2011年07月04日

今年も、嫁さんの誕生日は、キルフェボンのタルトで♪

どうも、アニコミMAX店長の小川和紀です。
アニメの電子コミックの携帯サイトアニコミMAXをやっています。
他にも
アニメ専門動画配信ケータイサイト「フルアニMAX」
ニコニコ動画公式チャンネル「フルアニMAX」
もやっています。
どうぞよろしくです。


おがわ家では、お祝い事に、タルトを食べます。
ってのも、わたしが、
・ケーキは、甘くて好きではない。
・果物は、嫌いではない。
なので、みんなでお祝い事をするのであれば、タルトにしないと、なかなかお話にならない。という話なんです。

ま、お祝い事ですから、1ピース喰わないか?と言ったら、喰いますけどね。普段食べないので、別に良いかな?って感じで。でも、美味しいわけではない。

なので、おがわにとっては、タルトは、救世主のようなものです。

何年か前の嫁さんの誕生日に偶然、ここのタルトを買って帰ったんですね。今の会社に来る前は、名古屋に住んでいたのですが、名古屋に居た時に、その店を何回か使ったことがあったらしく…。銀座にお店があるのだが、そこは、いつも込んでて、使えていなくて…。
そうしたら、その年の自分の誕生日、平日だったので、全然当てにしていなかったのに、急に、8時台に帰ってきて、それも、キルフェボンのタルトをホールで買ってきて。
ってのが、2007年の嫁さんの誕生日

それ以来、誕生日やら、クリスマスやら、結婚記念日やらで、ケーキを食べなくてはいけない時、私が買ってくるときは、ここのタルトを買ってくることが多いです。

去年は、アメリカンチェリーのタルトがあって、それを買ってきて、好評でした。今年も、それが欲しいとリクエストが在ったので、誕生日の先週末の日曜日に娘と一緒に買いに行きました。

って言っても、娘は、有楽町で、ビックカメラでゲームコーナを散策していたんですけどね。


実は、嫁さんは、先週末、友達が全国から福岡に友達が集まって…っていう集まりに、参加してて、土曜日から家を空けていました。夕方に習い事を入れているのですが、それを午後一に変更して、いつもは、午後になっても、カリカリやっている課題を何とか仕上げて、大きな荷物を持って、習い事に向かっていました。夕方には、空港から福岡に向かったようです。

こちらは、残された娘と二人。金曜日が遅かったので、おがわの土曜日は、なかなか始まりません。娘は、なんだかんだ、自宅で、塾の宿題やらをやっていて、外に遊びに行くこともなく。
晩御飯に、門前仲町に食べに行って、帰りにBOOKOFFに立ち読みに。
で、帰宅後、風呂に入って就寝。

日曜日は、朝は、娘の習い事で、目黒。
その後、午後一が、塾のテストがありました。習熟度別のクラス分けがまた在るようです。うちの子は、上のクラスを行ったりきたりです。うまくいくと上がって、失敗すると落ちています。
ボーダーの近くにいる子って、結構、プレッシャーだと思うなぁ…。
ご飯の時間が無かったので、目黒から帰ってくる時、永田町の売店で、おにぎりとフレンチトーストを買って、有楽町線のホームのベンチ、電車の中で食べながら豊洲に向かっていました。

ホントは、マックに行きたがっていたので、テストが終わって、まだ、マックに行きたかったら、行こうと約束して、そうしました。
どうやら、マックで、モンスターと戦いたかっただけのようなので、注文もジュースだけ。結局、マックナゲットが食べたくて、毎回、マックに行っているわけではなかったようです(笑)

で、一時帰宅。荷物を整理して、今度は、有楽町に。
冒頭の話に繋がります。ビックカメラのゲームコーナに行って、娘が、見ている間に、私は、キルフェボンに向かいます。
チェリーのタルトを探して。

それが無かったんですよ。サイトにも7月上旬からと書いてはあるのですが、まだ入荷されていないとか…。
仕方がないので、店頭にあるものを適当に注文することに。

いつもの無難な「赤いフルーツのタルト
季節柄「季節のフルーツタルト〜夏バージョン〜
嫁や娘が、桃が好きなので、季節限定の「桃のタルト
を1ピースづつ買って帰りました。

インドア派の娘を引っ張り出した代償として、帰りに、豊洲で、太陽のラーメンを、食って帰りました。どうせ、嫁さんは、帰ってくるの8時過ぎとかの話だったので。
娘は、いつもの、「太陽のラーメン」。おがわは、おがわでいつもの「鶏パイタン麺」。

帰宅してしばらくすると、嫁さんも帰ってきました。
みんな、この土日でいろいろやってきたので、お話がいろいろあります。2人で、買ってきたタルトも見せます。

20110703_3P.JPG


取り急ぎ、娘の風呂を済まして、そして、タルトの時間にしました。

20110703_1P.JPG


普段は、なかなか一緒にご飯も食べていない家族が、同じものを食べています。
「赤いフルーツのタルト」は、娘。
「桃のタルト」は、嫁さん。
「季節のフルーツタルト〜夏バージョン〜」をわたし。
が食べることに。

やっぱり、タルトは、おいしいですよ。
おいしいねと言っているうちに、終わっちまいました。

嫁さんは、お替りが、欲しいと言うほど。無いけどね。

##
お誕生日は、一緒に、晩御飯を食べれなかったので、多分、来週、リベンジかな?
そういや、今度の週末の予定を聞かれたな。
うちは、まだ、地デジ化してなくて、テレビは、おがわ担当になってて、買ってこいって言われてたけど、来週、みんなで買いに行こうと言い出しました。
多分、それで、その後、どっかでお食事ってことなのかな?


では、また。

アニメの電子コミックの携帯サイト アニコミMAX
他 フルアニMAX…の店長 小川和紀




posted by アニコミMAX小川店長 at 16:57| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月23日

娘が、パティシエール体験してきました。

どうも、アニコミMAX店長の小川和紀です。
アニメの電子コミックの携帯サイトアニコミMAXをやっています。
他にも
アニメ専門動画配信ケータイサイト「フルアニMAX」
ニコニコ動画公式チャンネル「フルアニMAX」
もやっています。
どうぞよろしくです。

先週末、5月21日土曜日、娘が、パティシエール体験してきました。

場所は、ららぽーと豊洲のDucky Duck ららぽーと豊洲店
そこのケーキスタジオで、ケーキを作るって言うパティシエ体験。イチゴのショートか、チョコレートケーキを選べて、それを作ります。当然、作ったケーキは、持って帰れるというもの。あと、コック帽も。

先週の土曜日、熱帯植物館に行ったときの晩御飯のとき、Ducky Duckで、食事をしたので、そのときに、予約しておいたんですね。
で、その当日。

いつものように、午前中は、だらだらしてて、午後から動き始めます。パティシエ体験の予約は、16時コースでした。他のお店だと、昼間もやっているようなのですが、豊洲では、16時と17時の2組。50分程度のコースで、各2名くらいのようです。
とはいえ、ケーキスタジオは、そんなに広いわけではないので、2組入ると窮屈だろうから、良かったかも。そう、その枠は、娘のみでした。

まあ、とにもかくにも、へらの使い方ですね。どう使いこなすか?のようです。最初は、スポンジをなでていました。均しているのかなぁ?
次は、チョコクリームを乗せて、均します。
切ったイチゴを並べます。
また、チョコクリームを乗せて、均します。

20110523_1.JPG


次に、スポンジをもう一枚乗せます。
そこで、やっぱチョコクリームを乗せて均します。
次には、側に、やっぱり、チョコクリームをつけて、均していきます。

どこの面を均すにしても、人の動きで変な面がつかないように、台座も回しながらの作業になります。



これにデコレーションを加えると、どんどん、ケーキになっていきます。だんだん、目の前の物体がケーキになっていく感覚が、うれしい…。それが、こちらにも伝わってきます。



そして、自分が、作ったのが、ケーキになりました。
すんげぇ、うれしいようです。口元が緩みっぱなしです(笑)

20110523_2.JPG


ついでに、店の前でも、記念撮影。店頭のウェルカムボードには、「本日のパティシエJr.」と案内されています。
パネルに名前を書かれているのは、とってもうれしかったようです。
そういや、当日、着いてすぐに、それに気づいて、感動を噛み締めているのか?そのパネルの前で、しばらく動きませんでしたね。

20110523_3.JPG


##
その夜は、嫁さんは、外出していたので、晩御飯は、別々。
娘は、早くケーキを見せたくて、待っていました。
自慢したくて、上手に出来たので、ほめて欲しくて。そして、食べて欲しくて。
外食してきても、ケーキは、食べるよなぁと、ちょっと心配したり。

帰ってきたら、晩御飯を食べて、そして、ケーキタイムです。

20110523_4.JPG


母親は、思いのほか、旨く出来ているケーキに驚いていました。

動画を見て、一生懸命作っている姿を見て、感心していました。

20110523_5.JPG


チョコプレートは、「おたんじょうびおめでとう」でした。
今年の自分のお誕生日ケーキが、無かったので、今回、自分で作れてよかったとシミジミいっていましたよ。













##
では、また。

アニメの電子コミックの携帯サイト アニコミMAX
他 フルアニMAX…の店長 小川和紀


posted by アニコミMAX小川店長 at 19:10| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月19日

先週末、「夢の島熱帯植物館」に行ってきました。

どうも、アニコミMAX店長の小川和紀です。
アニメの電子コミックの携帯サイトアニコミMAXをやっています。
他にも
アニメ専門動画配信ケータイサイト「フルアニMAX」
ニコニコ動画公式チャンネル「フルアニMAX」
もやっています。
どうぞよろしくです。

先週末、5月14日土曜日「夢の島熱帯植物館」に行ってきました。

私のblogやtwitterを覗いている人は、私が平日、ほとんど家にいないので、その穴埋めのために、土曜日は、娘と時間をなるべく取っているって事は、知っているかと思います。

で、その「夢の島熱帯植物館」ですが、東京都の施設なんですね。だからか…。娘がよく学校からチラシをもらって帰ってくるんです。
ワークショップに参加することって、娘は、好きなんですが、最近、その欲求に耐えられなくなったのか?いきなり、先々週かな?チラシを持ってきて、これに参加したいって相談しに着たんですね。
全然、そんなのおkなので、良いよって返したのですが、予約が必要だったようなので、その場で電話してみました。そしたら、残念なことに、娘が希望するいくつかのワークショップは、すべて予約いっぱいになっていました。
娘は、しょぼーん↓だったのですが、「別に、参加できなくても見学は出来るんじゃないの?今度、行こうよ!」って声をかけて、先週末に行ってきたって話しです。

土曜日は、金曜日の翌日。金曜日は、夜9時からニコニコ動画で運用している公式チャンネルのカブトボーグの生放送を行っている曜日なんですね。で、毎回、何百人という視聴者さんと、一緒に、アニメを観て、チャンネルの裏話をしたり、商品開発や番組編成の相談をしたりして、大抵12時過ぎまでやっています。
そして、その日の生放送のお礼、次回の水曜日の生放送の予約をセットして、twitterでの視聴者とのやり取りを終えて帰宅します。…自転車で。
嫁さんが、寝かしてくれてて、娘が僕を起こそうとしても、それを止めてくれるんですね。なので、午前中は、ゆっくり寝れる。で、いつも、一緒に遊びに行くのは、午後から。

だらだらしてたら、お昼も過ぎて、靴も買って来いとかスポーツサンダルも買って来いとかいろいろ注文が入って、まずは、東雲のイオンに寄ることにしました。
でも、そんなに数は、無くて、いろいろ、好みがうるさい娘なので、なかなか決まらず。二人は、意見が一致したんだけど、嫁さんに、写真を送ってみると、却下されたり。しゃーないので、短い靴下を1つ買うだけにして、マックでランチ。

20110519mac.JPG


…なんで、短い靴下か?出かけるときに、コーディネイトを考えたら、くそ暑い格好になってしまったようで…。
で、マックを、食べながら、「夢の島熱帯植物館」の頁をみて、ビックリ。16時に受付終了。閉館は、17時ですが、入り口は、1時間前に閉めちゃうようです。
15時を余裕で越えていたので、急ぐことにしました。

東雲のイオンから辰巳桜橋を越えて、辰巳駅から一駅。新木場駅に向かいます。

20110519bridge.JPG


新木場駅に降りる事って、ほとんど無いですよね。大抵は、乗り換え。終電で新木場で目が覚めて以来の出来事でした。
で、着いた時間が、16時くらい。
駅前の信号を渡れば、そこは、夢の島公園には、なるようですが、そこには、いろんな施設があって、結構、夢の島熱帯植物館が奥のほうなんですね。そこにたどり着くのに、結構、時間がかかちゃいました。

娘は、小走りで、「遅れちゃった」、「入れてもらえないかも…」と、不安がっています。
「まー、交渉しようよ。時間も遅れている、見学時間が短い、それを認識して、金払うのは、見学者なんだから、お願いしたら入れるんじゃないの?」と、焦る娘を宥めながら、交渉人おがわは、どんなお願いをしようか?と考えながら、夢の島公園の奥へ奥へと進むのでした。

かくして、受付で、「10分遅いのは、わかっているのですが、見学時間短いのも承知しているので、見学させてください」と、正面突破。あっさり許諾で、入館料を払って、入館。

なんで、こんなものが、都の施設としてあるのか?ですが、小笠原諸島が日本に返還されたタイミングで、そこにあるような珍しい熱帯の植物を、そのままの状態で感じることが出来る環境を作っていると言うことらしいです。
で、普通の民間の施設ではないので、出来ることが、あり、それは、ごみの焼却の余熱を利用していると言うこと。
中央区に住んでいたことがありますが、それは、温水プールがありました。時々、娘と遊びに行っていました。
江東区では、これがあったということですね。同じ、公園内に、体育館があり、そこでも、余熱は、利用されているようです。

なので、本格的です。

嫁の実家が沖縄なので、時々、沖縄に行くことがあるのですが、ところどころ、懐かしい空気があります。
でも、日常な光景ではなく、密にいろいろレイアウトされているので、迫力はあります。大きなシダ、ヤシ、大きなオオギバショウ…。その立て続けの演出は、なかなかです。

この赤い葉?に目が留まります。ハイビスカスのようですが、花びらではなくこれは、葉?がく?判りませんが、めっちゃ赤いです。

20110519unaduki.JPG


その温室から出る手前に、高くそびえるのが、オウギバショウです。
でかいでかい。傘の代わりにでもなるかと思うほど。

20110519ougibasyo.JPG


そこから出ると、食虫植物の温室がありました。ウツボカズラがいっぱいです。ハエトリソウもあります。ねばい液が、分泌されて、消化するなんていうトリモチなものもあったり、いやぁ、面白かったです。
目の周りに無いものが、そこには、我が物顔でいるっていう、驚き、違和感が面白いですよね。
だって、ウツボカズラのそれが、もう、何十個とぶら下がっているんですね。ふぇええって感じでした。

20110519utsubokazura.JPG


イベントホールの隅には、植物の体験できるようなものが、いくつか置かれていました。イベント自体は、バナナを取り上げていたかな。バナナで紙を作っているのが、驚きでした。
そんな中、ドリアンの姿を見る、そして、覗き穴の近くから匂いまでするという体験BOXが在りまして。
ひどい匂いがするというのは、聞いたことがあって、娘が試してみました。
あー、においするよ、試してみたら?って言うので、試してみたら、案の定、ひどい匂い。なんと、軽く振って、引っ掛けると言う技を娘は、持っていたんですね。してやられました。
くさいじゃん!って言ったら、くさいよねーとか、やられた。

20110519dorian.JPG


自動販売機で、ジュースを買って飲んで帰ることにしました。

##
帰りに、ららぽーとのABCマートで、娘の靴を買いました。嫁さんに、これ買うよと写真を送ったのですが、返事も無く。
でも、買わないで帰るのは、それはそれで、怒られると思ったので、いろいろ考えて買って帰ったんですが、お気に召さなかったようで、翌日、返品しに行かされちゃいました。

今度から、娘の買い物を、代行するのは、止めようと心に強く誓ったのでした。
だって、私は、週に1日か2日しか一緒に歩かない。そんな私が、選んでも、多くの日を一緒にあるく嫁さんが気に入らないと、やっぱり駄目ですよね。そもそも、僕の好みも普通じゃないし(笑)

##
今週末は、娘がパティシエ体験に参加します。













##
では、また。

アニメの電子コミックの携帯サイト アニコミMAX
他 フルアニMAX…の店長 小川和紀


posted by アニコミMAX小川店長 at 18:46| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月10日

先週の三連休、娘と帰省してきました。【後半】

どうも、アニコミMAX店長の小川和紀です。
アニメの電子コミックの携帯サイトアニコミMAXをやっています。
他にも
アニメ専門動画配信ケータイサイト「フルアニMAX」
ニコニコ動画公式チャンネル「フルアニMAX」
もやっています。
どうぞよろしくです。

先週の三連休、娘と帰省してきました。…昨日の続き、後半です。

▼5月4日水曜日

いつものように、起こされておきる朝。
食事の後は、だらだらするのですが、娘が、遊び始める前に、一応、塾の宿題は、やっておく。
で、やっぱり眠くて、部屋に戻って、二度寝(笑)。

昼くらいに起きて、シャワーをして、出かける準備。
前日には、高知に行って、太平洋を見よう!と盛り上がっていたのですが、ばーさん曰く、遠いので、泊りがけにしよう。次回、ちゃんとホテルを取っておこう。移動の車も、家の軽ではなく、大き目の車を借りておこうという話になり、キューキョ、行き先は、瀬戸大橋に。
でも、その前に、讃岐うどんを食べるつもりだけどね。

太平洋は、ずいぶん楽しみにしていたようで、娘は、すねていました。

今回は、私が車の運転をします。まずは、琴平から善通寺に抜けて、山下ってうどん屋へ向かいます。場所もiPhoneで調べると、マップが誘導してくれます。
ところが、大きな問題がそこには、待ち受けていました。
だって…。
田舎にあるまじき、長蛇の列。駐車場も通常の店舗の駐車場のみではなく、道を挟んで向かいにも駐車場を用意しています。しかも、交通整理のおじさんまでいます。車をさばいたり、道を横断するお客さんのために、車を止めたりしているんでしょうね。
この想像もしていなかった長い列に、おがわは、つい、ひるんでしまい、店の前をスルーしてしまいました(笑)。

そのまま丸亀方面へ。
ばーさんには、いろいろ言われたんですが、そもそも、娘もうどんに乗り気じゃなかったし。そこで、待たせるのもアレかな?と思って。おがわも、待つの嫌いだし。

で、たどり着いたのは、スシロー丸亀店。
一皿100円で、乗せるものを調節しています。なので、解りやすくて良いかなと思います。微妙にそれなりの値段が細かく設定されているより、「これ、ネタが高くて、1個しか乗っていないけど、100円です」が、解りやすいかな。
ツイ食べ過ぎてしまいました。

20110504_0_susi.JPG


それから、瀬戸大橋に向かいます。
手前のゴールドタワーって話もあるのですが、そこだと、結局は、瀬戸大橋は、遠くに感じます。やはり、近くで見上げるようなことは、したほうがいいかなと。
昨日は、電車に乗って、瀬戸大橋から周りを見たけど、今日は、外から、瀬戸大橋を走る電車を眺める。面白いかなと。

瀬戸大橋公園の手前を左に曲がると、その埋め立て地が無かった頃、島だった、「沙弥島」ってところがあります。行ってみれば解るのですが、ホント、島って感じです。
そこには、島の生活が少し見えるような、ところもあります。
島だけに、学校もあり、沙弥小中学校…でも、今では、廃校になっているようです。向かいには、市の施設の海の家もあり、その先の浜辺は、ちょっとしたリゾート気分を味わえる場所になっています。

20110504_2_setooohashi.JPG


そこから眺める瀬戸大橋は、標高0mから見上げる感じで、いい感じです。手前の元「島」と、向こうに見える、海に立つ人工建造物、このギャップがなんだか不思議な感じです。
そうですね。佃の住吉神社の近辺の昔っぽい風景の背景に、超高層マンションが聳え立つ。それと似ているのかも知れません。
そういう意味では、おがわは、そういうミックスジュースな光景が好きなのかも知れませんね。

島なので、山自体は、そんなに高くないです。そして、小さいです。遊歩道があります。土の上を歩くんですね。都会育ちの娘からすると、アスファルトでもブロックでもコンクリートでもない舗装されていない道を歩くなんてそうそうないかと、ぐるっと島を周ってみました。

20110504_1_komichi.JPG


足が悪い、バーちゃんは、最初の砂浜のところのベンチでずっと座ってて、退屈そうでした。娘とおがわは、島一周が終わって、戻ってきたので、車で、瀬戸大橋の足元まで行ってみることにしました。

20110504_3_bridge.JPG


足元から見上げるとこんな感じ。田舎育ちのおがわにとっては、高層ビルよりも最初にこれを見ているので、つくづく、人間ってすごいなぁと思うのです。海にも立っているんですものね。へー。って感じです。

それから、娘は、昨日に引き続き、本屋に行きたいと。宇多津にTSUTAYAが在ったので、寄ってみました。地元の本屋、昨日のゆめタウンに入っている本屋とまた趣向が違う本屋。
娘が探していた本は、見つかりました。で、購入。

晩御飯は、二日連続の一鶴にはならず、善通寺のジョイフルにしました。西日本に来たなら、やはり、ジョイフルは、欠かせないファミレスアイテムです。定食など、500円切ってたりします(笑)。

20110504_4_toriten.JPG


で、帰宅途中で、いつものように晩酌の用意。そして、めんつゆをお土産用に買って帰りました。

▼5月5日木曜日

世の中は、こどもの日なのですが、われわれにとっては、帰省の最終日の認識でしかない…。

まー、いろいろ買い物をしてものが増えている娘。ばーさんが、いろいろ持たせて、もって買えるものが増えてしまったおがわ。荷物を用意しないといけません。
後は、なかなかお湯が思うように出ないシャワーで、体を洗って、外出の準備。

お土産は、昨日のうちに買ったので、特にどこかに用事があるわけではない。出かける準備をして、近所の親戚宅に訪問。ここは、お袋の妹が嫁いでいる先。めっきり弱ってしまっているうちの両親は、結構、お世話になっているので、毎回、お土産を持って行き、話しをしている。
今回も、おじさんと話をしていると、新玉葱が結構あって、処理に困っているとか。送ってくれるって話になった。娘は、前回、もらっていなかったお年玉をもらったり…。なんだか、簡単なお土産が、何倍にも変換された♪

結局は、昨日、うどん屋をスルーして、一番、ストレスがたまったのは、ばーさんでした。リベンジしたいと言っています。でも、結構、いい時間になってしまったので、善通寺まで行くことは諦め、高瀬町と豊中町の間の六ツ松のレストランによりました。
ばーさんは、てんぷらとざるうどん。娘は、カレーうどんと、おにぎりと、おひたし。おがわは、冷やしうどん。

20110505_1_udon.JPG


そうそう、地元の冷やしうどんって、冷水にうどんが沈んでいるんですよね。氷も浮いている。東京には、このうどんってそう言えば、無いですよね。香川では普通です。学校の食堂にも在ります。

で、ケーズデンキに寄ってみました。夏までに、テレビを新調しないといけないですよね。その検討。やっぱり、わかんないことが多いので、店員さんに軽く聞いてみようって。
とりあえず、取っ掛かりの情報を頂いたところで、スーパーによります。で、缶チューハイやつまみ。娘のお菓子などを購入して、駅に向かいます。

おばーちゃんは、今度は、夏休みな。を連発します。そのうち、娘も、夏休みね。と返すようになっています。
一応、嫁さんの実家もあるので、どっちに帰るかは判らないよと、軽く釘を刺しておきます。
で、電車を待ち、乗車。その電車で、多度津まで。

多度津に着くと、今度は、特急南風に乗って、岡山まで40分ちょいの旅です。

20110505_2_sake_1.JPG


さっき、スーパーで買った缶チューハイを出して、酒盛りを始めます。つまみは、いかくんにしてみたのですが、途中、娘が、つまみ食いを始めてしまいました。

次には、岡山で新幹線に乗り換えます。売店で、また、缶チューハイを買おうと思ったのですが、娘が本を見たいとか…。そんな時間は、無いので、適当に「ねこぱんち」と、お菓子を買って乗車。時間ギリギリで、16号車のチケットなんですが、エスカレータ上がってすぐの車両・11号車に飛び乗り、込んでいる中、16号車まで移動しました。
自分の席にたどり着いたら、おがわは、二次会を開始しました。

20110505_3_sake_2.JPG


新幹線に乗ったら、勉強第二弾をやろうと言っていたのですが、すっかり酔っ払いな感じになってしまっていました。
で、飲んで寝てな感じで、そろそろ東京駅。
目が覚めて、横の娘を見てみると

20110505_4_marukunaru.JPG


猫のように丸くなって寝ています(笑)。
結局は、東京駅に着いても、まだ寝てて、起こしても不機嫌。
降ろして、ベンチで座っている間に、新幹線の頭を覗き込んで見ました。

20110505_5_sinkansen.JPG


結構面白い形をしていますよね。

##
昔と比べて何から何まで面倒見ないといけないわけでもないので、二人の旅行も面倒ではなく、楽しくなってきたような気もします。
また、一緒に、旅行に行こうかな。


















##
では、また。

アニメの電子コミックの携帯サイト アニコミMAX
他 フルアニMAX…の店長 小川和紀


posted by アニコミMAX小川店長 at 14:40| 東京 🌁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月09日

先週の三連休、娘と帰省してきました。【前半】

どうも、アニコミMAX店長の小川和紀です。
アニメの電子コミックの携帯サイトアニコミMAXをやっています。
他にも
アニメ専門動画配信ケータイサイト「フルアニMAX」
ニコニコ動画公式チャンネル「フルアニMAX」
もやっています。
どうぞよろしくです。

先週の三連休、娘と帰省してきました。

おがわの実家は、四国は、香川県三豊市です。
娘は、おがわけが、香川県高松市に住んでいた頃に、生まれたので、幸いなことに、香川県が好きです。うどんとか好きです。…最近、らーめんの方がすきとか言い始めましたが…。
でも、骨付き鳥の一鶴は、努力の末?、大好物になってくれて、最近は、帰省の度に、食べています。
なので、今回も、骨付き鳥と、娘が、ばーさんにおもちゃをネダル。そんな旅になるかと。

▼5月3日火曜日

新幹線は、東京9時50分発。
ってことで、9時には、東京八重洲行きのバスに乗っておかなくては…。なんて準備で、後は、新幹線、四国への特急しおかぜに乗り換え、最寄の特急停車駅で、各駅電車に乗り換えて、讃岐予讃線高瀬駅までの5、6時間の旅。
今思えば、これでも、短くなったものです…。

東京駅に、9時半くらいに着きました。
ここで、やることは、お土産を5個くらい買って、新幹線の中での食事、鉄道旅行の醍醐味と言えば、酒とつまみ。娘に、お菓子とジュースを買って新幹線に乗り込みます。

娘は、バス乗車中から私のお下がりのiPhone3GをiPod代わりに聞いてて、改札抜けても、オペレーションしながら聞いていたので、私が、エスカレータを昇ったのに気がつかなかったようでした。振り返ると娘が居ない!
遅れて上がってくるかと思ったのですが、なかなか上がってこない。エスカレータの下を見てみると、娘がキョロキョロ。呼んでみるのですが、イヤホンしたままなので、聞こえるはずも無く。キョロキョロどころか、オロオロ。
大きな声で呼んでも、回りの人が驚いてこっちを見るばかりで、当の本人は、オロオロ、キョロキョロ。階段を下りていって、「迷子になっているんなら、イヤホン取れ!」と、イヤフォンを外させました。

座席に着くも、今度は、iPhoneで、ゲームを始めようとしたので、制止。まずは、塾から出ている宿題をさせました。
最近、算数が苦手っぽいです。ま、塾は、学校より先行して進んでいるので、学校で、ちゃんと復習が出来てればいいのですが…。
「わり算」が、出てきました。その筆算。
やっぱり、教材は、うまく出来ていて、最初、わからなくても、解いているうちに、それが、練習になって、後半は、自分ひとりでも解けてくる。そんな無理の無い練習になっているようです。
最初は、指示しながら、途中で、指示を減らして、遅らせて、後半では、何も言わずに、詰まっても最後まで解けるか?見ていました。
最初は、わからなくて、おっかなびっくりだったのが、指示なしで解けたことを、認識させたら、お喜び。
それからは、調子に乗って解き始めます。
次のページに行くと、また、新しいタイプの問題が、入ってきます。つくづく、確認するための問題集ではなく、習うための問題集なんだと感じた瞬間でした。新しい頁に入ると、また、解らない問題が出てきます。
最初の頁では、割る数は、2桁にならないもの。次のページでは、割る数が、2桁になるものが出てきました。途中で、割り切れちゃって「0」が立ったり…。どこで躓くのか?見ていると、楽しかったです。
なので、一方、問題集が、よく出来ているなぁ。と感心しつつ。算数って面白いなぁと、理系のおがわは、つくづく感じていました。

で、11時半くらいに、娘の格闘は、終了したので、そこから、娘は、iPhoneのゲーム祭り。

20110503_1_game.JPG


で、おがわは、酒盛りしながら早弁。電車での旅の醍醐味です。

20110503_2_hayaben.JPG


飲んで寝て、うとうとしていると、岡山駅。そこから特急しおかぜに乗り換えます。そこで、おばーちゃん(私の母親)に、迎えに来てもらう駅の到着時間を電話で知らせます。
しばらくすると、瀬戸大橋を渡ります。

20110503_3_seto.JPG


瀬戸大橋を渡り、しばらくすると、多度津駅。ここで、しおかぜを降ります。各駅停車に乗り換え、高瀬駅までの鈍行の旅。
以前だと、多度津駅に迎えに来てもらっていたのですが、この間、倒れてからは、道のりが楽な、高瀬駅に迎えに来てもらっています。

多度津から海岸寺、詫間あたりは、海岸線を走るので、東京で地下鉄ばかり乗っている娘からすると、窓の外が楽しいようです。

20110503_4_mado.JPG


そして、高瀬駅に着きます。
降りて、しばらくすると、おばーちゃんが、お迎えに着ました。
一旦、自宅に帰りました。

ばーちゃんは、孫に聞きます。
こんばんは、何を食べる?すき焼きとか?
で、娘の返しは、「一鶴行きたい!」です。
さすがです。

って事で、いつもの骨付き鳥一鶴に行くことになりました。
ばーちゃん、久々の孫だからか、一鶴へ行くのも30分程度の運転ですが、頑張っています。
娘もテンション高いです。
ひなどりとむすびをオーダー。むすびは、1人前3個です。これを、骨付き鳥の肉汁と調味料いっぱいの油につけて喰うと、旨い旨い。バターライスのようになるんです。
娘は、それを十分認識しています。おにぎりは、2個でよくないか?って聞いたのですが、3個でいいと1人前。3人居るので、2人前頼んで1人2個食べる方法もあったのですが…。
ばーちゃんも、ひなどりとむすび。おがわは、おやどりとむすび。おやどりは、歯ごたえがあって旨いです。噛めば噛むほど…ってタイプです。

20110503_5_ikkaku.JPG


結局は、娘は、完食出来なかったのですが、むすびは、止まらなかったようで、3個とも喰って、肉を一部残しました。それは、私が頂いたのですが♪

これで、私は、帰省の目的のほとんどを完了した形になります。
娘は、おばーちゃんに、誕生日のプレゼントを買ってもらうという目的があります。
今回は、DSのソフトの攻略本という面倒くさいテーマを抱えていたので、それから、ゆめタウン丸亀に移動。
このあたりからは、おがわが運転を代わります。iPhoneで、住所を調べて、地図でどこにあるか確認して走ります。
そこには、その目的の本は、無かったのですが、じゃあ、あれはあるかな?と次々と候補を探していくのですが、極端に、遊びの本になったり、買えそうな物になっても無かったり。
いろいろうにょにょやってたら、おばーちゃんも、なかなか頭良いです。何が的確か?その検討やらなにやらで時間を食っているのをどうやら見抜いたようです。
小遣いやるから、これで、好きなものを買え!
さすがです。
財にモノを言わせて、孫のあーでもないこーでもないという、面倒くさい交渉事を、一蹴しました。しかも、問題ない。
すばらしいです。

取り急ぎ、その場は、カードゲームのムック本を買っていましたね。

##
私と言えば、あまりモノに固執していないので、晩酌の炭酸と乾き物を帰りのスーパーで購入して、その日は、終了。って事でした。

##
翌日は、観光しようって話を、娘にしておきました。
実家に帰省って、買い物は、行っても、観光ってあまりしない。
いつも、娘がばーちゃんに、おもちゃをねだる3日間ってのが、ほとんどのパターン。今回は、おもちゃを買うのではなく、小遣いを渡すことによって、何かを買うという行為が、オプションになったので、観光という時間が取れる。

あしたは、讃岐での観光をちょっと書きますね。








##
では、また。

アニメの電子コミックの携帯サイト アニコミMAX
他 フルアニMAX…の店長 小川和紀


posted by アニコミMAX小川店長 at 19:12| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月02日

映画「豆富小僧」を観てきました。

どうも、アニコミMAX店長の小川和紀です。
アニメの電子コミックの携帯サイトアニコミMAXをやっています。
他にも
アニメ専門動画配信ケータイサイト「フルアニMAX」
ニコニコ動画公式チャンネル「フルアニMAX」
もやっています。
どうぞよろしくです。

先週末、4月29日金曜日、映画「豆富小僧」を観てきました。

GW向け映画が、出揃ったって感じですね。早速、観てきました。
というのも、毎週金曜日は、おがわの家に一番近い映画館、ユナイテッドシネマの会員だと1000円で観れる日なんですよね。
通常は、金曜日は、私が運用しているニコニコ動画の公式チャンネルの生放送の日になるので、夜に映画に行くということが出来ません。
しかし、29日金曜日は、祝日。したがって、昼間に映画に行けます。夕方から出社して、夜は、生放送を行う予定としていました。

今回は、割引券や前売り券で購入するわけではないので、ネットで購入します。水曜日くらいには、週末のチケットは購入できるので、事前に購入しておきました。娘と私と2枚購入ですが、娘も会員なので、娘も割引です。

で、いつものように、わたしは、ペプシネックス、娘は、31アイスのオレンジシャーベットを買って、中に入ります。
やっぱり、始まっていました(笑)。

なにやら、妖怪なんか、幻だと言う村人を、驚かし、懲らしめてやろうと、妖怪たちが、立て続けに、現れます。
で、上手く盛り上がったところで、豆富小僧の出番です。しかし、勢いあまって、お盆に載せている豆富を転がしてしまって…。驚かすどころでなく、うまくしまらなく…。失敗。
笑われてしまいます。

その日も、父親の見越し入道に怒られます。怖がらせるどころか、笑われてどうするんだ!?と。おろくねーちゃんが、フォローに入るのですが、そのフォローの仕方も、2頭身で、特に驚かせるアイテムもないし…。と、それも、なんだか…。
親父も、同じ小僧でも、からかさ、ちょうちん、ねずみ、弁天なんかは、大活躍している!と、よその子と比較もし始めます。
そこで、豆富小僧は、豆富だから、自分も一丁前でございます。って、洒落ってみたのですが、スルー。結局は、人間にも妖怪にも笑われてしまいます。

悲しくなった豆富小僧は、「怒ってばかりいるおとっつあんなんて嫌いです!みんなみんな消えちゃえー」と、妖怪の森を逃げ出します。豆富小僧の着物の袖に、達磨が居ました。
そして、やさしかった母親は、どこかにいるはずだと、母親を探すたびに出ることにしました。

豆富小僧が行く先の竹林に、女性が現れました。おっかさんかと、つい、追いかけてしまいます。
気がつくと、「おっかさん」も、達磨も居なくて、自分、一人でした。すると、また、先に、「おっかさん」が現れます。追っても、追っても、先に行っちゃいます。

そこには、お堂がありました。豆富小僧は、そこに入っていきます。達磨もその中にぶっ飛ばされて、そのまま、お札を貼られ、二人は、封印されます。二人を嵌めたのは、狸のようです。
狸と妖怪は、何百年と対立していて、豆富小僧は、妖怪の長の見越し入道の息子。対する狸の芝居者狸からすると、ずっと隙を狙っていたのでしょう。

閉じ込められた二人は、仕方がないので、にらめっこをして時間を潰していました。
突如、大きな地鳴りと共に、お堂の屋根を貫いてきたのは、パワーショベル!そしてブルドーザー。そんな土木作業機に空高く飛ばされて、落ちたところは、高速を走るトラックの上。

どうも、回りの様子が、以前とまったく違う。何が、どうなったのか?二人は、目の前に、見える「火の見やぐら」に上がって、回りを見渡せば、何かが見えるかもしれないと考えます。…それは、スカイツリーです。
別の車に飛び移り、なんとか、「火の見やぐら」に向かおうとします。

死神に会いました。それで、今がわかりました。どうやら、お堂に閉じ込められて、200年経ってしまっているようです。その間に、妖怪は、居なくなったようです。
速い乗り物、高い建物、人間の可能性が広がり、人間が、「恐れ」の気持ちがなくなってしまったようです。そこに、うまく付け入ったのが、狸一族らしいです。
死神は、仕事だと、どっかに行ってしまいました。

なんとか、「火の見やぐら」の足元まで、着ちゃいました。
豆富小僧と達磨は、その「火の見やぐら」の上に上りたいと考えます。人の流れに乗って、エレベータに乗ってみます。

この時代では、妖怪のことに気がついてくれる人間は、誰一人としていなかったのですが、このタワーには、居ました。一人の少女・アイちゃんが、豆富小僧、達磨のことに気がつきました。
そのアイちゃんは、お父さんを亡くしてしまっているようです。その上、お母さんは、研究に没頭していて、さびしい想いをしていました。

そのアイちゃんのお母さんが勤めている会社の社長をはじめ社員さんたちには、狸が憑いているようです。人間の欲にとり憑き、今回は、天気をつかさどる術を手に入れ、世界征服を狙っているようです。当然、人間には、狸は、見えていません。

人間を巻き込んでの狸と妖怪の戦いが…

(あらすじはここまで)


ここに、自分の居場所がないんだけど…。
もしかして、自分って、役立たずなのか?
生きている意味ってあるのか?

なんて、考えて、自分をどんどん、追い込んでしまう時ってありますよね。俺は、駄目だぁ…とか。

若い頃、学校に行っている頃とか、そんな感じでしたよね。
人の物差しで、評価されているときに、起こりがちなんですよね。
そこで、うまく振舞えて、物差しを持っている人にとって、評価に値する動きが出来ればいいのですが…。
それが、物差しを持っている人にとって、うまく動けていないとき、悲劇は始まります。

冒頭に書いた、居場所が無くなるわけです。よって、自分は、役立たずと評価してしまい、極論、生きる価値がない…とまで、話が進んでしまうわけです。

学校に行っている頃、それも、義務教育期間では、居場所を見つけれなくなった場合、結構、大変になります。

さっきから、学校行っているうち…と書いているのは、そう、それ以降だと、比較的簡単に、自分の置かれている環境を変えることが出来るわけです。
物差しを当てられる自分は、努力によって、いろいろ変えることが、出来るでしょうが、置かれている環境を、変えることにより、物差しを変えることが出来るわけです。
学校、仕事をやめたり、違うところに行ったりするって事ですね。転校や転職です。
これを行うことにより、本人の評価の仕方が、変わるって事です。

…なので、
居場所が無いとか、役立たずとか、言うことがありますが、本当に「居場所が無い」のか?本当に「役立たず」なのか?
それは、単に、居場所が見つけれていない。自分の「役」が見つかっていない。ただ、それだけって事も十分ありうるわけですよね。

それって、簡単に見つかることがどうかは、解りません。いろいろ悩んでいるうちに見えてくることかもしれません。
それが、職業に縛られること無く、「なんか、こーゆー感じ」って概念が、自分の中で、定義できちゃうと、転職しても、自分の中では、同じ感覚で新しい仕事も出来るのかもしれません。

結局、これって、自分を知るって事。
点が良かったからうれしい。だから、これが好き。
じゃ無くて、もう少し踏み込んで、何が好きなのか?
なんて事を、時々、考える必要が在るのかもしれませんね。

##
後は、どうにかなるよとか、多分、大丈夫とか…。
そういう、なんかよく解らない自信。
そういうのって必要だと思います(笑)

##
では、また。

アニメの電子コミックの携帯サイト アニコミMAX
他 フルアニMAX…の店長 小川和紀


posted by アニコミMAX小川店長 at 20:14| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月25日

2011年4月。最近、おがわが読んでいる電子コミック…。

どうも、アニコミMAX店長の小川和紀です。
アニメの電子コミックの携帯サイトアニコミMAXをやっています。
他にも
アニメ専門動画配信ケータイサイト「フルアニMAX」
ニコニコ動画公式チャンネル「フルアニMAX」
もやっています。
どうぞよろしくです。

連休前って事もあり、2011年4月現在の、最近、おがわが読んでいる電子コミックを今日は、書いてみます…。

■あしたのジョー
実写映画化で、注目された「あしたのジョー」そんなタイミングでの電子化だったので、つい最近、はまってしまいました。
古い作品って事で、敬遠してしまう方もいるかも知れませんが、古い作品なので、逆に、新鮮なのかもしれません。
ジョーの自分に正直で、真っ直ぐな、気持ちを今の自分が、少しでもまねが出来たら、もう少し、自分の世の中も楽しくなるような気がします。大変になるとは思うのですが…。

■GIANT KILLING
先期にアニメ化された作品。おがわは、アニメを観て、この原作コミックを読んでいる…って入り方をした口です。サッカーアニメと聞いて、スーパー選手が出てきて、彼の成長を見る作品なのかな?と思ったのですが、監督を描いているという事実を知って、これは、面白そう…とおもい、アニメは、全部観ました。
弱いとされているものが、強いとされているものを倒すこと、大番狂わせって意味らしいですが、この主人公の監督は、選手時代から、そうだったようで…。
この作品は、社会人、中間管理職など、人を使ったり、使われたりする人に読んで欲しいですね。自分のチームで、「GIANT KILLNG」を起こしたいと考えている人に、熱い応援を送ってくれる作品かと。

■岳
大自然と向き合っている三歩。彼は、ボランティアで、山岳救助を行っています。ボランティアといえども、山では、一目置かれているスタッフです。
そんなギリギリのところで、自然に魅了されているからでしょうか、大変、おおらか、器が大きいです。絶対的なもの、人間の手では、どうにもならないもの、既に起こっているものに関しては、大変、寛容です。
そこで、何が出来るか?自分には、何が出来るか?
この、事象への向き合いは、実際の身の回りにも応用できて、やはり、事象とは、すべて自分でコントロールできるわけではなく、まず、自分では、コントロールできないものと認識しておいたほうがいいのかもしれません。
したがって、後手後手に回ってしまうのですが、その事象にどう対応していくのか?それを上手く振舞うことによって、影響を最小限にする、もしくは、逆にいい方向へ動かす。
おがわは、この作品の登場人物の状況へ対する柔軟な対応ってのは、自分たちの生活に応用できると思うんですよね。
そんな意識をしながら、この作品に向かい合いたいと考えています。

■涼宮ハルヒの憂鬱
この作品、つい、この間、「涼宮ハルヒの消失」のDVDを観たので、再燃しました。電子コミックは、結構、長い作品になっているので、この「消失」のエピソード自体が、先のほうにあります。だらだら読んでいたのですが、幸いなことに、最近、ちょうど、「消失」の話に入ってきました。
長門のことを思い出しながら、読んでいます。

■緋弾のアリア
ツンデレ属性のおがわには、なんともいえない期待感を抱えてしまう話の進み方です。アニメ化ということで、電子コミックを読み始めたのですが、最初の数話しか読んでいないのですが、おがわの好物の匂いがしています。
この先、どう転ぶのか?解りませんが、自分としては、デレのところを探しながら、追い求めていきたいと思います。

■鬼灯さん家のアネキ
おねーさんって、なかなか無視できない属性ですよね。
気になっているそれを知ってか知らずか、そんな行為に及んでくる。
どうにもこうにも、振り回してください。
そんな存在って、やっぱり魅力的で…。
4コマな進め方が、また、小気味良くてよいですよね。


##
そんな感じで、この連休も充実した時間がすごせそうです。
みなさんも、いつも読まない作品をガッツリ読んでみてもいいかもしれませんね♪

##
以上の電子コミックを配信している「アニコミMAX」は、コチラ!!

パケット定額サービスには入ってね。↓
店長のつぶやきから
無料立読み満載↑


##
では、また。

アニメの電子コミックの携帯サイト アニコミMAX
他 フルアニMAX…の店長 小川和紀


posted by アニコミMAX小川店長 at 19:25| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月19日

娘と目黒寄生虫館に行ってきました。

どうも、アニコミMAX店長の小川和紀です。
アニメの電子コミックの携帯サイトアニコミMAXをやっています。
他にも
アニメ専門動画配信ケータイサイト「フルアニMAX」
ニコニコ動画公式チャンネル「フルアニMAX」
もやっています。
どうぞよろしくです。

娘と「目黒寄生虫館」に行ってきました。

平日は、大抵、深夜残業か開いている日は、飲みに行ったりで、なかなか自宅に居る時間が少なく。平日に都合つけて帰宅すると、娘に「レアキャラだ!」と捕まります。ほとんど、ゲームに出てくるキャラクター扱いです。

このままでは、友達と赤外線交換されかねないので、たまには、一緒にどこかに遊びに、行っています。
今回のような、博物系とか、映画、飲み屋系(で晩御飯)は、私の分野です。買い物、スイーツ、ネカフェ、カラオケは、嫁さんの担当です。

もう何年かな?3年くらい習い事で、毎週日曜日に、目黒に通っています。嫁さん同伴で。たまに、嫁さんが、風邪を引いたり、何か別に幼児が発生したときには、私が、代わりに行くこともありました。でも、最近、おがわがいく頻度が少し上がっています。

別に、嫁さんの調子が悪いわけではなく、今回のような、わたしとのイベントを日曜日に押し込むことが、以前よりも多くなったということです。その場合は、午前中から一緒に行動すれば良いじゃない?って事です。

で、今回は、娘が、前から「目黒寄生虫館」に行きたいと言い続けていた様ですが、毎回、一緒に目黒に行っている母親からすると、そんなの気持ち悪くて、とんでもない話だったようで、お鉢が回ってきたと言う事です。

なので、その日は、一緒に、習い事に出かけます。朝、10時に出て、11時入り。1時間ちょいのレッスン。それが終わると、娘は、まず、マックに。

20110417フィッシュ.JPG


ここのところ、マックで、ドラクエのモンスターとの対決をしています。そればっかり。食うのそっちのけでやっているので、私は、怒ります(笑)
ま、そこそこにして、「目黒寄生虫館」へ移動します。

結構、ちゃんとした感じ。そんなに広い面積の建物ではないので、窓も広く取ってあり、明るい館内で、展示物もきれいに見えます。あの校舎の端っこにありがちな、じめじめした理科準備室の雰囲気ではありません。
標本もいろいろありますが、グロい感じでもなく、説明用のパネルも、古臭い感じでもなく、簡素にまとめられてて、良いです。

何より、無料というのが、良いです。
寄生虫なんていう分野は、博物館の中では、非常に地味なパーツなので、ほとんど足を止めないエリアだと思います。
でも、ここは、それしか無い。
すると、書かれていることを読んで、理解していくしかないわけですよ。
過去、培っている記憶や情報に、ほんの少し、上塗りしたり、再構築したり…。
一回、行くと、あの空間の対処法がなんとなくわかるようになるので、入館料無料なので、何回か行ってみると、面白いのかもしれません。

で、興味持ったところは、図書館で文献探しても良いし…ね。

そんな寄生虫館の目玉は、8.8mのサナダムシ。
これは、サバ寿司を食べた人が、きしめん状のものが出てきたことに、気がつき引っ張ったものの千切れたらしい。何事か!と、医者にかかり、薬を飲んで…こんなものが出てきたらしい。

20110417サナダムシ.JPG


こんなものが、体内に居たと認識した後は、どんな気持ちだったろうな…。自分に置き換えると、胃がムカムカする。
一時的に、刺身が食えなくなる…。よっぽどおいしいところでないと、拒否反応のほうが勝ってしまうかも!?
…ので、私とお魚を食べたい方は、是非、いつもより、おいしいところに連れて行ってください♪

##
その後は、家の近所のTSUTAYAによって、DVDを借りてきました。
なんか、準新作、旧作が1本100円でしたので、娘も私も、ごっそり借りてきました。









##
では、また。

アニメの電子コミックの携帯サイト アニコミMAX
他 フルアニMAX…の店長 小川和紀


posted by アニコミMAX小川店長 at 17:02| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月11日

映画「ツーリスト」を観てきました。

どうも、アニコミMAX店長の小川和紀です。
アニメの電子コミックの携帯サイトアニコミMAXをやっています。
他にも
アニメ専門動画配信ケータイサイト「フルアニMAX」
ニコニコ動画公式チャンネル「フルアニMAX」
もやっています。
どうぞよろしくです。

映画「ツーリスト」を観てきました。

アニメばっかりでもなく、たまには、実写モノも、洋画も見に行っています。
この作品は、トム・クルーズでも、観てたはずのおがわは、トムクルーズがこの作品を断って出た「ナイト&デイズ」も観ています。で、この作品は、アンジェ(前回は、「ソルト」を観ていますね。)が、おがわ的には、ヒットなので、観る事にしていました。

縁とかありますよね。
公開日の3月5日は、「ドラえもん」、「ガンダムUC」の公開日。で、5日土曜日は、「ドラえもん」を娘と観に行きました。翌日6日は、ガンダムユニコーンを観ています。
で、翌週は、劇場が休館していたし、その翌週は、稼動していることを知りませんでした。
その翌週は、プリキュアが公開、先週は、ライダーの公開…。で、やっと、先週末。ぎりぎりまで、花見と迷ったのですが、経済活動に参加することにしました。

で、前日は、遅くまで、アニメを観たりしてて、日曜日の朝は、いつもゆっくり目です。ところが、嫁さんに、洗剤が無いので買ってきて洗っておいて。でも、早く洗濯しないと乾かないし…と、朝言われてしまって…。
選挙もあるし。
チケットは、割引券があるので、ネットではなく窓口で買った方が良いし…。朝、ごぞごぞしているうちに、お昼になっちゃって…。
この時点では、もう諦めていたんですが…。
洗剤買ってきて、一時帰宅、洗濯機を回しているうちに、選挙に出かけ、帰ってきてしばらくすると、洗濯終了。干します。
次回上映が、15時だと思ってたら、15時半から。
らっきぃ。キューキョ、映画館に行くことに。
30分あったら、席も選べるだろうし、事前に買い物なども可能…。

いつものユナイテッドシネマ豊洲。スクリーンは、少し小さめの箱だったので、前から1番目の列の通路側。
どうやら、3列目から後ろが埋まっていたので、2列目だと真ん中の席も空いていました。
その後、いつも映画を観ながら、思ったことや、お話をメモっているのですが、その用紙が足りなくなるので、良品計画で、メモパッドを購入。
後は、適当に時間をつぶして、ペプシを買って席につきます。


舞台は、フランスのパリ。
フランス当局は、アンジェを張っているようです。
アンジェは、外出の用意ができたようで、アパートから出てきます。当局のバンは、尾行します。…アンジェからすると、その尾行は、ぜんぜんのようです。

アンジェは、いつものオープンカフェに着いたようです。そして、いつものメニュー(紅茶、オレンジジュース、クロワッサン…)を頼みます。
そのカフェに、ミセス・ワードへメッセンジャーが手紙を届けにきました。
その時点で、フランス当局は、ロンドンへ電話します。
まずは、手紙の配達人を確保。ってか、逮捕しちゃいます。
その手紙は、彼女・エリーズへ宛てた手紙でした。中を読みます。そして、読んだ手紙は、皿の上で燃やして、席を立ちます。
当局は、その手紙を入手しようと、テーブルまで走るのですが、店員が、燃える皿に水をかけた後、びしょびしょの燃えカスを、そのまま持ち帰り鑑定にかけることに…。

カフェを出たエリーズは、店に入ります。警察は、そのショップの裏側に回ります。エリーズも出てきたので、警官は、バンから降りたのですが、道を挟んでいます。エリーズは、階段から地下鉄の駅に降りていきます。
警官たちは、それを追うのですが、ラッシュアワーの時間、電車を降りてきたビジネスマンの流れに、警官たちは、なかなか駅の構内に入れません。入れたときには、エリーズは、地下鉄に乗った後でした。

当局が追っているのは、「アレクサンダー・ピアーズ」、多額の脱税をしているということで、追われているようです。彼が、その女性と接触するとして、追っているようです。
しかし、その配達人は、妻も子供も居る男で、単なる誤認逮捕でした。
鑑定では、燃えカスを、スキャンして、文字を浮き上がらせて、パーツを移動させて、まさにパズルを解きます。
「リヨン」「8:22」そして、「駅」の文字が出てきました。
リヨン駅8時22分発の電車に乗ると踏み、リヨン駅に向かいます。

エリーズは、電車に乗り込み、手紙の支持に従い、新幹線の中で、彼に似た体付きの人を探します。一人一人見ていると、その視線に応える人も中には、居るのですが、それが該当者って事でもなく、連れが居たりもします。
次に、この人と感じた男性の向かいに座ります。
そのタバコは、ニコチンを吸って、水蒸気の煙が出る、電子タバコでした。名前は、フランク、アメリカ人。
エリーズは、彼が、推理小説を読んでいたので、それを使って、話を作ってみて、と話しかけます。それに対し、フランクは、いろいろ考えます。
そして、エリーズは、フランクに食事に誘ってみてと言うのですが、エリーズは、命令や質問が嫌いなようです。
食堂車で食事をしながら話をします。フランクの仕事…。
エリーズは、当てようとするのですが、なかなか当てれません。答えは、数学教師でした。

そんな様子をケータイで写真を撮って、送る人が居ました。相手は、警察。その男の写真から、骨格が似ているものをDBに当てて、検索します。リヨンから乗り込んでいたのですね…。

フランクは、食事しつつ、周りの空気がおかしいことに気がつきました。見られている感じ。エリーズも、そう思うと返します。

フランス当局は、イタリアに連絡し、次の駅で待機してもらいます。

エリーズ、フランクは、なぜ、フランスからベニスに向かっているのか?そんな身の上話をします。終着駅も近づき、フランクは、荷物をまとめに席に戻ります。

フランス当局は、エリーズと電車で話をしている相手をDBから発見します。フランク・トゥーペロ、やはり数学者。エリーズは、フランクと接触することにより、当局に、その相手、フランクが、「アレクサンダー・ピアーズ」であるかも?と捜査を混乱させているという事なのかも知れません。結局、振り回されているようです。
イタリア当局に連絡し、捜査中止を依頼します。

フランス当局では、エリーズが会っている相手の写真を検索していたパソコンの画面を見て、別の署員が、これが、「アレクサンダー・ピアーズ」なのか?と検索していた署員に聞きます。まずは、捜査内容の機密があるので、否定したのですが、その署員は、「アレクサンダー・ピアーズ」が、女とベニスに入ったという情報を電話で流します。
流した先は、プライベイトジェットの中。どう見ても、マフィアのドンです。そのジェットは、目的地をキューキョ変更、ベニスへ向かいます。

フランクが、街で、地図を開いていると、運河からボートに乗ったエリーズが声をかけます。送ると。
向かった先は、超一流ホテル。フランクは、誘われるがまま、そのホテルのスイートに通されます。

クローゼットには、衣装やら宝石やらが、その彼氏から用意されているようです。
フランクは、窓の外の空気を吸いながら電子タバコを吹かします。

例のマフィアのプライベイトジェットは、ベニスについたようです。彼女同伴なら超一流ホテルの3つでもあたれば、見つかると、獲物を探します。

フランク、エリーズは、夜の食事に向けて、ドレスに着替えます。運河に面した水上レストランでの食事です。
部屋に戻ると、花が贈られていました。そこに、また、メッセージが。明後日の舞踏会へ案内しているようです。

エリーズは、彼のことを話します。
彼は、これまでのどんな男と比べても、変わった人だった。と言います。
フランクは、それは、良いとあわせます。自分の生まれたところの一番のホメ言葉は、「地に足のついた普通の人」…その言葉が一番嫌いだったとフランクは言います。
窓の外には、こっちを監視しているものも居るようです。
フランクは、エリーズに、声をかけます。「君のように普通じゃない人に会うのは、初めてだ」と。これは、彼の一番のホメ言葉になるわけで…。そのまま二人は、キスをします。

エリーズは、そこで、とめます。今日は、いい一日だったわと、フランクをその部屋に残し、エリーズは、寝室へ。
フランクは、花の贈り主に嫉妬しつつ、パジャマに着替え、ソファで寝ます。

やはり、フランクは、寝室へ。そこには、エリーズが、待っていました…。
…と、そこで、大きな物音。その音は、ルームサービスでした。はい、エリーズのそれは、フランクの夢でした。
「奥様が出発前に注文していった」と言います。奥の寝室をのぞくと、すでに、エリーズは、出て行った様子。

朝食を持ってきたルームサービスが出て行ったのと入れ替わりに、黒尽くめの2人の男性が入ってきました。

「アレクサンダー、友達が呼んでいる」

と。

とりあえず、フランクは、奥の部屋に、逃げ込み、フロントに電話し、助けを求めるのですが、あまりのとっぴな事件のため、信用してもらえません。頼りにならないので、フランクは、窓から外に出て、屋根の上を歩きます。
二人の男は、撃ちます。が、殺すとよくないので、追います。
その様子に、エリーズが気がつきます。
また、表で張り込んでいた警察も、それに気がつき、介入しようかどうしようか?悩みます。現場は、指示を仰ぎます。


(あらすじは、ここまで)

えー、どうなってんの!で、ここからドタバタと話が急展開です。えー、って条件が、ひっくり返ったり…なんで、もう、ただただ、目の前の事象に身をゆだね、事件に巻き込まれてしまってください。
ま、これが、この映画の基本的な楽しみ方かなと思います。

この映画を見てて、いくつか感じたことがあるのですが…。

フランクが言った、子供の頃の地元のモットーってか、みんなが目指すいい子ってのは、「地に足着いた普通の子」。これは、確かに、大人からすると楽。自分の想像を超えた振る舞いをしないので、いいんでしょうね、枠に収まっているほうが…。
おがわは、それは、窮屈に感じるのか?ただただ偏屈なのか?で、昔から好んで、枠からはみ出していました。自分の物差しで、動く人でした。多少奇をてらったものさしでした。自分にとっては、あほかぁとか、おもしろいのぉとかは、ホメ言葉でした。
昔から、そういう場所で行動しているので、枠からはみ出る、みんなと違うことを行って、それができるようになる。それが、自分の特徴だと勝手に思い込んでいます。
それが、3歩先に進んでいるのか?3歩横にずれているのか?は別にして、ちょっと違う。それが、特徴になりえるかどうか?ッてこと。

それって、染まらないって事なのかも知れません。
初めて転職したときに、自分に言い聞かせていた言葉。社外に居るときの自分を引っ張ってくれたと言うことは、自分は、そのときの自分を失うと駄目。つまり、引っ張る理由になっていた特徴を失わずに…つまり、そこは、新しい環境に染まることなく、とんがり続けることが大切と、勝手に信じていました。
つまりは、「自分は、そこに染まらないことが、大事。」と言うこと。

なので、これからも、おがわは、変わっている人で居続けるかもしれません。もし、周りが、自分とあまり変わらないなぁと感じ始めると、違う居場所を、その会社の内外に求めるかもしれません。新しいことを始めたり、新しいところを探したり…。

偏屈だとは思いますが、これからも、おがわをよろしくお願いいたします。

##
ホント、嫁には、迷惑かけていると思います。すいません。



























##
では、また。

アニメの電子コミックの携帯サイト アニコミMAX
他 フルアニMAX…の店長 小川和紀


posted by アニコミMAX小川店長 at 22:44| 東京 🌁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月04日

映画「オーズ・電王・オールライダー レッツゴー仮面ライダー」を観てきました。

どうも、アニコミMAX店長の小川和紀です。
アニメの電子コミックの携帯サイトアニコミMAXをやっています。
他にも
アニメ専門動画配信ケータイサイト「フルアニMAX」
ニコニコ動画公式チャンネル「フルアニMAX」
もやっています。
どうぞよろしくです。

先週末、4月3日に、映画「オーズ・電王・オールライダー レッツゴー仮面ライダー」を観てきました。
娘と行ってきました。
映画自体は、4月1日金曜日から放映開始でしたね。金曜日に子供向けの映画が始まるなんて、何かよっぽどの事情があるのか?もしくは、大人も食っちまおうという考えが見え隠れしますよね。
しかも、今回の話は、初代の「仮面ライダー」1号、2号の世界観を描いているという話です。
これは、やばい予感ですよね。

そもそもは、2日土曜日に行こうと思っていたのですが、嫁・子供で出かける用事ができたので、キューキョ3日日曜日に変更。
でも、3日は、休みかと思っていたのが、娘の習い事があることが2日にキューキョ知って、であれば!と、朝の習い事(目黒)の引率から、私が担当しました。
映画は、午後、ご飯を食べて行く事になるので、午後2つ目…14時45分の回を、日曜日朝の時点で席を確定しておきました。
それから、目黒に習い事の引率。
今年度初めての授業だったので、参観ができていたので、見ていました…。娘の恥ずかしいほどの自由さと言ったら…。普通に肩震わせて笑っていました。なかなか楽しい思いをさせてもらいました。

お昼は、昨日、ドラクエを誕生日プレゼントとして入手している娘としては、マクドナルドが、はずせない様子。

20110404テリヤキチキンフィレオ.JPG


モンスターと対決できるのですが、昨日始めたばかりの娘は、あっさりとやられてしまったようです。
で、一度帰宅して、荷物を整理して、ユナイテッドシネマ豊洲に向かいます。出掛けに、私が、電話が見つからなくて、時間がかかってしまいます。結局は、パソコンにつないで充電していたんですが、充電しているつもりは、すっかり忘れてて、置き忘れしたのか?いろんなところを探してて、もう一度、マックに行こうとしたとき、記憶がよみがえりました。あ、パソコンにつないだはず!
嫁さんが自宅に居たので、確認してもらいました。在りました。よかった。

で、すっかり遅刻で劇場入りです。
今回は、中央の横断通路に面した席が取れませんでした。なので、遅れて入る自分たちは、ちょっとご迷惑な感じでした。

で、席に着いて、スクリーンを見上げます。

そこには、もう、NEW電王とオーズ、アンクがご対面です。デンライナーで、これから1971年11月11日に向かいます。
デンライナーのオーナーには、映司やアンクは、過去への介入は絶対に許しませんと言われます。とんでもない事が起こるかもと。という事で、デンライナーからは、絶対降りるなと釘を刺されます。

でも、1971年に着いたあと、モモタロスは、アンクの髪の毛が、黒くなってトサカ頭じゃなくなった事に気がつきます。そう、アンクは、1971年の世界に降りてしまったようです。映司は、それを追います。
その間に、NEW電王は、モールイマジンを倒します。しかし、逃げた1人を追いかけたところ、そこには、アンクと映司が、イマジンと遭遇していました。NEW電王は、追いつき、イマジンを倒すのですが、アンクは、セルメダルを1枚落としてしまいました。
しかし、デンライナーで来た御一行は、それに気づかず、現代に戻ります。

1971年では、その場所で、偶然ショッカーの隊員が、メダルを拾います。そのメダルは、当時の幹部、ブラック将軍に渡されます。

現代に戻った、アンクと映司ですが、アンクは、人気が無い事、そして、得体の知れない欲望を感じ、雰囲気がおかしい事に気がつきます。

初めて会ったのは、少年。
スリでした。でも、世界を回っていた映司は、そのスリの手口は、観光地ではよくある手口で、気がついていたようです。映司がすられたのは、明日のパンツでしたが、アンクは、メダルを取られました。
盗んだ少年は、自転車で逃げ、スラム街に逃げ込みます。そこでは、少年たちが、獲物をパスでまわして、リレーします。
そこに、警察が介入。警察は、自らをショッカーと名乗り、アンクや映司は、追われる身に。

映司が、逃げ込んだところは、先ほどのスリのアジトでした。彼らも生き抜くためにスリをしている。学校も、ショッカーに選ばれたごく一部のエリートだけのようです。
実は、現在はショッカーに、ほとんどが、支配された世界でした。国連も、ショッカーなどの悪の組織が集まる組織となっており、逆に彼らからすると、平和を乱すのは、人間であり、人間を排除すべきであると唱えます。不穏因子たちは、ショッカーが運営する警察が検挙していくということになっています。

映司と少年たちは、ショッカーに追われるのですが、一人仲間が捕まってしまいます。
しかし、少年は、歯向かっても勝てない、なら、それは、見てみぬ振りするしかない。捕まったそいつが悪くて、逃げ伸びた自分は、弱いやつを見捨てるしかない。そうやって、今までも生き延びてきた…。と言います。そして、いつか、ショッカーたちより、悪くなって、強くなって仕返ししてやるんだ…と、歯を食いしばっています。
映司は、逃げちゃ駄目だと、そこで、オーズに変身します。

少年たちは、ビビリます。と言うのも、仮面ライダーと言うのは、ショッカー中でも一番強い改造人間という常識が在るからです。
そして、その仮面ライダー1号、2号が登場しました。オーズは、ライダーなので、気を抜くのですが、その世界のライダーは、ショッカーの改造人間。オーズは、1号2号二人がかりでやられます。
少年達は、オーズは、どうやら、自分たちの味方のライダーらしい。そして、映司が追いかけてきたメダル。それは、変身後のライダーの大事なものなのかもしれない。…と言う事で、先ほどすったメダルをオーズに返します。オーズは、ラトラーターコンボに変身。

そこに、ジェネラルシャドウが、現れます。トランプショット、シャドー剣で、攻撃してきます。危機一髪なところを、デンライナーがかすめます。映司は、幸太郎たちに助けられます。
40年前、アンクが落としていったセルメダルで、ショッカーグリードが完成、そして、仮面ライダー1号、2号を倒した事により、以降の仮面ライダーが生まれなかったと言う事でした。

そこで、特異点である幸太郎は、過去に、歴史の修復に向かう事にします…。

(あらすじは、ここまで)

いやいや、それにしても、電王ってすごいですよね。話が、広がる。そして、今回のオーズも、パートナーが、グリード、つまり敵であるという事がリスクをいつも持っているという意味で、話をおもしろくする要因ですよね。

オールスターものの醍醐味の、どんどん、出てくる。どんどん、技が繰り広げられる…そんな絵は、この間のプリキュアといい壮観でした。

友情、正義、最後まであきらめない不屈の精神

やっぱり、ライダーは、正義の味方でした。
今回、驚いたのは、ライダーだけではなかったということ。キカイダー、キカイダー01、イナズマン、ズバット。
これは、おおおおっ!って感じでした。

もう、ビックリ箱のような作品でした。テーマは、毎度のテーマかもしれません。でも、毎回毎回、お父さんも子供も楽しめる。そんな作品。しかも、40年前から愛され続けているという事実。
それは、すばらしい事だと思います。

しかも、最後は、友情、愛情、家族愛の締めくくり方。もう、欲張りすぎます。
しかし、それを巧妙にまとめて居るところが、やはり40年の歴史がなせる業なんでしょうかね。すばらしい。

##
娘と帰りに話してて、面白かったのが、
「パパ、なんで、私が、V3よく知っているか知ってる?」
って聞くので、学校の友達とかから聞くのかなと思ってたら、
「おばーちゃん家の柱に描いてあって、それが、上手だったからよく覚えてるんだ…」
すいません、それ描いたの僕です。

ってことで、娘には、小さいころからメモ帳やノートとボールペンは、欠かさず渡しています。外出時にもいつも持っています(笑)

##
スピンオフムービーの「ネット版 オーズ・電王・オールライダー レッツゴー仮面ライダー 〜ガチで探せ!君だけのライダー48〜」の動画を配信している「フルアニMAX」は、コチラ!!

↓ドコモの方は、コチラをどうぞ。↓
フルアニMAX-QR
フルアニMAX(動画配信)は、ドコモのみの対応です。

パケット定額サービスには入ってね。↑


##
「仮面ライダーSPIRITS」の電子コミックを配信している「アニコミMAX」は、コチラ!!

パケット定額サービスには入ってね。↓
店長のつぶやきから
無料立読み満載↑































##
では、また。

アニメの電子コミックの携帯サイト アニコミMAX
他 フルアニMAX…の店長 小川和紀


posted by アニコミMAX小川店長 at 22:14| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。