2007年09月12日

ぼくらの 第22話「道程」

どうも、アニコミMAX店長の小川和紀です。
アニメの電子コミックの携帯サイトアニコミMAXをやっています。
他にも
アニメ専門着うたケータイサイト「アニうたMAX」、
アニメ専門着うたフルケータイサイト「アニうたMAXフル」、
アニメ専門動画配信ケータイサイト「フルアニMAX」
の3サイトも立て続けにオープンしています。
どうぞよろしくです。

前の話で、ウシロは、コエムシに、「引継ぎ」をしないか?と持ちかけられていましたね。
そう、カナを契約させて、戦わせて、ウシロは、生き残り「引継ぎ」を行わないか?というコエムシらしい、悪魔のささやきです。

それで、悩みながら自宅に戻ると、カナに、「契約していいよ…」って言われちゃいます。

ぼくらの 第22話「道程」…

カナの提案に答えを出せないまま、ウシロは、カナを連れて叔父さんちに戻ることにします。
マチも一緒にいくことになります。

タイトルどおり、今の状況までの穴埋めです。
ウシロとカナが何で今のような関係になっているのか?
子供の頃のちょっとした事件を、振り返ります。
その振り返りのためには、やっぱり、その故郷に帰るわけですよね。

幼稚園の頃にウシロがクレヨンでグリグリ描いたお父さんの絵。それにまつわるエピソード。可愛いですよね。

おがわは、娘が描いた僕の絵とか持ってるかなぁ…。
あ、3歳の時に娘が父の日に描いた絵、一時玄関に飾っていました。
あれ、今、どこにあるかなぁ。
当時、髪を染めていたのですが、ちゃんと髪の毛は、黄土色のクレヨンで描いているんですよね。良く見てるなぁ…と、感心したのを覚えています。やっぱり、目は大きく描いていましたね。
そんな瞬間、大事にしたいなぁ。

ちょっと大人になった二人がお父さんの所に戻ります。
やっぱりお父さんに愛されていた…と、ウシロは実感します。

OPの走るシーンがここで見れます。

一度、思い出を整理して、今のおとうさんに会って、カナと親子3人で(…ってマチもいるけど…)一晩、過ごしてみて、ウシロは、考えがまとまったようですね。

さぁ、後、残すところ2話です。

どんな閉め方をするのでしょうか?ワクワクです。



では、また。

アニメの電子コミックの携帯サイト アニコミMAX
その他もろもろの店長 小川和紀


posted by アニコミMAX小川店長 at 11:54| 東京 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。