2010年04月21日

「バカとテストと召喚獣(バカテス)」 第12問 「愛と勇気と俺達の戦いはこれからだ!(仮)」を見ました…

どうも、アニコミMAX店長の小川和紀です。
アニメの電子コミックの携帯サイトアニコミMAXをやっています。
他にも
アニメ専門動画配信ケータイサイト「フルアニMAX」
もやっています。
どうぞよろしくです。

「バカとテストと召喚獣(バカテス)」 第12問 「愛と勇気と俺達の戦いはこれからだ!(仮)」を見てしまいました。

学校の屋上で、Fクラスの面々は、召喚戦争の練習?をしているみたいです。明久は、黒金の腕輪で、先生の許可なく召喚フィールドを構築することが出来ます。ですが、なんだか、調子が、おかしいようです。
周りには、ちゃんと取説読んだ?って言われるのですが、そう大したことも書いていなくて、使用上の注意くらいしか…。対象年齢の13歳以上に、雄二たちは、余分に反応します。それだっ!
いやいや、高校生だし…と明久は、反論するのですが、精神年齢は、クリアしていない!と。いやいや、13歳以上が読む本もいっぱい読んでいる!と言うので、美波と姫路がメラメラ燃えています。
本当に一言多いですね。雉も鳴かずば撃たれまい…ですね。


朝…。
今日は、Aクラスとの試験召喚戦争ってことで、お姉さんが、縁起のいい朝食メニューになっているようです。ベタではありますが、「敵に勝つ」ってことで、ビフテキとトンカツ…!!
…の画像を明久の枕の下に置いていたようです。
どうですか?勝てそうですか?とお姉さん。

明久が騒ぐので、そうでしょうとお姉さん。本物のそれを食べている映像も用意していると言います。お姉さんが、ステーキ食べています。お腹いっぱいのところをがんばって食べたんだそうで…。いやいや、それを明久に食べさせればよかったのではないか?と言うのは、もっともな突っ込みどころ。
それよりも姉さんは、水着のコメントはないのか?と突っ込みます。…今は、朝ごはんの話をしているところなので…。
ちなみになぜ水着だったのかと言うと、撮影監督が、ムッツリーニで、彼が、水着のほうが明久が喜ぶので、という意図があったようです。


Fクラスの教室で、雄二がメンバーの前で話しています。
文月学園の能力別クラス分けのシステムは、実力主義であり、学力を持っていても、実際のテストで良い点がとれないと一切評価されない。(そもそも、それで、姫路さんは、Fクラスに在籍しています。学力的には、問題なくAクラス相当です。)
ってことで、それならそれで、こっちも実践主義で行こうと。要は、チャイムが鳴る前からテストは、始まっていると。

秀吉が、姉さんの私物を持ってきた。ダンボールに1杯。それで何とかなると雄二。
どうやら、その中身には、問題があるようです。BLの同人誌のようですね…。
いつものように、明久は、宣戦布告役を雄二にふられます。今回は、この落し物を届ける顔をして行けばよいとアドバイス。それなら、安心だと納得します。

やっぱり、ズダボロにされて帰ってきました。もう、誰も信じない…と。
追いかけるように、木下優子(秀吉の姉)が、殴りこんできます。めっちゃ怒っています…当たり前ですが…。
いつものFクラスを馬鹿にした言葉なら聴きなれているので、受け流すのですが、やっぱり、姫路さん狙いのFクラスに居たら、本当に馬鹿になった?とか言い始めるので、明久は、怒っちゃいました。
「姫路さんは、Fクラスにふさわしい訳無いじゃないか!」…明久、自分ってかFクラスのことは、否定してしまっています。

雄二としては、木下優子を怒らせたところで、作戦第一段階は、完了のようです。
問題は、どうAクラスと戦うか?です。正面からは、学力の差がなかなか厳しいし、霧島さんの弱点は、前回使ったし…。
でも、雄二には、手があるようです。蒔いた種は、実ったと言っています。後は、刈り取るだけだと。

一方、Bクラス代表の根本が、Aクラスの木下に話を持ちかけています。今は、敗戦後3ヶ月間の立場、模擬試験召喚戦争で、訓練させてもらえないか?という話です。当然、午後には、Fクラスと戦う身、そんな暇は、無いとその願いを退けます。根本は、そこを嫌らしく攻めます。前回のAクラスは、戦後のFクラスを攻め込んだくせに…。それが、Aクラスの品格ってやつか?なんて嫌味です。
さらに、今回、Bクラスと戦って消耗していたからと言うのも言い訳みたいで見苦しいしなぁ…。と追い討ちです。
木下は、乗ってきました。肩慣らしついでにやってあげましょう…と。代表の霧島も同意です。
ま、女装趣味が代表のBクラスには、負けないと言っています。


てな訳で、AクラスとBクラスの模擬試験召喚戦争が始まりました。

それが始まった裏で、雄二たちは、作戦を続けます。秀吉が、木下優子の制服に着替えました。そして、声色を変えて、木下優子になり、Cクラスに乗り込み、豚呼ばわりです。罵詈雑言の限りを尽くします。言うだけ言って消えます。

AクラスとBクラスの模擬試験召喚戦争は、午後の始業のチャイムで終了です。
そのタイミングで、ドカドカとCクラス代表の小山友香がクラスを率いてやってきました。そして、Aクラスに対し、模擬試験召喚戦争を申し込みます。

…そこで、Bクラス代表の根本は、彼女であるCクラス代表の小山に、女装の格好を見られてしまい、関係は、破局を迎えたようです。

その他のクラスたちも動きました。前回の試験召喚戦争でFクラスに借りが出来てしまっているので、Aクラスから少しでも力を消耗させようと…。

徹底的に違うのは、模試は、回復テストが要らないという事らしく…。各クラスとも、その恐怖は無いわけで、気軽に模擬試験召喚戦争が仕掛けられています。
…雄二の作戦は、もう、全然前から始まっていたということです。


自分の戦い方。
今回は、それかな?

相手の特徴。強いところ、弱いところ。
自分の特徴。強いところ、弱いところ。

で、どこをどう突くか?

細かい構築もそうですが、少し大局的に見て、戦い方の構造自体も再検討する。
そんな、やわらかさがやっぱり必要なのかなと。

人が戦うのだから、戦い方は、その人に合わせるべき。
メンバーによって、戦い方も変わるはず。

他人とは、微妙に違う、自分の特徴を生かした戦い方。

やっぱり、それは、時々、再確認したほうがいいなぁ。

今回、それは、痛感しました。

でも、最近は、顧客の多様化とか言われるようになって、サービスも商品も、個人も、職業も、多種多様化してきていると思います。

なので、例に倣って…という選び方をしないのは、もう、常識なのかも知れませんけど…ね。


##
そんな自分の生き方とは、何ぞや??なんてことまで考えてしまう「バカとテストと召喚獣(バカテス)」の電子コミックを配信している「アニコミMAX」は、コチラ!!

パケット定額サービスには入ってね。↓
店長のつぶやきから
無料立読み満載↑


##
木下秀吉が姉の優子に変装する話がありましたが、声優さんも本当に同じなんですね。声色を変えるところとかすんごく面白かったですね。

















##
では、また。

アニメの電子コミックの携帯サイト アニコミMAX
他 フルアニMAX…の店長 小川和紀




posted by アニコミMAX小川店長 at 23:14| 東京 ☁| Comment(1) | 新着情報、周辺情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
もう見ました、面白いですね
Posted by ブラックラグーン 画像 at 2010年11月16日 18:10
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。