2008年07月01日

一足お先に♪鉄腕バーディーDECODEプレミア・イベント観てきました♪

どうも、アニコミMAX店長の小川和紀です。
アニメの電子コミックの携帯サイトアニコミMAXをやっています。
他にも
アニメ専門着うたケータイサイト「アニうたMAX」、
アニメ専門着うたフルケータイサイト「アニうたMAXフル」、
アニメ専門動画配信ケータイサイト「フルアニMAX」
の3サイトも立て続けにオープンしています。
どうぞよろしくです。

実は、昨日「鉄腕バーディーDECODEプレミア・イベント」に参加してきました♪

今年のTAF(東京国際アニメフェア)あたりから情報が小出しにされていたね。ゆうきまさみさん原作のコミックが、アニメ化です。
おがわは、ゆうきまさみさんの作品が好きです。少年サンデーに連載されていた「究極超人あ〜る」で、そのぶっ飛んだギャグと、ちょっぴりSF?と言っても、とってもリアルな…。そんな設定に、すっかりハマってしまいました。
なんていうんでしょうね。SFでギャグって難しいじゃないですか?それを思いっきり現実社会で、ちょっとだけズラスだけで、十分、それになる…。
後半は、ちょっと社会派?モノになりかけていましたけどね…。

「機動警察パトレイバー」が、その後、連載されましたが、すっかり社会派になりましたよね。等身大の警察が主人公、現場で戦う正義の味方…。知らない方は、乱暴な言い方をすれば、「踊る大走査線」みたいなもの…と思ってもらってもいいです。「機動警察パトレイバー the Movie」と「踊る〜」の「交渉人 真下正義」のストーリーの類似性に関しては、有名な話ですよね♪
おがわは、劇場版のパトレイバーから押井守監督を知り、大人の(?)アニメにハマってしまいました。で、「攻殻機動隊」を観て…、で、それに影響されたという事で、「MATRIX」シリーズを観、「攻殻〜」の原作者・士郎正宗ってことで、「アップルシード」や「EX MACHINA」を観たり…。アップルシードの曽利文彦監督の「ベクシル 2077日本鎖国」を観たり…。

今年は、忙しいですよね。
押井さんも、「スカイ・クロラ The Sky Crawlers」を出してきて、しかも、「攻殻機動隊2.0」も。
士郎正宗さんは、「RD 潜脳調査室」を。
で、ゆうきまさみさんが、「鉄腕バーディーDECODE」ですね♪

で、そのプレミア・イベントです。1話の本編が見れるという…。しかも、メインキャストの声優陣もゲストとして出演するという…♪
バーディー・シフォン=アルティラ役の千葉紗子さん
千川つとむ役の入野自由さん
早宮夏美役の伊藤かな恵さん
室戸圭介役の藤原啓治さん
が出演するということ。

080701バーディーイベント会場


会場に入りましたら思ったより、舞台近いです。おがわの席は、パイプイス3列目♪
ドキドキしながら開演時間を待ちます。

イベントが始まって、ゲストがステージに案内されると…会場騒然っ!
「さっえちゃぁあああん!」…めっちゃ人気です。
後、藤原さんが、いい味出していますねぇ。間がなんとも言えないです。何かを期待させる「間」で、笑わせてくれます。

で、大きなスクリーンで1話を観るのですが、藤原さん曰く「一列目の方は、吐いてしまうほどのアクションだ」と言います(笑)。
吐きたくは無いけど…楽しみですね♪

で、実際、始まってみると…。確かに、そのスピード感…いい感じです。最初は、宇宙空間での戦闘シーンから始まるのですが、流れるような動きがいい感じです。で、バーディーのイタズラに強いところも…これは、ズキュンです。

なんでしょうね。おがわは、強い女の子って好きです。古くは、キューティーハニー、ダーティーペア、攻殻機動隊、アップルシード…と描写は、お色気からサイバーチックに成ってきてはいますが、どこかでそういう存在を欲しているようですね。
そういや、「ウィッチブレイド」もその路線かも知れませんね。アレは、母親でもありますが…。「ロザリオとバンパイア」も「かのこん」もそうなのかなぁ…。
どこかでツンデレに結び付けたいのかも知れませんね…。

バーディー・シフォンは、犯罪者を追って地球に潜伏しているのですが、潜伏の仕方が良いです。「天然宇宙人キャラ」で目下ブレイク中のグラビアアイドル「有田しおん」♪
やる気あるんだか、無いんだか?のダラダラして、みてると、イラッときてしまう不思議キャラ…。「有田しおんでありますぅ〜」とか言います。

でも、バーディーの時は、めっちゃかっちょ良いです♪そのギャップに萌えです♪
夜の東京を犯罪者を追うバーディーの追い方…カッコよいです。しなやかな流れるような動き、綺麗です。
その、犯罪者を追い詰めた時に、悲劇は、起こります。

ウルトラマンですね。

その少年は、言います。

「これは、悪夢の続きか?ボクは、綺麗なお姉さんになっていた…」

さて、1話の上映後、再度、声優さんたちと、プロデューサの方も出てきてトークショーになりました。その中のいくつかのエピソードを、今回の会場に来れなかった方にも、ご紹介♪(ネタバレ結構!大いに宣伝してください♪との事だったので…の割には、ストーリー多くを書いていませんが…)

「有田しおん」って設定にも在るように、今回は、原作コミックとは違うオリジナルストーリーになっています。正味、二心一体という設定は、持ち込んでいるが、オリジナルになっています。それには、ちゃんと理由があって、18巻、19巻にもなっているコミックをアニメ12話や13話で表現しようとすると、ダイジェストにしかならない、そうなると、コミック知らない人から見ると内容が薄い作品になってしまう…そこを危惧して、オリジナルストーリーとしたようです。

また、このDECODEって何さ?って話ですが、これって、解読とかの意味があります。
当初、「α」とか「β」とかいろいろ言われていました。その中で「パンチ」や「アタック」は、即却下だったらしいですが…。ゆうきまさみ先生からの助言だったようです。このDECODEって。
要は、原作の世界観は、残しつつも、新解釈で「鉄腕バーディー」を作っていく…。そんな意味なんですね。新しいバーディーを解読する…ってね。

そんなトークショーが盛り上がっている時に、新しいゲストが♪
木口亜矢さんが、バーディーのコスプレで登場です!
これは、びっくりでした。あの衣装を実際に作るとは…。
TAFのそれは、ちょっとなんちゃってでしたが、今回は、凄いですね。
案外、いやらしくも無く…。
でも、それはイベント用で、何かあったら困るので…といったバージョンらしく、7月3日発売のヤングサンデー31号の表紙、グラビアを飾る木口亜矢さんの衣装は、もう少し素晴らしいものになっているとか…。ヤバイデスね。

その後、くじ引き大会があり、商品は「鉄腕バーディーDECODE特別キラキラポスター限定50枚ものにメインキャストのサイン入り5枚」でした。おがわは、外れたのですが…。
でも、帰りに、ケータイクリーナー付きストラップと、キラキラじゃないポスターを頂きました♪

080701バーディーグッズ


エンターテイメント性の高い作品になっているようです。ってか、それを目指している節は、十分に感じられます。構図がそうですし、コマ割りもそうです。アクションシーンでは、逆に細かく描写したり、そんなバーディーならではの…、スピーディーだけれども女性ならではの、柔らかい動き。バーディの無茶苦茶な強さと有田しおんのグダグダのイラッと感とのギャップ…。そんな個性溢れる登場人物たち。

設定、第1話を見るだけで、特別な想いを持ってしまった作品です。

今週末から放送開始ですよね。
楽しみです♪

##
「究極超人あ〜る」「機動警察パトレイバー」のケータイコミックは、アニコミMAXで好評配信中です。

パケット定額サービスには入ってね。↓
店長のつぶやきから
無料立読み満載↑


##
今週は、漫画雑誌を買わないおがわが、ヤンサン買っちゃうかも♪



では、また。

アニメの電子コミックの携帯サイト アニコミMAX
他 アニうたMAX アニうたMAXフル フルアニMAX
…の店長 小川和紀


posted by アニコミMAX小川店長 at 16:15| 東京 🌁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。