2007年08月22日

ぼくらの 第19話「母」

どうも、アニコミMAX店長の小川和紀です。
アニメの電子コミックの携帯サイトアニコミMAXをやっています。

ぼくらの 第19話「母」 …

ウシロの親の世代の話が中心です。
今回は、今までと違ってゆっくりと時が流れます。
たまには、それもいいかも?
存在を整理するって感じですね。

過去の人の生き死にを自分のモノとして整理していく。
自分も含めて、他人の人生も、実はこうだったんだと言われて、頭の中で整理していく。
それはそれで、大変な作業だと思います。
今までの思い出を手繰り寄せては、その属性を変えてみて、関わっていないところの情報を新しく構築して、そこから自分のルーツを定義づけようとしたり…。
基本、回想なんですが、大変な人生です。

その話を通して
父親は、とどのつまり何をしてきたのか?
母親は、とどのつまり何をしてきたのか?

子は、親を見て育つと言います。

この父親にして、この子あり
この母親にして、この子あり

それを踏まえる、それを認識するために、この回は、存在したのかな?

何だか、良く分からなかった存在が、しっかりと形作り、それが自分に何かメッセージを与えてくれる。
これで、ウシロは、精神的には、がらりと変わることになると思います。心によりどころが出来たから…。良いヤツになるんじゃないかな?
ま、それを受けて、どう変わるか?は、本人次第なので、今からは何とも言えないが、強くたくましいオトコになるんでしょうね。

これからのウシロに注目です。

人って凄いな…と思います。
ちゃんと、それを語り継いでいる。父親のことを母親が、そして父親の舎弟が…。
電脳の時代、電子化されたものが全てではなく、電子なされていない、生々しく重要な情報もある。重要すぎて電子かされていない…という事情もあったりする。
結局、本当の情報をやり取りするのは、電子媒体ではなく、生身の口であったりするのかな…?
なんて感じた。

後、自分の存在が無くなった後、もしくは在る時でも良いけど…、自分の生き様?をトレースして、子供が何かを得られるような、歩き方をしているのか??
たまに、自分でトレースしてみたいと思います♪

「ぼくらの」も、そろそろ〆に向かって整理なんですかね?
これからの展開も楽しみです。

##
アニコミMAXでは、同じく鬼頭莫宏さんが書かれた「なるたる」のコミック版の電子書籍の配信を行っています。立ち読み版もありますので、是非、お試しください♪



パケット定額サービスには入ってね。↓
店長のつぶやきから
無料立読み満載↑



では、また。

アニメの電子コミックの携帯サイト
アニコミMAX店長 小川和紀


posted by アニコミMAX小川店長 at 11:53| 東京 🌁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。