2008年11月10日

ロザリオとバンパイアCAPU2 第6話 「修学旅行とバンパイア」を見て…

どうも、アニコミMAX店長の小川和紀です。
アニメの電子コミックの携帯サイトアニコミMAXをやっています。
他にも
アニメ専門着うたケータイサイト「アニうたMAX」、
アニメ専門着うたフルケータイサイト「アニうたMAXフル」、
アニメ専門動画配信ケータイサイト「フルアニMAX」
の3サイトも立て続けにオープンしています。
どうぞよろしくです。

ロザリオとバンパイアCAPU2 第6話 「修学旅行とバンパイア」を見ました。

四国を治めている妖怪四天王たちは、関西に進出しようとしている。
パラパラパラパラ…と族車を連ねて、瀬戸大橋を渡ります…。

一方、陽海学園は、修学旅行です。いつもの人間界と繋いでいる路線バス?がそのまま、京都へ行っている…って感じです。
バスガイドは、いつものように、瑠妃さんです。
右手をごらんくださぁい♪私の右手です♪っていうと、男子達は、綺麗な右手だぁって大盛り上がりです。瑠妃さんは、やっぱり、いろいろあったみたいです。
バスの背後には、心愛が自転車で追いかけてきています…。ココは、高速道路では無いのでしょうか?

猫目先生も楽しいようです。しっぽが出てきてしまっています。しかし、今回は、人間界での修学旅行、くれぐれも正体を出さないように気をつけないといけません。
ココのところ、主役になれていないので、サキュバス胡夢が、そろそろ主役が回ってくるのでは?と燃えています。その煽りを食らって萌香は、月音と一緒の時間が取れなく困っています。
そんな金閣寺の池に入っている他校の修学旅行生が見えます。池の錦鯉を生で喰っています…^^;
心愛は、やっと追いついたのですが、駐車場から出て行くバスに踏まれてしまいます。

みやげ物売り場で、これが可愛いとか、これが良いとかで盛り上がります。…が、どれもこれも一風変わっています。萌香も、意外に、骸骨のキーホルダーに萌えています…。
胡夢は、ペナント、みぞれは、提灯。紫は、印籠です。どれもこれも、ダメです。
だめだしされて辛くなった萌香は、その場を去ります。
そこで、萌香が他校の高校生にぶつかってしまいます。どうやら、彼らは、四国から出てきた妖怪四天王たちのようです。彼らも、萌香の制服を見て、陽海学園が京都に来ていることを認識したようです。
心愛は、月音たちを追いかけて、土産物屋周りを歩くのですが…。姉妹の血は逆らえません。つい、ドクロのキーホルダーに萌えています。同じように、他校の高校生にぶつかるのですが、逆に一喝しています。

月音たちは、今夜の宿に着きました。相変わらずのみんなの押しに萌香は、意気消沈しがちです。
温泉に、ハーブを入れる萌香…ハーブ入りが良いようです。
あ、心愛が、追いついたようです。はじめから、その宿知っていたようですね。では、最初からココに来ればよかったのに…。で、大浴場の脱衣場で、猫目先生に見つかって、強制送還。
温泉に氷を入れるみぞれ…。熱いので、温度調節だそうです。
その後、萌香は、なんとか月音を捕まえて、消灯後のアポを取ります。
寝る準備をするのですが、それぞれぞれぞれらしい格好で準備をしています。みぞれは、例によって、氷や氷のう等で、布団の周りを冷やしています。

消灯後、萌香は、部屋を抜け出るのですが、他のみんなも、気づいているのでした…♪

夜の庭を歩く二人、月音が話しかけます…。月音に、バレテいました。萌香は、修学旅行がつまらないようにしている…ように見えているようです。
そのキッカケで、やっと、萌香は、本音を言えました。折角の修学旅行なのに、二人の時間が全然取れないことでブルーになっているようです。
お互いの気持ちが同じだった事に気づき二人は、良い感じになります…。

そこに、昼間の四天王たちが、池から現れます。連中は、月音をさらっていきました。
月音を取り返すべく、四国の馬獣工業・妖怪四天王と、陽海学園の萌香たちとの闘いが始まりました…。



讃岐出身のおがわは、この四天王が出てきたときに、讃岐は、何が出てくるのかなぁ、と思ったのですが…「不知火」って…。九州じゃん。
海に囲まれた、平地(田んぼ)って土地柄、牛の形のものが多いですかね…。後は、狸とかは、話がありますかね?他県と比べて、奥深い山などが無いので、妖怪の話は、あまり無いですね。
徳島は、鳴門海峡や大歩危小歩危など変わった地形があるので、そういった話が、あがりやすい…。愛媛は、何と言っても四国一高い山・石鎚山ですよね。てっ辺は、天狗岳って言われています。後、愛媛は、宇和島の牛鬼が良く聞きますよね。高知は、なんだろ?しばてん=河童かな?



ま、いずれにしても、今回は、学園モノには、お約束の「修学旅行」、修学旅行といえば、「ドキドキの自由行動」ですよね…。おがわは、四国で育ったので、関西は、小学校の修学旅行の時に、回りました。二条城とか行きましたね。奈良の大仏を観た後、鹿の餌やりもしました。大阪城も観に行きましたね。歴史を観に行った…って感じですよね。

都会の中に城や立派な寺があり、そのギャップが面白かった…そんな記憶があります。
本や…今では、ネットでいろいろ調べれるんでしょうが…やっぱり、「百聞は一見にしかず」…ってところでしょうか?実際、それを観て、自分に印象付けるって大事だなぁと思います。
歴史的な史跡を見ると、なにやら、厳かな感じがします。富士山のような大きなものを観てくると、ゆったりした気分、大きな気分になります。
そういう多くの人たちが普段見ないものを、普通に、いつものように感じていると、そうしていない人と、明らかに違うと思うんですね。

具体的に言うと、おがわは、四国ですが、香川県です。温暖な気候の土地に育ち、周りは、水墨画が似合うような土地です…。どうしても優しい?感じの分野が強くなってしまっているような気がします。小学校、中学校の頃は、吹奏楽部でクラリネットを吹いていました。その後は、写真部で風景写真を撮っていました。海に沈む夕日や夕暮れ。山から上がってくる朝日の写真を撮ったり…。クラッシックを聴いたり…していました。
他所に行って思ったのは、高知の雄大な太平洋…太平洋は、いろんなところに見えていますが…。静岡や山梨の富士山などを、見ながら育っている人に、ダイナミックな動きには、適わないんだろうな…と勝手に思ってしまっています。
香川なんて天気がよければ、対岸の岡山が見えちゃったりしますから…。
つくづく自分は、軟弱だと思うわけです。讃岐の男性は、優しいとよく言われるようですよ。

なので、人を惹きつけるものは、なぜ、それがそんな力があるのか?実際、観たほうが良いなぁと。それで、ちょっとでもそれにあやかりたいと思います。学生時代などは、それを理由に、その場に住んでみるとかも良いのかも知れませんね。

これからも、かじったくらいで、解った振りしないで、とりあえず、その場に、行ってみようと思います。基本的に、面倒くさい人なので、注意したいと思います。

##
そんなこんなで、今週末は、
土曜日は、ご近所の人たちとバーベキュー。空の下でご飯を食べる事、ほとんど無いものなぁ。
日曜日は、娘と二人で国立科学博物館の特別展「菌類のふしぎ−きのことカビと仲間たち」を観に行きます。

今年は、2月にこの科博のリピーターズパス(年間のフリーパス)を購入して、ちょくちょく行っています。今回、行くような特別展は、今年は、これで皆勤賞です♪リピーターズパスなんて年間1000円ですから♪大人600円ですから2回行けば元が取れます。高校生以下は、入場料無料です。毎回、4時間くらい観るのですが、大抵消化不良なので、次回、アレを見たいとか、続きを見たいとかの話をしながら、また来ようって話になります。リピーターズパスのおかげで、ゆっくりじっくり見れるので、良いです。1年かけて繰り返し繰り返し観ようってスタンスですね。

この週末は、いっぱい、見て感じてきたいと思います。

##
今回のエピソードの最後…シャレ落ちだし…。




では、また。

アニメの電子コミックの携帯サイト アニコミMAX
他 アニうたMAX アニうたMAXフル フルアニMAX
…の店長 小川和紀


posted by アニコミMAX小川店長 at 18:07| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。