2007年11月02日

GRジャイアントロボ 第5話 「諜知」

どうも、アニコミMAX店長の小川和紀です。
アニメの電子コミックの携帯サイトアニコミMAXをやっています。
他にも
アニメ専門着うたケータイサイト「アニうたMAX」、
アニメ専門着うたフルケータイサイト「アニうたMAXフル」、
アニメ専門動画配信ケータイサイト「フルアニMAX」
の3サイトも立て続けにオープンしています。
どうぞよろしくです。

GR-GIANT ROBO …ジャイアントロボも40周年なんですね。ULTRASEVENといい、ジャイアントロボといい…1967年は、豊作だったんですね。

そのジャイアントロボですが、横山光輝さんの漫画「ジャイアントロボ」が原作になっており、今までに、実写版、アニメ化とされてきています。

わたしもジャイアントロボ自体、再放送で見ていたので、あまり良く覚えていないんですね。で、今回のアニメは、観ているのですが…。
なかなか大人なアニメになっていますよね。

最初、南与那国島から話が始まります。
そこで、青年・草間大作が観光客相手にスキューバのバイトをしています。そこで、不思議な少女にであい、海底の古代遺跡の中の鉄神と契約をしてしまいます。

そこから、大作は、ややこしいことに巻き込まれるわけです。

実は、当時、世界中のいろんな遺跡が破壊されていました。巨大ロボットによって…。何ででしょうね。
南与那国島の古代遺跡も浮上してきて、そこから鉄神が出てきたのですが、やはり、遺跡を破壊している巨大ロボットがそこに現れます。

そうですね。そのテロの巨大ロボットは、いろんな遺跡を掘り返しては、ロボットが出てこないか?探していたのですね。

契約してしまった大作は、鉄神を操縦し、そこに現れたもう1体の巨大ロボットを破壊します。そのまま大作は、テロに対峙する国連組織に保護され…。

テロ対国連組織

のような図式ができるのですが…。

テロもなかなか大きな組織力、軍事力を持っており、巨大ロボット(GR)も何体か持っています。

大きな組織、組織対組織。組織内外でのだましあい。
いろんな人の都合により、現場は翻弄されながら、話は進んでいきます。

ロボット漫画よりもサスペンス色が強いような気もしますね。
深夜アニメのなせる業でしょう。

でも、次々出てくるGRもいろんなタイプがあり、その形などは、楽しみですよね。
GR-1…大作と契約するいわゆるジャイアントロボ
GR-2…GROが使い、古代遺跡を破壊してきた。GR-1が出現したときにも南与那国島に現れる。
GR-8…たこみたいなヤツ。GR-1をさらう。
GR-3…空を飛ぶタイプ。

全13話の5話までが放映されましたが、状況としては、まだまだ序盤のような進み方です。
これからどんな急展開が待っているのでしょうか?
楽しみです。





##
昨日、家族的には、「もやしもん」だから「逮捕しちゃうぞフルスロットル」諦めるしかないかなぁ。と言っていましたが、昨日、予約変更し忘れてしまいました。
あぁ、そろそろ娘に気づかれてしまう…。



では、また。

アニメの電子コミックの携帯サイト アニコミMAX
他 アニうたMAX アニうたMAXフル フルアニMAX
…の店長 小川和紀


posted by アニコミMAX小川店長 at 12:26| 東京 ☁| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
生誕40周年記を迎える作品は、本当に多いですね。
でもやはり1番はジャイアントロボです(笑)。
特に原作版、実写版は最高です!!
新生ジャイアントロボには賛否両論があるようですが、
個人的には気に入っています(笑)。
Posted by K.T.P.S.2006 at 2007年11月04日 20:00
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。