2010年12月02日

「えむえむっ!」第6話 「騒乱だらけのマイホーム」を観ました…

どうも、アニコミMAX店長の小川和紀です。
アニメの電子コミックの携帯サイトアニコミMAXをやっています。
他にも
アニメ専門動画配信ケータイサイト「フルアニMAX」
もやっています。
どうぞよろしくです。

「えむえむっ!」第6話 「騒乱だらけのマイホーム」を観ました。

サド太郎に嵐子からメイルです。本人は、まだ寝ていますが、本人より先に、姉が、メイルチェック。そして、それにコメントするのは、母親。すでにおかしい。二人は、太郎のケータイに、嵐子のメイルが山ほど入っていることを確認して、パニクっています。
そして、二人は、断固阻止と結託します。太郎は、その間も何も知らずに寝ていますが…。

いつものように、美緒さまの太郎の性格を矯正するための新しい方法を探る…行為を行っています。地雷を仕掛けた河原をほふく前進。仕上げに体ごと吹き飛ぶハリセン。また、地雷原に放り出されます。ほふく前進で、美緒様の足元までたどりつければ、また、ヒールで、ぐりぐりいじめてもらえると思えば、サド太郎は、想像だけで、気持ちよくなってしまいます。
今、踏まれに行きます…と、喜んでいるサド太郎を見て、美緒は、少し引いてしまいます。蟲のように四足で、サド太郎が這ってきました。美緒が、大きく蹴り上げると、太郎は、川に落下。
川から上がってきた太郎をなじります。太郎は、もう、ヤバイ状態です。言葉の暴力は、太郎の大好物です。
今度は、美緒は、腕立て伏せ1000回を命じるのですが、背中に、美緒がのります。典型的ないじめる体勢に、太郎は、おうまさんになり、走り始めています。もう、自制心が、どこかに行ってしまっています。

美緒は、アーミールックでしたが、小屋に場所を移して、そこに登場したのは、嵐子です。ナースキャップが、落ちちゃって、それを拾うとした、嵐子と、太郎。手が触れて、普通は、「赤面」とかするのでしょうが、この組み合わせでは、嵐子が、顔面パンチをして、太郎は、飛ばされます。そして、悦んでいます。で、スイッチが入ってしまった太郎を、美緒がハリセンで飛ばします。

自宅に帰ると、ボロボロになっている太郎を見て、姉と母は、心配します。お風呂にすぐ入れというので、服を脱いでいると、二人も脱ぎ始めます…おいおい。
実は、二人の目標は、ケータイでした。メールチェックです。
やっぱり、嵐子のメイルが、あります。二人は、怒っています。

で、その嵐子。着信メイルを見て、「どうしよ」って言ってます。
一方の姉と母は、悪い顔…なにかしたに違いありません。

次の日、嵐子が、太郎の所に、お見舞いに来ました。…?
どうやら、嵐子のせいで、風邪を引いてしまったことになっているようです。当の本人は、ぴんぴんしています。
太郎の後ろに、母親と姉貴…。太郎は、その接触だけでヤバイと思ったのですが、嵐子は、出来た子なので、挨拶を始めます。母と姉は、もう、ピリピリしています。

普通の対応に、太郎は、逆に怖い…状態です。
その笑顔が、怖すぎる。でも、二人の手は、プルプルしています。

ようこそ、ヘルハウスへ♪

(あらすじはここまで)


コレまで、各メンバーの残念な病的な部分や、その原因などを照会してきていましたが、今回は、嵐子が、そこから一歩踏み出そうとする話でした。

これは、頑張って欲しい!と思うのと同時に、自分に勇気を与えてくれる話ですよね。
彼女は、男子恐怖症を持っているにもかかわらず、将来を諦めていません。大好きな男性と一緒に、暖かい家族を作りたいといいます。それが、「夢」だと。
それは、本当に、「夢」かも知れませんが、「夢」も見ないと、それに近づくことも出来ません。それは、掲げることが、まず大事だと。その姿勢が、すばらしいと思います。

よくアリがちな手は、近づかない、考えないことにする…。その方法。でも、苦手なものをそのまま、一生苦手で済むものであれば、いいのですが、そうでない場合は、目標をそれを克服した先の、本来の理想を掲げるべきですよね。

コレって、自分の姿にも当てはめれるし、周り、会社の環境や、家族の環境にも当てはまりますよね。

そういう意味では、今までの話は、現状分析。そんで、今回は、嵐子が、自分の目標、将来、理想を定義した回なのかも知れませんね。

ここで、システム開発手法として、そのギャップをどう埋めていくか?現実的なところから、どう発展的に、構築していくのか?
そのロードマップを定義していくことが望まれます。
根本的な改造での、キャッチアップから、発展形へ。

##
なんだか、この作品は、「改善」のまっとうなやり方を提案している教養あるアニメのような気がしてきました。

##
環境改革の手引書にも、使えるかも?…と思える「えむえむっ!」の電子コミックを配信している「アニコミMAX」は、コチラ!!

パケット定額サービスには入ってね。↓
店長のつぶやきから
無料立読み満載↑


##
と、勝手に感動する自分は、この文化に染まってきた証拠なのか!?












##
では、また。

アニメの電子コミックの携帯サイト アニコミMAX
他 フルアニMAX…の店長 小川和紀




posted by アニコミMAX小川店長 at 22:21| 東京 ☁| Comment(0) | 新着情報、周辺情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。