2009年08月25日

娘と草津温泉に行ってまいりました♪(二日目)

どうも、アニコミMAX店長の小川和紀です。
アニメの電子コミックの携帯サイトアニコミMAXをやっています。
他にも
アニメ専門着うたケータイサイト「アニうたMAX」、
アニメ専門着うたフルケータイサイト「アニうたMAXフル」、
アニメ専門動画配信ケータイサイト「フルアニMAX」
の3サイトも立て続けにオープンしています。
どうぞよろしくです。

昨日に続いて、草津温泉旅行記の二日目です。

▼8月21日金曜日

朝8時に、朝ご飯が始まる…。
布団に包まっている娘をたたき起こす。
1階の広間で、お膳で出ているものを食べることになります。


20090825朝ご飯の席.jpg

20090825朝ご飯.jpg


オーソドックスな旅館の朝ご飯…と思いきや、奥に鉄板モノが一つ…。何だこれ?
でも、蒸し焼きしたいのなら途中であけるべきではないよなぁ…と放置。

20090525目玉焼き.jpg


開けてみると、目玉焼きでした。しかも、下には、キャベツを敷いています。おいしそう。焼きたての鉄板に醤油をたらすと、醤油がこげて良い香りが漂います。納豆、鮭、海苔…。ご飯が進みます。ヤバイデスよね。3杯は食ってしまいます…(^^;)

お腹いっぱいになって、部屋に戻ります。少し時間を置いて、やっぱり、温泉に行きます。
娘は、朝から入りたくないようなので、私一人で…。露天風呂を独り占め。

20090825朝の露天風呂.jpg


朝から露天風呂を独占するのは、気持ち良いですよぉ。

昨日の夜の計画通り、まずは、湯もみを体験しようと湯畑に向かいます。

20090825湯もみの建物.jpg


そうそう、10年以上草津に来ていても、一度たりとも入った事が無かったこの建物に入ります。入ってみると、既に草津温泉の説明が終わっており、湯もみ体験が始まる感じでした。やってもやらなくても値段は同じ…なら、やらなきゃ損ですよね。手を上げて、湯もみをさせてもらうことにします。
子供は、大人と一緒にやってくれと言われたので、二人でやります。二組目だったので、前の人の湯もみの様子を見ながらイメージトレーニングです。どんなリズムで、どうやっているか?今まで、注意してみた事が無かったので、見るのも新鮮でした。
歌いながらの湯もみでした。わからないのですが、なんとなく出来ている雰囲気で…。

20090825湯もみ挑戦.bmp


終わったら、体験した認定証のようなものと記念の手ぬぐいをいただきました。ありがたい話です。それが、終わると、今度は、プロの湯もみの鑑賞です。
すごいですね。ひねった後で、大きくそこの方まで、潜らせて、てこの原理で、ザッパンとかき回します。思ったよりも迫力がある光景でした。

20090825湯もみプロ.jpg


一通りのイベントが、バタバタと30分くらいで、流れていきます。この建物自体お金を払わないと入れないところなので、中で記念撮影をしてみました。

20090825湯もみ記念写真.jpg


あくびをする瞬間で、鼻の穴が膨らんでいます(笑)

そのすぐ近くに、セブンイレブンがありますが、例のレインボーカラーでありません。渋い茶色のカラーリングです。温泉街のカラーに合わせてんですよね。渋いです。
2階は、休憩室になっており、1階で買い込んだものを2階で食べる…なんてことが出来ます。そこで、晩御飯とか食べたらめっちゃ安くつくなぁ…(笑)

20090825草津セブン.jpg


次は、湯畑と並ぶ、観光名所と言えば、西の河原公園です。あの石ころが転がり、硫黄臭漂い川から湯気が上がっているという異様な光景を、娘に見せたくて…。
…でも、そこに行くには、例の温泉饅頭の売り子の場所を越えないといけないんですよね。
あのおじさんやおばさんは、本当に上手ですよね。おがわは、甘いものが苦手なので、「いらない」って言ってても、おじさんは、手に乗っけてきます。饅頭を手にとってしまうと、次にオバちゃんが、お茶を差し出します。絶妙なフォーメーションです。そうすると、饅頭とお茶を持つと、立って食べるのもなぁ…と思っていると、これまた絶妙なタイミングで、奥どうぞと、イスに座って食べるように、勧めます。
ま、子供なんか、遠慮しないで、イスに座って食べ始めるわけです。で、保護者であるおがわは、置き去りに出来ないので、一緒に食べるわけですが、その間、オバちゃんたちは、どこから来たの?いつまで居るの?明日帰るといえば、責めは、ゆるみますが、今日帰るとか言うと攻撃が始まるんでしょうね。
まぁ、そのフォーメーション及び、連係プレイは、匠の世界だなぁと痛感したわけです。
毎日、毎日、どうやったら良いのか?と日々過ごしてきた結果がそこにあるんだなぁと感じました。変にアルバイトの子を、雇って、短期で変わってしまうよりも、家族が連携なんかしちゃうと、相互に高めあっちゃって、黒い三連星か?というようなフォーメーションになるんでしょうね。

20090825温泉饅頭.jpg


そんな饅頭怖い攻撃を受けて、奥に進むと、やがて、西の河原公園が広がります。一つ積んでは母のため…。そんな感じで石を積んでいます。いろんなところで、源泉が沸き、溢れ、流れています。お稲荷さんもあります。いつ見ても異様な光景です。

20090825西の河原公園.jpg


お腹が空いてきたので、湯畑あたりに戻ろうと、引き返しました。その道中、キレイなものを見かけたので、パシャリ。

20090825いちごラムネ.jpg


いちご味のラムネだそうです。あまり見ない色ですよね。ビンは透明で、こうやって水の中に、置かれていると、何だか赤いゼリーが、沈んでいるようにも見えて、ちょっと不思議な感じ。それがキレイでつい…♪

で、湯畑まで、戻ったら、焼き鳥屋の隣の店に行きました。「吾妻」って店です。焼き鳥屋かと思ったら焼肉屋でした。そこで、娘は、焼き鳥を何本か。おがわは、日替わり定食で、並牛タン塩。結構なボリュームで、600円。安い安い。夜も来ちゃおうかな?と、まんまと思ってしまいそうな、味とボリュームでした。

20090825吾妻定食.jpg


次は、いよいよ、娘が楽しみにしていた「草津熱帯圏」です。おがわは、ここ20年くらい、「草津熱帯園」だと思っていました。
中に入ると、大きなワニがお出迎え。記念撮影をします♪

20090825ワニなう.jpg


それから熱帯の生き物がいっぱい居るドームに移動しますが、その間が、大変。ちびっ子に大人気のサル山があります。餌やり体験ができるわけです。愛嬌のあるサルや、チビサルに、林檎やニンジンをやることにより、コミュニケーションが取れて、楽しい思いをするわけです。一皿100円なので、気軽に参加できます。で、もう1回したい♪とリクエストが来るわけです。

ドームの中には、熱帯のイキモノ、ヘビやらカメやらサルやら、トカゲ、ワニガメ、といろんなケモノが飼育されています。


20090825ワニガメ.jpg

20090825グリーンパイソン.jpg


グリーンパイソンなんか、子供の頃見た図鑑の表紙にあった、木のとまり方そのままだったので、ちょっと感動しました。やっぱり図鑑ではなく生を見るのって大事だなぁと痛烈に感じましたね。

会場の出口のところに、面白いものがいました。「ビューティーフィッシュ」と呼ばれる魚です。皮膚をついばむので、余分な角質を取り美容に良いとか言われています。
彼らが居る水槽に、手をつけたり、足を入れたりして、動かないでしばらくすると、魚が、皮膚をついばみ始めます。

20090825ビューティーフィッシュ.jpg


結局は、こいつは、無駄な角質を食っているわけではなく、一生懸命肉食しているわけですよ。彼らなりに。それが、口が小さいので、表面しか食えていないって事でしかなく。
だって、水槽の中で、弱った仲間を、寄ってタカって食い始めたのを見たときに…ちょっとテンション下げ下げでした。
特に、柔らかい肉が、彼らにとっては、食べやすいようで、指の間や、掌のシワのところなど、つまり、触られるとくすぐったいところを狙って食いに来ます。確信犯です。
ほんの少しだけ、アンパンマンな気分になってしまいました。彼の場合は、ちぎって渡すのであって、いきなり頭をかじられるわけではなく…。

それから宿に戻ると、晩御飯まで2時間くらいあります。
そこは、迷わずお風呂に入ることに♪旅館 美津木には、4種類の風呂場があり、それぞれ、部屋単位で、貸し切る事が出来ます。つまりは、家族風呂仕様なわけです。今回のおがわのように、異性の家族の場合、女風呂と男風呂が分かれていると、各自で風呂に入らないといけないので、子供が小さいとキツイです。そんな場合は、家族風呂は、助かります。


20090825食前湯1.bmp

20090825食前湯2.jpg


今回は、露天風呂も付いている2つの湯船があるタイプ。それぞれを楽しみます。娘は、露天風呂の開放感は、ちょっと苦手のようでした。それにしても、またしても、草津温泉のお湯は、熱くて娘は、湯船に浸かれなくて困ってしまいました。
体を洗うに留めて、適当に暖まって部屋に戻り、食事の時間までダラダラ過ごす事に。

晩御飯は、今回は、お宿で。湯豆腐と中トロって事で、お願いしておきました。子供向けのメニューは、無いとの事だったので、一番軽そうな、そして、最近、刺身好きな、マグロ好きな娘が好みそうなメニューにしておきました。

20090825宿晩御飯.jpg


トロは、旨い旨いと食っています。最近は、大葉で刺身を包んで食べる事も身につけており、食べすぎな感じでもあります。
ま、その分、湯豆腐二人前は、おがわの担当になってしまうのですが…。
最初、釜飯があったので、それを食します。茶碗蒸しなど、ご飯モノをとりあえず片付けていきます。急いでいたのは、刺身や湯豆腐は、日本酒で頂きたかったから♪
この旅館では、冷酒は、伏見の純米酒の玉乃光が置いていたので、それをお願いして、それを頂きながら、湯豆腐をやっつけます。刺身をやっつけます♪

20090825玉乃光.jpg


宴会コースの約二人前をほぼ一人でやっつけて、流石に苦しくなったので、部屋に戻って、ゴロゴロします。テレビを見たり…、本を読んだり…。

と、娘が、「温泉入りたい!」と、もう一度入る宣言をしました。

良いじゃん、じゃ行こうよ♪と、向かいました。

20090825温泉制覇.jpg


偶然、まだ入っていないお風呂が空いていて、これで、全部の風呂を制覇できました。
娘も風呂を撮りたいと、パシャリ。
これは、記念のお風呂になりました。
少しずつ、試していたのですが、とうとう最後には、肩まで浸かる事が出来ました。

そのときの笑顔
娘連れて、温泉来て良かった…と思いました。

娘も、伊豆の温泉には、入れたのに、草津の温泉は、熱くて入れなくて、2泊もして、5つも風呂があるのに…と多少は、焦ったりしていたんでしょうね。すごく喜んでいました。
ちょっと、大人になった感じなのかな?


##
さて、二日目の夜は、温泉に肩まで浸かれて、良い感じで締めくくりました。
明日は、最終日。湯釜がメインです。初めて火山の火口を見るようです。
その後、軽井沢まで足を伸ばしてドライブを楽しみながら帰ろうかな…♪ と。


安くていい宿評判の宿 関東周辺 '09~'10 (るるぶ情報版 首都圏 9)

安くていい宿評判の宿 関東周辺 '09~'10 (るるぶ情報版 首都圏 9)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: ジェイティビィパブリッシング
  • 発売日: 2009/01/29
  • メディア: ムック





##
では、また。

アニメの電子コミックの携帯サイト アニコミMAX
他 アニうたMAX アニうたMAXフル フルアニMAX
…の店長 小川和紀




posted by アニコミMAX小川店長 at 23:33| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。