2008年08月08日

夏目友人帳 第二話 「露神の祠」をみて…

どうも、アニコミMAX店長の小川和紀です。
アニメの電子コミックの携帯サイトアニコミMAXをやっています。
他にも
アニメ専門着うたケータイサイト「アニうたMAX」、
アニメ専門着うたフルケータイサイト「アニうたMAXフル」、
アニメ専門動画配信ケータイサイト「フルアニMAX」
の3サイトも立て続けにオープンしています。
どうぞよろしくです。

夏目友人帳 第二話 「露神の祠」をみました。

笹田の発案で旧校舎で肝試しをやることになり、参加者を募ってて、夏目も声をかけられる。そうしているうちにもクラスメイトの後ろに妖が見えている夏目…肝試しは不要ですね。妖が向かってくるので、夏目は、いそいそとその場を立ち去る。追いかけていった妖がクラスメイト達のカラダをすり抜けていくと…寒気は、するみたいですね。
学校の帰り道、その妖に襲われますが、ニャンコ先生が助けてくれます。お礼は、七辻屋の饅頭がいいようです。

夏目を訪ねてくる妖には、2種類いるようです。1つは、友人帳を手に入れて、他の妖怪を子分にしようと企んでいるもの。もう1つは、名前を返してもらいに来るもの…。
名前を返すとひどく疲れるようです。…そうやって、夏目は、妖怪たちに名前を返していった…。

晩御飯を食べていると…ニャンコ先生は、おばさんたちにもみえているようで、晩御飯を頂いています。ニャンコご飯は、なかなか減りませんでしたが、おじさんに刺身をもらってご満悦。ふと見ると、湯のみに持たれてコッチを見ている小さな妖が…。思わず、味噌汁を噴出してしまいます…。

名前を返してもらいに、来たようです。「露神」だそうです。斑とも知り合いでした。
友人帳を用意し、例の儀式を始めるのだが…。露神の頁は、次の頁と米粒でくっついていた。無理から剥がして破れるようなことがあると、それは、すなわち本当の身が裂けることになるので、大変。どうしたものかと…。

あくる日、七つ森の露神の所に行こうとしたとき、夏目と先生は、おばあさんにモモを頂く。そこには、祠があり、露神が居た。…と言っても、祠に住み着いた、宿無しの妖らしい。
昔、その地域を旱魃が襲った時、村の若い者がその祠に祈ったところ、翌日に雨が降った。依頼、その祠を露神として敬う事になった。そうして、供物をどっさりと供えられるようになり、露神も立派な大きさになっていた…。
…が、最近は、人の信仰心も薄れ、カラダも小さく縮んでしまった。
夏目が、さっきもらったモモをあげようとすると、モモはあるよ…という。さっきのハナさんが、今のたった一人の信仰している人で、お供えに先ほど来ていたらしい。

夏目は、露神に提案した。友人帳で露神の紙とくっついている妖もみつけて一緒に名前を返せば良いのではないか?しかし、もう一枚に書かれている妖がわからない…。
しかし、露神は、名前を取られた当時、いろいろ調べたので、もう一人の妖のことを知っているという。名は忘れたが、姿は覚えているという事で、似顔絵を…。似てるんだが似てないんだか…。

その絵を手がかりに(笑)その妖怪を探す事にした…。



露神のレイコが引越しを勧めたときに返した言葉が印象的でしたね。
「一度、愛してしまうと…忘れる事など、出来ない…」
…そうですね。

露神は、ハナさんの事が在って、その祠を離れる事が出来ませんでした。だって、そこに居れば、彼女が来るんですもの。
そこに居る事、ハナさんに信仰されることが、露神の存在意義になってしまったわけですよね。

これ、ぼくらにも、当てハマル話です。
愛してしまった人、その人のために、自分の生きる力を使っていきます。それは、ある意味、信仰なのかもしれません。お互いに、生神さまなのかも知れません。信仰し、その祠を守り、その場を鎮守する。それは、お互いを信頼し、家族を守る事と似ているのかもしれません。

でも、この話の露神とハナさんの悲しい所は、コミュニケが無く、片方向の信仰でしかなかった。お互いが、最後まで片思いのまま、終わろうとしています。終わる事により、同じレベルでの付き合いが出来るのではないかと、むしろ、今の状態が終わる事を、嬉しく受け入れています。

でも、実は、相互コミュニケの準備は、出来ていたんですよね。…もったいない話です。

ぼくらは、コミュニケをしようと思えば、出来る環境にいるので、精一杯コミュニケしましょう…という事ですよね。そして、家族を鎮守していきましょうよ…と。
嫁と子供と、上手く意識が通い合う、「家族」を作りたいですね。そうじゃないと、寂しいですよね。物理的には、同じ屋根の下に暮らす人たちだ者ね…。

##
でも、ハナさんは、言えなかった言葉を言えて、露神は、聞けなかった言葉を聞けて、良かったですね♪

##
最後は、招き猫ではなく間抜け猫でした♪


では、また。

アニメの電子コミックの携帯サイト アニコミMAX
他 アニうたMAX アニうたMAXフル フルアニMAX
…の店長 小川和紀


posted by アニコミMAX小川店長 at 14:44| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。