2011年05月16日

「放浪息子」 第11話 「放浪息子はどこまでも 〜Wandering son’s progress〜」を観ました…

どうも、アニコミMAX店長の小川和紀です。
アニメの電子コミックの携帯サイトアニコミMAXをやっています。
他にも
アニメ専門動画配信ケータイサイト「フルアニMAX」
ニコニコ動画公式チャンネル「フルアニMAX」
もやっています。
どうぞよろしくです。

「放浪息子」 第11話 「放浪息子はどこまでも 〜Wandering son’s progress〜」を観ました。

高槻よしのは、髪を切って登校。案の定、千葉さおりに、前のほうが似合ってたって言われます。
二鳥修一は、逆に髪を伸ばし、修一自身の変声期には、有賀誠が先に気がつくのでした。

文化祭の倒錯劇の練習をしています。今回は、男女が入れ違ってしまう話になっているのですが、土居のオカマな演技が、クラス中で受けています。でも、それって、修一の脚本ではなく、それに対し、土居が着色して、アドリブを加えたもの。土居は、修一のせりふが、硬いので、適度に、崩したようです。

修一は、保健室登校を続けているのですが、千葉にも、倒錯劇の脚本を見てもらいます。前の作品も良かったが、今回のは、もう少し砕けていて、より良いとの事。
千葉さおりは、演劇をやる修一のクラスがうらやましいようです。と言うのも、千葉のクラスは、町の歴史を比べて展示をするというものらしいです。
千葉は、修一を自宅に誘います。今度は、高槻さんも呼んでと。あのときよりも、また、ワンピースも増えていると、付け足します。

文化祭に向けて準備している教室に、高槻さんが、戻ってきます。他の女子が、「流れ星タイム」…。星を流して、その間に、お客さんに、お願い事をしてもらうと言う企画は、どうか?と意見を求めます。

修一は、土居に、思い切って、脚本を手伝ってくれと言います。土居は、でも、自分の事、嫌いなんだろ?と確認します。修一は、そこも、はっきり、言います。嫌いだけど、土居は、せりふ周りが、面白いし…と。土居は、嫌いは、訂正しろと言います。
土居の知り合いが、そこに通りかかります。おかまとおかまでコンビ結成?と、からかいます。

千葉さんの家に、修一が、お邪魔します。さおりは、ベッドに、洋服をいろいろ広げます。
さおりは、修一に、着てみる?とお願いします。修一は、着てみます。カツラを持って来ていないので、さおりのヘアピースを着けてみます。
やっぱり可愛いと、さおりは、つい、言葉を漏らしてしまいます。二鳥くんは、特別な男の子だったと。
そこに、高槻さんも来ました。
さおりは、よしのにも、用意している洋服を着てみてとお願いします。よしのは、嫌だと言うのに。
で、結局は、似合わなくて、笑っちゃって、その場は、和んでしまいます。
次は、二鳥くんに、どの洋服を着せようか?と、よしのもさおりも、そんな方向に話は、進んでいきました。逆に、修一が、置いてけぼりな感じ。

あの頃とは、違うけど、女の子の服が似合わないよしの、男の子の服がつまらない修一との3人で、わいわい、いろいろ試してみました。
また、千葉さんが、修一に、洋服をくれたようです。

修一と、よしのの帰り道、服の袋を二つ持っているよしのに、ひとつ持とうか?と言われても、いいよと答える修一。修一は、背が伸びて…、でも、なんだか、変わっていないところもあって。

あくる日、教室で、佐々が、土居を探しています。土居は、保健室で脚本の詰めをしているとか…。へーって感じ。
保健室でも、保健の先生が、戻ってきて、その二人を見て、驚いています。
土居は、二鳥の、脚本のかったるい箇所を指摘します。そこも、色をつけたようです。修一は、面白いと言います。
土居は、修一に、放課後の練習の時だけ教室に入ってくるの不自然ジャンと、そろそろ教室出てくることを勧めます。
修一は、つい、どっちの意味で、言っているのか?構えてしまいます。
で、修一は、税所先生にも相談して、教室に来るようになりました。

それぞれが、文化祭に向けて準備を行います。

(あらすじは、ここまで)


一応、綺麗にまとまりましたね。
良かったです。
ちょっと、悲しい話で終わらないかなと心配していたので。

如何様にでも続きそうな終わり方なので、今後の展開にも期待。と言ったところでしょうか。

どこにでもある日常が舞台になっているわけではないので、この登場人物に対して、こうして欲しいとか、ああして欲しいとか、やっぱり、判るはずが無いので、無責任なことは、言えないのですが、自分の納得いく、ルールの中で、動いて欲しいですよね。

何かの言いなり…それは、楽かもしれませんが、苦痛です。ひいては、楽ではなくなると言うことにもなりかねません。
やはり、自分のおかれている環境などから、じゃあ、どうしたらよいのか?自分の意味、やることなどを再定義して、それを実行すべきなんでしょうね。

構えすぎると、キツイです。辛いです。
たまには、ガス抜きも必要ですし、理想に当て込まないってのも重要。目標に設定するのは、いいのだけれども、今の自分と、なりたい自分。いつ、それになるのか?であれば、今年は、どの程度になりたいか?そんな感じで、自分を少しずつ高みに持っていく。
そうしましょうよ。出来ないから駄目!?
それは、もったいない。

そんな感じで、徐々に、上に行きましょう。

そんで、そんで、周りで、起こっていること。それは、まずは、認めること。必然であったと言うところから、はじめましょうよ。

怒ったことを、いくら否定しても仕方がない。それからどうする?それを考えましょうよ。


##
それでいいんだ!ってことが、判ってきて良かった…と思う「放浪息子」の電子コミックを配信している「アニコミMAX」は、コチラ!!

パケット定額サービスには入ってね。↓
店長のつぶやきから
無料立読み満載↑


##
同じ原作者・志村貴子の「青い花」の動画を配信している「フルアニMAX」は、コチラ!!

↓ドコモの方は、コチラをどうぞ。↓
フルアニMAX-QR
フルアニMAX(動画配信)は、ドコモのみの対応です。

パケット定額サービスには入ってね。↑


##
次は、なんのレビュー書こうかなぁ…。




























##
では、また。

アニメの電子コミックの携帯サイト アニコミMAX
他 フルアニMAX…の店長 小川和紀




posted by アニコミMAX小川店長 at 20:38| 東京 ☀| Comment(0) | 新着情報、周辺情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。