食い物が海草だからでしょうか?歯の先が、丸いんですね。
イッカクってのも居ます。おがわは、はじめアザラシか何かの仲間かと思っていたのですが、クジライルカの仲間のようです。で、問題の角は、左上あごの歯…だそうで…。

20100921ikkaku.JPG


きれいですよね。おがわは、イッカク大好きですが、ぼくが好きなイッカクは、一鶴です。
ま、今日は、帰りに、世界の山ちゃんに手羽先を食べに行く予定なので、とりあえず、それまで我慢我慢。同音異義語で切なくなるのも、如何なものかと…。

そこの大きなスペースには、地球上で一番でかい生物!シロナガスクジラの骨格標本がどどん!と展示されているのです!

20100921kujira1.JPG


でかいです。ひたすらでかいです。向こうに見える人の頭を見ると予想つくのかもしれませんね。

正面から見ると、こんな感じ。

20100921kujira2.JPG


流線型がきれいですよね。

20100921kujira3.JPG


なんで、こんなにきれいなんだろう。大きくなって口からドガーンとオキアミを海水ごと口の中に入れて、で、オキアミを食べるんですよね。一度に口に入れる水の量が、約70トンって書いていましたよ。相当でかいんだろうなぁと思いますが、よく考えると小学校のプールって25mプールでした?シロナガスクジラが、30mとかなので、あのプールの水を一飲みとかしちゃうわけではないみたいですね…。

なんてことを想像しながら、見ていました。

マッコウクジラのでっかい体の1/3を占める頭ですが、あれが、ソナーの役割をしているのは、知らなかったです。レーダーですね。あれで、深海の暗闇の中でもダイオウイカが動いているのを見て、ドカンと体当たりのようにガッツリ咥えちゃうようです。深海まで行くので、潜水時間も1時間以上…。まさに死闘ですよね。

次のコーナでは、その他の哺乳類が紹介されていました。

アシカとアザラシの見分けかた…なんとなくしか見分けていませんでした。アシカは、立ったりできます。アザラシは、ごろんと転がったまま。そう、後ろ足が大いに違います。アザラシは、足が退化してて、ひれ状態ですよね。でも、アシカは、足として使える♪

##
さて、見学が終わると、お土産コーナに行きます。娘が、小遣いを持ってきていたので、それで、あざらしのぬいぐるみを買いました。
で、私が、嫁さんと娘に、ペンギンとアザラシのコースター。普段、私は、自宅に居ない人なので、毎日、使うものをプレゼント。

##
で、いよいよ、晩御飯は、「世界の山ちゃん」です。
この手の展示会などは、いつも、私と娘の二人で行くのですが、大抵帰りは、私が好きそうな居酒屋さんで晩御飯を食す!と言うのが定番です。
前回は、帰りに、有楽町で骨付き鳥を食べたのですが、今回は、手羽先を久々に食べたいというので、「世界の山ちゃん」ご指名が入りました。

帰り道で、帰りも楽ってことで、日比谷線沿線の秋葉原の「世界の山ちゃん秋葉原昭和通り店」に寄りました。日比谷線、進行方向一番前の出口を出たら、橋を渡ったらすぐそこです。

ここは、タッチパネルで注文します。
お約束の「名古屋名物 幻の手羽先」ですが、「激辛」ってのが、あったので、試してみることに。娘も、ちょっとおねーさんになったってことで、「こしょう少な目」にチャレンジ。

20100921yama1.JPG


この写真は、「激辛」
胡椒で真っ白です(笑)。

20100921yama2.JPG


その後、普通のものも頼みました。よかった、「激辛二人前」って頼まないで…。こっちは、安心して食べれる。

20100921yama3.JPG


娘も、「こしょう少な目」の後に、「こしょう無し」を頼みました。すると、バクバク勢いが戻って、手羽先は、完食。

20100921yama4.JPG


##
一緒に、鳥を食いに行けて、お父さんは、うれしいよ。


##
ま、いつまで、一緒に遊びに行くのか?わかりませんが、博物館など、科学モノと焼き鳥は、パパ担当ってことで、よろしく♪












##
では、また。

アニメの電子コミックの携帯サイト アニコミMAX
他 フルアニMAX…の店長 小川和紀


posted by アニコミMAX小川店長 at 18:51| 東京 ☀| Comment(0) | 新着情報、周辺情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月16日

「あそびにいくヨ!」第8話「けっとうしました」を観ました…

どうも、アニコミMAX店長の小川和紀です。
アニメの電子コミックの携帯サイトアニコミMAXをやっています。
他にも
アニメ専門動画配信ケータイサイト「フルアニMAX」
もやっています。
どうぞよろしくです。

「あそびにいくヨ!」第8話「けっとうしました」を観ました。

OPは、「刑事スタスキー&ハッチ」ですか?

さいたまスーパーアリーナからのオープニング…って、いつか見たことがある始まり方。
ステージでは、アシストロイドが、居ます。会場は、興奮の坩堝です。

というのも、例の「猫耳教団」の教祖・アントニアは、会場には、着ておらず、衛星通信で遠隔地からの参加のようです。ステージの大型スクリーンで映像が流れます。
「猫耳教団」子猫の足裏は、エリスをお迎えすることに成功したが、エリスは、条件を出したといいます。それは、ネコ耳をあがめることを止め、共に生きようと言ったと。我々は、夢を追い求めることをやめ、現実を生きるのだと。
そしてスクリーンにエリスが現れます。そういうことですので、仲良くしてください♪と。
会場は、うにゃー!うにゃー!と大変な状態になります。
狙いは、宗教色を消していき、ファンクラブのレベルに持っていくことのようです。

アオイは、擬似反物質弾の説明をします。相手を傷つけずに、無力化するので、真奈美や騎央にも勧めます。
騎央に、撃ち方を教えます。
それを、真奈美は、よしよしと、後ろから観ています。

騎央ん家のリビングで、エリスといちかが話をしています。霊子力の話をしています。いちか曰く、「十分に発達した科学は、魔法と区別がつかない。どっちも宇宙の原理だから根っこは、同じなの」と。

真奈美が帰ってきました。
今は、アオイが特訓中だそうで。それは、エリスにも意外に聞こえるのですが、アオイも苦手な分野があって…それは、特訓が必要なわけで…。…真奈美は、応援するも、ちょっと複雑な気持ちのようです。

ドギーシュアも、前回の戦いのときのアオイの非科学的な能力を調べています。
ま、ジェンスにしてみれば、もともと、戦力としては、一度失っているものであるので新たな損害を受けた話ではない。逆に情報を仕入れてきているので、何も不愉快なことではない。と言い切ります。

今度は、アオイは、騎央に武術を教えています。アオイに簡単に投げられています。…少し休憩にします。
アオイは、騎央がなぜ、強くなりたいと思い始めたのか?を問います。やっぱり、男なんだから、イザというときに、皆を守れないと…と思うわけです。
後は、「とりえ」?は、一つくらい持っておきたいと思うようです。エリスは、宇宙を旅してて、今は地球の大使館員だし。真奈美は、基地内従業員目指していたし、CIAだったけど。双葉さんも秘密で危険な仕事していたし…。
みんな何か大きな仕事や、やりたい思いを持ってて…。でも、自分は、まだ何も持っていない。
アオイは、持たなくて良いものなら、無理に持つ必要はないわよと。
…アオイは、その力のせいで、家族に捨てられたのだから…という言葉は、飲み込みます。
騎央、アオイは、やっと、真奈美が、居ないことに気が付きます。

リビングに戻ったら、真奈美がぜんざい食べてて、アオイは、ちょっと怒っています。
アオイは、擬似反物質弾の拳銃でゼンザイを撃ちます。そこから、ちょっとした戦闘モードに入ります。
擬似反物質弾だということをいいことに、至近距離から打ち合っています。…ってことで、着ているものがほとんどない状態…。
なんてところに、騎央が帰ってきました。
で、お約束のように、騎央は、真奈美にやられてしまいます。

ジェンスが依頼していたモノが、届いたようです。



悩ましいですよね。男と女ですものね。そこで、女性同士が旨くまとまるのも難しい話しです。そもそも、知り合ったのは、騎央軸だし。このようにぶつかる運命ではあったんでしょうね。

それにしても、この騎央とエリスの効果は、面白いですね。対立をコトゴトク壊していっています。冒頭のネコ耳教団の宗教色を無くしていく工作。こうしていけば、ネコ耳教団の存在意義すら怪しくなります。
で、一番最後の騎央のそれ。ごっそり持っていきました。

でも、このタイプ。こっぴどく怒られるタイプですよね。
みんなってないはずだから。意識無くハーレムを作っているこの二人の磁力は、ものすごいなぁと感じます。

こうやって、どんどん対立するものを、解体していくのですかね。それは、どんどん皆がフラットになっていくことです。
そう、丁度、擬似反物質弾のように、お互いを無力化していくことになります。
それが、無くなったところで、どう組むか?どう利用しあうか?

なんだか、新しい価値観を持たなくてはいけないような気がします。
あ、地球人とネコ耳宇宙人が同居している時点で、それは、それですね。
そんな新しい価値観。
これは、今の僕らにも求められていることかもしれません。


##
偶然ですが、なんとなく共通点がある話が、今日ありました。

今朝、JINSってメガネの新製品のサンプル配布に参加してきました。レンズ込みで10gという、とんでもない軽さのメガネです。しかも、弾力性のあるフレームは、多少曲げても折れません。そのコピーで使っている言葉で、「軽い男になります」とか「軽い女になります」ってキーワードがありました。
一見、尻軽男?なんて否定的なイメージもあるのですが、メガネを付けてみると、感じます。今までの常識ではないメガネです。文字通り軽いし。新しい流れを感じ、そして、それに乗れというメッセージなんだなと感じました。
新しい価値観を感じる。それに乗る…。
先を見通すには、目の前を認識するってのは、大事なんだと、感じました。

20100916jins.JPG


##
そんな、腰を軽く流れに乗りたいな…と感じる「あそびにいくヨ!」の電子コミックを配信している「アニコミMAX」は、コチラ!!

パケット定額サービスには入ってね。↓
店長のつぶやきから
無料立読み満載↑


##
明日、夏休みの消化をもう一日しようかなと思っています。後、上記のサンプルでもらったメガネのレンズ交換をしてこようと思います。おがわもこれから「軽い男」になります。

















##
では、また。

アニメの電子コミックの携帯サイト アニコミMAX
他 フルアニMAX…の店長 小川和紀


posted by アニコミMAX小川店長 at 16:35| 東京 ☁| Comment(0) | 新着情報、周辺情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月15日

「けいおん!!」 第21話 「卒業アルバム!」を観ました…

どうも、アニコミMAX店長の小川和紀です。
アニメの電子コミックの携帯サイトアニコミMAXをやっています。
他にも
アニメ専門動画配信ケータイサイト「フルアニMAX」
もやっています。
どうぞよろしくです。

「けいおん!!」 第21話 「卒業アルバム!」を観ました。

唯は、髪型を気にしています。どんな髪型にしようか、悩んでいます。前髪をいじってみたり、くしゃくしゃに乱してみたり、毛先を巻いてみたり、横向いてみたり、表情を変えてみたり…。
そこに、憂が入ってきました。
唯は、どうしよう…と困り果てています。

下駄箱で憂は、梓に会います。梓の髪型が変わっています。イメチェン?聞いてみると、朝、ぼーっとしてて、結ぶのを忘れていたようです。下駄箱でも、履き替えた上履き…手に持ったまま教室に向かおうとしています…。相当、ぼーっとしています。

教室で、梓は、憂に髪をしばってもらっています。学祭が終わって、どうも、腑抜けてしまっているようです。憂も、髪型変えてみようかなと、唯の髪形してみます。梓が驚きます。あずにゃぁんと憂は、梓に抱きつきます。
そこに、純が着ました。憂の顔を見て、驚きます。平沢姉妹似すぎ。

ってか、何で、憂が唯の格好なのか?の話をします。朝、唯が髪型を悩んでいたので、憂が、モデルになって、いろいろ髪型を研究していたようです。で、そのまま学校に来たというわけ。
というのも、今日は、卒業アルバムの個人写真を撮る日なんだそうで。

で、唯は、ヘアピン無しで、学校にきています。どうも、いつもしているヘアピンが無いと、いつもピタっとしているところが、していないので、変な感じなんだそうで。
和に話すと、出てきたのは、書類を留めるようなクリップ。
そんなやり取りをしていたら、ムギがゴムとブラシを持って、留めようか?と来ます。唯は、お願いしちゃいます。
ムギは、ブラッシングして、後ろでしばろうとしています。でも、無理だったので、前髪もまとめて、後頭部でしばってみますが、唯は、おでこ禁止だったようです。
次に、左右二箇所でしばってみます。
って、そのタイミングで、憂が、いつものヘアピンを持ってきました。これで、いつもの髪型が出来ます。

放課後のグラウンド…。3年生が引退して、何だか寂しい感じです。
あ、じゃ、軽音部も3年生たち居ないのか?梓は、部室に走っていきます。もう居ないのか?
そこには、いつもの面々が居ました。梓が息を切らせて部室に入ってきたので、逆にどうした?と言われるほど、いつもの風景でした。

息を切らせてきたので、律や唯は、いろいろ勘ぐります。ムギのおやつを早く食べたかった?文化祭が終わったら、3年生は来ないと思った?とか?
梓が、何で居るんですか?と聞くと、落ち着くし、空調完備、おやつも出てくるし、来ない理由がないわよ♪とさわちゃん先生も来ています。…実は、受験勉強をそこでしようか?と来たようです。
梓は、律や唯が、遊ばずに受験勉強が出来るのか?が心配です。
さわちゃん先生も、進路希望が、まだ出ていないので、進路は、決めてるのか?も心配しています。澪は、推薦入試を受験する話が出ていて、その書類を出すようにとさわちゃん先生に言われています。
ムギは、私立の女子大を受験することにしているようです。じゃ、律もそこ受けような…。唯も私も!と乗ります。そこは、さわちゃん先生にちゃんと考えて決めろと言われちゃいます。澪の書類は、明日までに出してと言って、さわちゃん先生は、部室を離れます。

唯は、来年の入試よりも、明後日の卒業アルバムの個人写真の方が、重要な問題のようです。髪型をどうしようか迷っています。唯は、ヘアカタログを広げて話します。そこは、「ちゃんと勉強しないと落ちますよ」と、あずにゃんにズバッと突っ込まれます。
やっぱり、唯は、どんな髪型にするのか?こだわりたいようで…。急遽、明日デジカメ持ってきて、試し撮りしてみるか?という話になりました。



卒業アルバムも、大変ですよね。
小学校の時、アルバムは無くて、集合写真があったのですが、その日は、朝、髪をといて、分けて、乱れないようにヘアピンで留めて学校に行ったのを覚えていますね。
中学もアルバムは無かったかな?アルバムは、高校の時にありました。なんだか、大きな目でカメラを睨んでいる顔がそこにはありました(笑)

大学の時は、写真部に在籍してて、入学時の集合写真ってのは、写真部の部費稼ぎの場でした。撮影し、写真を焼く…。
で、卒業アルバム…。これは、バイトで、撮影スタッフを3年生、4年生の時に撮影していました。
4年生になると、クラスってより、研究室単位でみんな活動します。したがって、研究室の集合写真と同じタイミングで、個人写真を撮影していきます。それのスケジューリング、撮影。また、サークルや部活単位の集合写真なども撮っていきます。後は、学校行事の撮影。校舎などの写真…。
当時、新設の学部が出来て、その卒業生も撮影していたのですが、一年生の時は、全寮制で北海道になります。ッてことで、バイトで出張して撮影してきました。面白い話で、普段の校舎では、撮影して歩くのは、当たり前に行っていたのですが、北海道の校舎で撮影したのは、初めてだったのですが、その当たり前が通用しませんでした。当たり前といえば、当たり前なのですが、不審者ということで、学生課に捕まりました。で、本部に問い合わせしてもらって、本人確認をしてもらって、釈放。それからは、限られた時間での撮影に非常に協力的になっていただき、ありがたかったです。
一年そこに居ると、羊蹄山からの景色は、思い出の風景になるから、そこも撮影しよう!と車で送ってもらったり…。ココを撮れ、あそこを撮れといろいろ指示を頂いて、助かりました。
何よりも驚いたのは、学食のカニカレー。カツカレーと思って頼んだそれは、カニの剥き身をご飯の上に載せて、その上にカレーをかけている北海道ならではの一品。あれ以降、カニカレーは、食べたことがありません。

その卒業アルバムの業者さんは、いくつかの大学のアルバムを受注していたので、自分の大学ではない地方の大学の学園祭の写真を撮りに行ったりもしていました。
写真のバイトは、他にもありましたね。ローカルの写真館のバイトで、船橋の中学の春の新学期のクラス単位の集合写真の撮影助手、生徒手帳の写真撮影など…。
なんか、そんな口コミで、いろいろ撮影のバイトをさせてもらっていました。


##
銀塩カメラは、撮影後もイロイロお金がかかるので、結婚後、しばらく遠のいています。
最近のデジカメは、結構いい感じで撮れるようなので、また創作活動始めても良いかなぁなんて思ったり…。
食べ物の写真ばかりじゃなくて…ね。


##
写真また撮ろうかな♪…なんて思う「けいおん!」の電子コミックを配信している「アニコミMAX」は、コチラ!!

パケット定額サービスには入ってね。↓
店長のつぶやきから
無料立読み満載↑


##
なんか、徐々に終わりに向かっていっているんだなと、少し寂しくなりますね。























##
では、また。

アニメの電子コミックの携帯サイト アニコミMAX
他 フルアニMAX…の店長 小川和紀


posted by アニコミMAX小川店長 at 20:58| 東京 ☁| Comment(0) | 新着情報、周辺情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月14日

「大魔神カノン」第20話 「枯音」を見ました…

どうも、アニコミMAX店長の小川和紀です。
アニメの電子コミックの携帯サイトアニコミMAXをやっています。
また、
アニメ専門動画配信ケータイサイト「フルアニMAX」
もやっています。
どうぞよろしくです。

「大魔神カノン」第20話 「枯音」を見ました…

カノンは、徐々に、昔の周りに向けてのポジティブな勢いは、取り戻しつつあったようです。とは言うものの、全てがうまくいくわけではないようですが…。

タイヘイは、それを隣でサポートしています。
カノンもタイヘイもこの間、ブジンサマに言われた「その詩は、嘘だ」という言葉が、二人とも引っかかっています。でも、カノンは、その意味が、解りかけているような気がしています。それは、今の自分の気持ちを歌っていないから?今の思いを詩にすればいいのではないかと考えています。奇麗事だけでなく本音を出すって意味で。
そんな風にカノンは、理解し始めているようです。タイヘイは、そうやってカノンが自分なりに租借し始めているのを横で見守っているようです。

カノンの自宅。父親の同居も始まってしばらく経ちました。カノンは、いつまでココにいるつもりだと、父親に尋ねます。…本来の東京に来た目的を聞きたいわけです。
父親は、聞いて驚いても知らないぞ…などと、もったいぶります。
子供じゃないからと、カノンは、返します。
父親は、喋り始めます。好きな人が出来たと。新しいお母さんが出来ても、カノンも子供じゃないから驚かないだろ?と返しますが、そりゃカノンは、驚きます。どこのどんな人だ?と聞くのですが、まだ、これから申し込むようで、まだ、いえるような間柄ではないようで…。
…再婚?とか当たり前の質問を、一生懸命してくるあたり、カノンは、エラク驚いているようですね。

老人介護の施設では、あかりさんが、みんなと楽しく歌を歌っています。
そこに、車椅子のさゆりさんが、現れるのですが、木槌で、入り口のところを叩いて、歌を止めるだけで、参加しようとはしません。

カノンは、昨日の父親の打ち明け話の件をバイト先のつばさに話します。カノンにとっては、父親は、父親でしかなかったし、その父親が、母親でない人を好きになって…。なんて考えたこともなかったので…。

お店に、おじいさんを探す方が来ました。そのアタリを徘徊しているかもしれないとのこと。首からポラロイドカメラを提げているようです。
で、カノンは、そのおじいさんを見つけました。で、老人介護の施設におじいさんを送り届けます。あかりさんに引き渡して、少し話をします。その施設自体が、山形の施設ということで、話に花が咲きます。
そこに、施設のおばさんが、着ます。車椅子の調子が悪いとか。あかりさんが対応するのですが、カノンも、おばあさんが使っていたので、多少は、解ります。一緒に手伝います。むしろ、カノンが直している?
さっきのおじいちゃんを車を出して探しているのがやっと帰ってきました。…ってか、そこに、帰って来たのは、カノンの父親でした。


イヤイヤ、急展開です。
これは、カノンも困っちゃいますよね。
また、カノンとブジンサマの因果も感じられてきて、そろそろカノンも自覚してくるのでしょうか?

なかなかイザというところで、はっきり出来ていないのが、カノンの父親とあかりさんですよね。そのアタリは、今後、どうなるのかが楽しみです。

思ったとおりには、なかなか話は進まないもので、カノンの父親は、その日、酒を飲んで帰宅してきます。グダグダです。思い切ったんですけどね。
カノンは、そんなヘベロケになった父親をそれまで、見たことがなかったというらしいですが、それは、偉いですね。おがわは、よく酔っ払って、正常な判断が出来ずに、迷子になったり、表で寝ていたりしています。
それで、落し物をしてきたりとか、12時ごろにお店を出たのに、家に着いたのが、朝6時前だったりとか…。とんでもない深夜徘徊癖…って言っても、半分以上、寝ているのですが…。
でも、玄関まで帰って来たときに、玄関で寝てしまうほどの酔っ払いぶりは無いかな…。と言っても、表で寝ているんですけどね。
これから冬に向けて、流石に、それでは、風邪を引いてしまうので、表で寝ないようにしないと…と考えています。(当たり前の話なんですが…)
飲んでる途中で、ウーロン茶に切り替えるとか?でも、そんな酔っ払ってきたら切り替える…なんて器用なことが出来ないから、ヘベロケになっているわけで…。
そんな定性的な条件ではなくて定量的な条件で飲むことをコントロールしなくては?と考えています。
例えば、飲み始めて3時間経ったら、ウーロン茶にするとか?ハイボール6杯飲んだら、ウーロン茶に切り替えるとか…?

丁度、今日も、飲みに行く話しになっています。

試しに、自己セーブしてみようかな?

ダメかな…


##
…なんて、やっぱり、一度きりの人生、踏み込まないとね!?…と、感じる「大魔神 カノン」…のコミカライズは、「アニコミMAX」でも、配信中♪

パケット定額サービスには入ってね。↓
店長のつぶやきから
無料立読み満載↑



















##
では、また。

アニメの電子コミックの携帯サイト アニコミMAX
他  フルアニMAX…の店長 小川和紀


posted by アニコミMAX小川店長 at 19:05| 東京 ☁| Comment(0) | 新着情報、周辺情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。