2010年12月17日

「そらのおとしものf(フォルテ)」 第8話 「空に響く天使達(ウタヒメ)の声」を観ました…

どうも、アニコミMAX店長の小川和紀です。
アニメの電子コミックの携帯サイトアニコミMAXをやっています。
他にも
アニメ専門動画配信ケータイサイト「フルアニMAX」
もやっています。
どうぞよろしくです。

「そらのおとしものf(フォルテ)」 第8話 「空に響く天使達(ウタヒメ)の声」を観ました。

ニンフを、役立たずのくせに、智ちゃん狙わないでよ!と責めます。そはら、五月田根生徒会長、守形先輩が次々と現れて、ニンフを非難します。最後に出てきたのは、智樹。お前は、廃棄処分だ!と言い切ります。羽も無い役立たずめ!と。
ニンフは、大勢の智樹に囲まれて、攻められます。

そはらと智樹がレストランで食事です。どうやら、そはらの買出しに智樹がつき合わされたようです。で、今夜のご飯は、コロッケのようです。
そはらは、イカロスが、お使いにいけることに驚いています。また、アストレアも、最初は、智樹を狙いに来ていたのに、今では、すっかり仲良しだし。でも、一番変わったのは、ニンフかな?と。最初は、怖いところもあったけど、最近は、すっかり幸せそうで…。それは、智樹のお陰かもしれないと…。

空を飛んでいた買い物途中のイカロス。レストランで話している智樹とそはらを見かけます。
でも、智樹は、さっき、ニンフと一緒に歩いていったはず…なんでここに?

同じ時、複数の智樹に、ニンフが、やられています。ニンフも抵抗するのですが、多勢に無勢です。
その様子を、守形先輩とダイダロスは、見ています。それは、第二世代のエンジェロイド、それでは、自分が作った第一世代のエンジェロイドでは、歯が立たない…。それでも、彼女にかなうエンジェロイドなどは、居ないという指をさしたところに、イカロスがやってきました。

第二世代のエンジェロイドは、イカロスのことをイカロスお姉さまと言います。ニンフは、精神攻撃で、大きなダメージを受けて、弱ってしまっています。
イカロスが戦闘モードになります。ところが、相手は、智樹の姿になります。そして、ニンフを壊せ、命令だ!と言います。これは、エンジェロイドには、辛い攻撃ですね。
イカロスは、ニンフに歩み寄り、首輪をつかみ起こし、そして、空高く分投げます。逃げて…と。
「智樹」は、お前は何だと、イカロスに問いただします。イカロスは、智樹のエンジェロイドだと復唱します。ならば、お仕置きだと、「智樹」は、言います。次に出た命令は、「自分を壊せ」でした。
「まずは、右腕から…。」イカロスは、ハイと答え、右腕を破壊します。

大きな衝撃で、空美町の町が揺れます。智樹、そはらの居たレストランもゆれました。その衝撃は、河原に、ニンフが、落ちてきた衝撃なのでしょうか?ニンフは、イカロスを助けに行きたいのですが、助けに行く羽がありません。今回の智樹の声。アルファを助けにいけない。羽も無い…。今の自分を誰が拾ってくれるのか…?

そこに、デルタ(アストレア)が通りかかりました。ニンフは、助けを求めます。アルファを助けに行ってと。
空に飛び立ったデルタは、すぐにマスターから命令が来ました。ベータを破壊しろと!ベータにも、俺から逃げられると思ったのか?この役立たずと、言葉を浴びせます。以前のような「どうか、マスター廃棄処分だけは、お許しを…」と言わないのか?とも。
デルタには、両腕をもぎ、顔をぐちゃぐちゃにしろと命令します。
デルタは、「はい、マスター」と戦闘モードになります。
デルタは、ニンフに謝ります。「すいません、ニンフさん。マスターのご命令です!」と。
ニンフは、自分の、エンジェロイドの運命を笑います。エンジェロイドが、夢なんてみられるはず、無いのに…と。
「お覚悟!」
と、アストレアが、剣を大きく振りかぶったところで…。

智樹が来ました。
「ふざけんな!エンジェロイドが夢を見ちゃダメか!?エンジェロイドは、マスターの命令を聞かなきゃダメか?エンジェロイドは、羽が無きゃダメか?…」
智樹は、俺は、良いと思うと、ニンフに手を差し伸べます。

そして、智樹は、アストレアにも、言います。自分で決めろと。それは、本当にお前が自分で決めたことなのか?と。
そこで、デルタのマスターが、声をかけます。そのダウナーは、後回しで、カオスが、いつまでもウラヌスクイーンと遊んでいる。代わりに止めをさしてこいと!

アストレアは、命令が着たので、一時行ってきます。帰ってきて、お前を殺すと言葉を残して、そこを発ちます。
イカロスもニンフもダウナーにたぶらかされている!あいつなんか…と、智樹とのことを思い出すのですが、どうも、いい思い出しか出てこない。好きになってしまったようです。
イカロスのところにつきました。
マスターからは、早く止めをさせと言われます。智樹の言葉とマスターの言葉がアストレアの中で、暴れます。アストレアは、首輪の鎖を引きちぎります。

アストレアは、目の前のカオスと戦うことに決めたようです。

(あらすじはここまで)


何だかアレですね。このエンジェロイド、ま、戦闘用ってところで、そうなんでしょうけど、代理戦争ですよね。
見方を変えれば、これって、我々の日常でのおもちゃとかゲームって、コレと同じですよね。簡単に駒を取ったり取られたり…とか、駒にも人格た意識があると考えると、今、ここでみていることが実際に私たちも行っているって事ですよね。ちょっと、怖い。

また、リアルの世界に、視線を変えて、こんなことは無いのかな?と考えてみると怖い…。つまり、リアルである戦いも、誰かの代理戦争と考えると、怖い話。
実際は、現場の両者は、戦う理由は無いのに、上職の命令で相手を倒してしまう。これも、同じ。人は、組織に属した途端。操り人形になるしかないのか?個人の意思は、どうなるのか?って話ですよね。

ま、人間はいろんな言い訳をして、自分の行為を正当化します。
国のためとか、食べるためとか、家族のためとか。そして、誰かを踏み台にして利益を得ます。どこかで、結局は、自由競争をしてしまっていると言うことは、局所的には、戦っていると言うことですよね。極論すれば、同じようなことが日常で起こっていると言うことです。

でも、それが、せめて、自分の意思でやっていることなのか?というところ。そこだけは、守りたい。
それが、智樹の言葉ですよね。

「それは、本当にお前が決めたことなのか?」

それは、自分の中の正義なりの自分の物差しにおいて、やるべきと考えた結果です。
だから、そこでの自由競争には、勝つべきだと自分は考えるわけです。


##
そうですね。ちゃんと、何らかの自分が納得できるポリシーで、うまくいいわけが出来ないと人生、辛いですよね。


##
結局は、戦わなければならない、その時、自分は、どうするのか?…なんて、考えてしまう「そらのおとしもの」の電子コミックを配信している「アニコミMAX」は、コチラ!!

パケット定額サービスには入ってね。↓
店長のつぶやきから
無料立読み満載↑


##
今回のEDは、「踊り子/イカロス・五月田根生徒会長」でした。オリジナルは村下孝蔵ですよね♪




























##
では、また。

アニメの電子コミックの携帯サイト アニコミMAX
他 フルアニMAX…の店長 小川和紀




posted by アニコミMAX小川店長 at 19:06| 東京 ☀| Comment(0) | 新着情報、周辺情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。