2011年01月14日

「えむえむっ!」第11話 「失われたメモリー」を観ました…

どうも、アニコミMAX店長の小川和紀です。
アニメの電子コミックの携帯サイトアニコミMAXをやっています。
他にも
アニメ専門動画配信ケータイサイト「フルアニMAX」
もやっています。
どうぞよろしくです。

「えむえむっ!」第11話 「失われたメモリー」を観ました。

いつものように、美緒様が、サド太郎を説教しています。と言っても美緒様は美緒先生です。そうこうしているうちに、太郎のスイッチが入ってしまいサド太郎は、暴走しはじめます。
暴走した太郎は、黒板消しを踏んでしまい、足を取られ転倒。後頭部を激しく痛打。
大した事無かったのかと思いきや、目の前の、美緒、嵐子、みちる先生のことがわからないようです。


医者に行ってみたところ、やはり、記憶喪失かと。嵐子が、美緒に報告します。今日は、いつも送ってもらっている嵐子が太郎を送ります。みちる先生も一緒ですが…。
自宅に帰ってみたのですが、母親、姉のことも覚えていない様子です。病院の先生曰く、一時的な記憶喪失で、2,3日で記憶は戻るでしょうという話だそうです。
その説明を聞いて、2人は、にやり…何かを企んでいるようですね…。

姉貴が、太郎の部屋に向かいます。
姉貴が、爆弾発言です。お腹に太郎の子供が居ると言います。横から母親が、同様に、お腹を抱えてきました。抜け駆けはずるいと。
二人は、お腹から出した枕で殴り合いをするのですが、太郎は、あまりにもショッキングな情報にひざを落とします。うなだれ、目の前の枕での叩きあいは、眼中に入っていません。

朝、嵐子が迎えにきました。
嵐子は、お守りを渡します。それは、記憶が早く戻るようにと、昨日、嵐子が作ったようです。
昨日から、情報不足で困っている太郎は、嵐子に、二人の関係を聞きます。付き添ってくれたり、お守りをくれたり、二人は、恋人同士だったのか?と。でも、嵐子が戸惑ったので、そんなわけないか?と太郎がごまかそうとしたので、嵐子は、恋人同士だと言い切りました。
昨日の姉貴たちの事を思い出した太郎は、もし、自分の子供を身ごもっていたら、自分は、ちゃんと育てるから!と宣言をします。そして、真剣な話なので、嵐子の肩をしっかりとつかんだのですが、嵐子のスイッチが入ってしまい、鋭いアッパーカット。太郎は、天高く飛んでいってしまいます。飛んでいる間、太郎は、なにかおかしな感覚を覚えたようです。

太郎は、学校の屋上で、落ち込んでいました。そこに、辰吉がきます。親友なんだから何でも話せよと、手を取ります。
そこに、間宮が登場。辰吉狙いの彼女は、太郎を攻撃します。しかし、その攻撃から、太郎は、痛みとは違う感覚が…。
間宮は、前のようにBLになってしまったのでは?と勘ぐります。そんなことを辰吉に自分は、してしまったのか?と辰吉に確認するのですが、否定をしません。
太郎は、女性ばかりか男性にも手を出してしまうストライクゾーンの広いやつなのだ…と認識してしまいます。

気持ち悪くなった太郎は、保健室で休ませてもらうことにします。
みちる先生は、写真の整理をしていました。そこに、可愛い子を見つけたのですが、みちる先生に、衝撃の真実を教えられます。
その、可愛い娘は、女装した太郎だということです。
そのショッキングな事実を耳にして、太郎は、その場から走り去ります。
自分の変態さ加減が受容できず、パニクっています。

そこに、嵐子がきました。太郎に、男性恐怖症であることを説明します。赤ちゃんがいないことを説明します。そして、太郎を動物園に誘います。
学校をサボって、動物園に行ってみようと。
物陰から、みちる先生と美緒が、その様子を見ていました…。

(あらすじはここまで)

新しい展開に持ち込むときには、揺さぶるってのは、常套手段なのかもしれません。
今回、ワザとではないのですが、太郎が記憶を失うことによって嵐子や美緒との関係が進展したようにみえます。
運命のイタズラってところでしょうか。

それにしても、やはり、自分なのに自分の事がわからないというのは、とっても不安なんでしょうね。
人って、他人からの評価がないと、人としては、なかなか認識できないと思うんですね。
数学が得意ってのは、数学が他人と比べてみないと解りません。能力と言うのは、絶対値だけでは、解らず、何かを比べることによって、意味が成り立つのだと思います。
ってことは、その情報が真っ白になったとき、自分は、なんなのか?が解らなく成るということですよね。自分の特徴が見えなくなると、どう振舞えば良いのかも、わからない。
自分が何なのか?どうしたらいいのか?自分は、ここに居て良いのか?ひいては、自分は、生きていていいのか?何の価値があるのか?

それが、ゼロクリアされるのは、とても辛いことだ。心細いことだ。
その時の太郎は、大変だっただろうな。回りも良く頑張ったなぁ。
結局は、いつものパターンで、元に戻ったのは、笑っちゃいますが…。

##
自分の存在について…考えてしまう「えむえむっ!」の電子コミックを配信している「アニコミMAX」は、コチラ!!

パケット定額サービスには入ってね。↓
店長のつぶやきから
無料立読み満載↑


##
この作品は、やっぱり、自分との対話。人間性が、テーマになるのかなぁ…。


















##
では、また。

アニメの電子コミックの携帯サイト アニコミMAX
他 フルアニMAX…の店長 小川和紀




posted by アニコミMAX小川店長 at 19:58| 東京 ☀| Comment(0) | 新着情報、周辺情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。